スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷川幸洋「官邸敗北」

2010. . 30
 前著「日本国の正体」に続く本である。鳩山政権が「政治主導」をかかげながら、官邸が無内容で指導力をもたず、結局官僚の手の内にはまってゆく実態が描き出されている。タイムリーな著作であり、今回は特に面白く、すぐ読み終えた。前の書評でも書いた通り、著者は僕の友人である。努力家であり、なかなか「しつこい」男である。今回も、官僚にも政治家たちにも、キーマンたちにはしっかりとインタビューをとり、取材の裏もとっていて文章に厚味がある。
 経済を学んだ新聞社の論説委員でもあるからかもしれないが、「ドーナツ化」し、官僚に絡めとられて駄目になった民主党政権を描くのが、安っぽい政局論議や官僚叩きに終わっていない。

 僕が共感したポイントを書いておきたい。それはそのままこの本の全体にわたる著者のスタンスともいえる。互いに連関している3つのポイントがある。
 第一に、著者は官僚支配、乃至は政治家の官僚依存といった現状を徹底して批判する。民主主義の根本に関わる問題としてこれを捉え、本当の「政治主導」を主張し、「脱官僚」を目指す。第二に、安易な「増税」への批判である。わけ知り顔で、「日本が借金大国だから」とか、「社会保障費の増加に対応する必要がある」とか云って、最近消費税増税などを口にする輩が多いが、著者は違う。「まず天下りにはじまる官僚組織の無駄遣いを徹底的に省くことがなければ増税など国民は受け付けないだろう」とまともに言い切っている。そして第三に経済成長へのこだわり、政治家に「成長戦略」を求め続ける信念である。

 一については、これまでの著書でも基本は同じである。ただ今回は「脱官僚」を掲げた政党による政権交代という期待があっただけに、実際に現場を取材し、民主党の政治家たちが財務官僚などの思い通りになってゆくさまを見せ付けられ、著者は相当失望したようである。「脱官僚」のわかりやすいシンボルとして、唯一多くの支持を得た「事業仕分け」にしても、実際は財務省のイニシアティヴのもとに行われたことが明らかにされている。また、(政治主導で無く)民間の諮問機関が予算を「仕分け」することにも、民主主義の原則から著者は疑問を投げかけている。いずれにせよ、「脱官僚」への著者の思いは強い。
 二の増税はそれこそ財務官僚たちがすきあれば政治家をリードしてやりたいことのようである。天下り先を確保し、「役人天国」を造るためにはどこまでも税収が必要だからである。彼ら自身が「減税のために無駄を省く」ことなど生理としてありえないと著者は「しつこく」語っている。「政治主導」が必要な所以である。現在、民主党のかなりの人間たちまでが「消費税増税」について主張し始めた。いい加減なものである。「子供手当てを出す。」「4年間増税はしない。」と主張して、選挙に勝って政権に就いたら今度は増税を語るのである。「増税されるくらいなら子供手当てなど要らない」と思う国民がどれほど多いか。だいたい「事業仕分け」などまだまだほんの手をつけたばかりではないか。独法も天下りも、税金の無駄遣いはまだまだ計り知れない。彼らの増税論議は、自分たちが「政治主導」に失敗し官僚に依存せざるを得なくなったつけを国民に廻そうとしているだけだ。

 そして第三だが、著者は、民主党の予算編成のはじめから「成長戦略」についての疑問をぶつけている。また、経済成長の無いところに国民の幸福はないと断言している。「分け合うパイ自体を大きくしなければ、格差の解消も出来ない」からである。
 そもそも昔から、「お金では幸福になれない」などというのは、金持ちの言い分である。貧しさに苦労したことのある人は、お金が無くては幸福になどなれないと考えているはずだ。
 「経済成長だけが国民を幸福にするのか?」などと世迷言をいう馬鹿がいる。「国民の幸福度1位の国はブータン」といった奴もいた。そういうアンケート結果があるそうだ。だが、先日僕はTVドキュメントで観たが、ブータンでは子供たちに「今の暮らし」が「幸福」なのだと教え込んでいた。貧しい暮らしを強いられている国民に、それでも現状が「幸福」なのだと言い聞かせ、「幸福」という言葉の意味をそう教えていたのだ。そんな「アンケート」に何の意味があるのだろう。
 実は僕自身は、幸福の要諦は「足るを知る」ことだと思っている。だが、そういうことは人に対して言うことではない。政治家やオピニオンリーダーが、特に国家のリーダーが国民に対してそう云ったら、それはファシズムかスターリニズムである。「貧しくても幸福」などというイデオロギーの押し付けは、個人の私生活上の価値観にまで国家が入り込んで管理しようということだからだ。
 著者の言うとおり、政治に経済成長戦略は不可欠なのである。

 昔、田中派のなかで、田中角栄が「自分は1億国民が美味しい食事が出来、幸福な生活ができるように政治をやる、これが政治の要諦だ」と語り、子分の鳩山に「君にとって政治の要諦は何か?」と尋ねた。
 鳩山は「愛です。」と答えたそうである。馬鹿につける薬は無い。およそ政治に精神論を持ち出すのは無内容な人間と決まっている。
 


 以上、いささか我田引水になったが僕なりに著者のスタンスを整理してみた。
 友人である著者の本は、僕は必ず読んできたが、今回は最も面白く読めた。
 
 今日、普天間基地移設問題でその指導力の無さを全世界に見せつけ、支持率も地に落ちた鳩山は、なんと自分自身が語っていた主張(沖縄県内移設NO)を続けている社民党党首を罷免し、連立政権瓦解の道筋をつけてしまった。「史上最悪の政党」の化けの皮がどんどん剥がれてゆく。(先の経済成長にしても「雇用なき景気回復」が示すとおり、民主党の経済成長戦略は、もともと骨組みが無いので場当たり的になり、結局自民党時代と変わらない特定の財界の利益を目指すだけのものとなった。儲かる企業が全体を引っ張ればよいという発想である。彼らが言っていた「国民の生活」は一顧だにされない。)

 実に、タイムリーな良い読書であった。









 
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/89-40a84a6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。