スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JAL, 「事業仕分け」

2009. . 26

 ずっとヨーロッパに行っていて、日本のニュースから遠ざかっていた。EUの大統領が決まった話や、アンリのハンドの話とかは何度も眼にしていたのだが、日本に帰ってきて、ああこうなっていたのかと注目したのがJAL関連のニュースと行政刷新会議の「事業仕分け」という「政治ショー」である。

 

 JALはいよいよもう駄目なようだ。年金の減額をめぐってOBへの説明会が開かれたのをTVで観た。

 会場へ専用車で乗りつける社長を中心に経営陣が謝っている。国庫の助けを得なければもうやっていけないから、OBの年金を減額してくれというわけだ。

 ひどい話ではないか。OBというのは当たり前だがもう働いていない。かつて働き、企業年金を積み立てた人々である。それをいきなり半額にするという通知が届いたという。さすがにまずかったらしく、今回3割減という提案だそうである。

 OBというのは、もう働けないのだ。やり直しなど出来ないのだ。選択肢があるわけではない。過去、働いた対価としてあてにしていたものを削ってどうするのだ。現役は不況とはいえOBに比べれば「選択肢」はあると考えられる。削るならそちらが先だろう。どうして役員車など使っていられるのだ。

 財務大臣・藤井は、国庫から入れた金は「絶対に年金にあてられないように」とまで言い切った。おかしな話である。過去、金融機関を国が救済したときに、人件費にはあてられなかったのか?そんなことはないだろう。

 「国民の反撥がある」などという。もし本当に大きな反撥があるなら、そもそも国費を投じて救済するべきではないのだ。救済するからには、OBこそ大切にされなければならない。「恵まれすぎている」などというのは、それこそ「嫉妬」にすぎない。前にも書いたが「嫉妬」で動かされてはならない。

 

 それにしても、JALといえば花形企業だった。そのパイロットとかスチュワーデス(昔はこう言った)などは憧れられたものだ。ここまで駄目にした大きな理由は何か、僕ははっきりしていると思う。政治である。国内各地に無駄な空港を作り、JALに赤字承知で乗り入れを約束させ、これらにたかって利権をむさぼった政治家たちが沢山居るのだ。国庫で救済するなら、彼らの名を、責任をこそ明らかにするべきだ。

 

 もうひとつ、前半見逃してしまったわけだが、「事業仕分け」の討議というのがTVに映し出される。これは確かに面白い。というか痛快ですらある。国民の圧倒的多数は当然支持するはずだ。今まで当たり前のように、気楽に税金を使いつぶしてきた連中に、国民の目の前で集中的に批判がなされるのだ。役人たちは悪役さながら弁明におわれ、言い負かされて、しぶしぶ予算を削られてゆく。

 それにしても、わかっていたとはいえ、ずいぶんと国民の税金が平然と無駄に使われていたものだ。

 こういうことが明るみに出てきただけでも良いことだったと云わざるを得ないだろう。

 僕が帰国してTVで観るようになってからなのだろうか、ここへきてゆり戻しのようにこれに批判が起こっている。特に、科学技術開発とか、スーパーコンピューターとかについて、大切だから予算を削らないでくれというわけだ。

 だが、こんな馬鹿な話は無いだろう。今までもたっぷり税金を使ってきたのだ。直接の科学、研究以外にわけのわからない天下り機関がたくさんあって、そちらに金が流れているのだ。研究自体も、そんなに大切なら、寄付でもなんでも税金以外で金を集める努力をすればよい。この不況下、借金だらけの国費を節約するのに聖域があっていいはずはない。税金を使わなければいけない、国民の命や生活にかかわる必要な政策は山ほどあるのだ。研究者も思い上がりはやめて欲しい。現状をしっかりと認識するべきだ。

 

 

 

 

スポンサーサイト

comment

ジャコバン・クラブ
JALは労働条件がいいから、経営苦境下、OBの年金減額など当たり前というのが国民感情の根底にあるんでしょうね。協約などの労使合意は経営者が一方的に下す施策に優先するというのが労働法制のイロハです。だから政府は減額に向けた特別立法を検討しているのです。法は協約を破れますから。それから「嫉妬」も困ったものです。昨今、官僚たたき本が売れているのも、天下りを重ね高給を取るキャリア官僚に対する嫉妬があるのでしょう。事業仕分け自体は画期的でも、これに拍手喝采を送る深層心理が問題です。政官業トライアングルの構造分析を抜きに「官僚が悪い」とするのは単細胞というしかありません。物事の本質は関係にこそあります。官僚が悪いのは政治家や財界も悪いからということになります。官僚のたたずまいを規定している3者の関係にメスを入れることなく、官僚という実体を解体すれば問題が解決するなどあり得ないことです。まして無能な政治家が声高に叫ぶ「政治主導」などジョーク以外の何者でもありません。
2009.11.30 01:32

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/80-af118e8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。