スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正体見たり

2009. . 23

 やれやれ、先日も、あるいは何回も、このブログに書いてきたことだが、せっかく政権交代しても、小沢が影響力をもっているとろくな事は無い。

 今回もとんでもない馬鹿をやってくれた。いうまでもない。せっかく「郵政民営化見直し」で、小泉・竹中改革へのアンチを突きつけようというときに、そのシンボルとしての西川に辞めてもらったというのに、何と後任が、斉藤次郎だというのだ。批判してきた「天下り」ではないか。「渡り」ではないか!

 「15年たっているから」だって?直後より悪いではないか。また、本人は「元官僚の意識はない」と言い放った。よくもまあ抜け抜けと言えたものだ。

 

 この斉藤という男は「元官僚だから悪い」だけではない。とんでもない「悪い官僚」であった。

 91年、湾岸戦争に協力するため、90億ドルをアメリカに差出し、その金を石油税などを増税して国民から奪い取った。宮沢内閣のとき、自民党幹事長だった小沢と結託して、国際貢献税なるものをでっちあげて、さらに増税を企んだ。細川政権の時は、さすがにこれは今回もマスコミが指摘しているが、やはり小沢と組んで、「国民福祉税」と銘打って、消費税を当時の3%から7%に増税しようとした。細川はこの斉藤らの根回しで、深夜にいきなりこれをTVで発表し、小沢ー斉藤の強引なやり方に与党内でも批判が集中し、撤回となったが、細川が政権を投げ出すきっかけにまでなった。当時、官房長官だった武村の「過ちはあらたむるにしかず」という記者会見は彼らへの強烈な批判であった。さすがにこれ以降、斉藤はしばらく表舞台から姿を消していたかに見えた。もちろんその後、それこそ色々と「天下」り、「渡り」歩いて、億単位に上る退職金をちゃっかりせしめている。

 

 そんな過去の悪事はどうでもいいとでもいうのか。もうみんな、民主党の面々は忘れてしまったのか。

 

 つい最近でも、福田政権のとき、小沢と福田による「大連立政権」構想、この時はさすがに小沢は民主党内でも批判されたようだが、この企みも、裏で動いていたのは小沢の盟友であるこの斉藤である。

 

 とにもかくにも、すぐ「増税」し、国家、政治のためではなく、官僚や政治家の、そして自分自身の利権のために動く、とんでもない男なのである。

 こんな男を、300兆円に及ぶ国民の財産を預かる組織のトップに持ってきてはいけなかった。何をされるかわかったものではない。

 

 これも前に書いたが、鳩山は二言目には「愛」とか言ってしまう、羞恥心を欠いた、リーダーシップのかけらも無い男である。勘違いしないで欲しい。国民は彼を支持したのではない。麻生が嫌だっただけだ。ましてや、小沢が官僚や元官僚と組んで様々な悪巧みをすることなど、誰も望んではいない。もしも、自民党が総裁を麻生から他の誰かに変えていたら、あるいは、民主党で、小沢が西松の問題で辞任せずに、党首としてそのまま居座っていたら、政権交代はあっただろうか、あったとしてもこれほどの大差で民主党に勝利がもたらされたであろうか。

 

 もう取り返しがつかないのだろうが、新政権の「正体見たり」である。鳩山は小沢に頭が上がらないのだ。

 せめて一時も速く、心ある政治家は小沢を排除しなければならない。そうでなければ、民主党はやはり、史上最悪、自民党よりひどいということになりかねない。繰り返し言うが、小沢は自民党の中の最悪の部分であったし、それをなんら反省していない。数々の悪事に手を染めてきたのだ。そしてその小沢の盟友がこの斉藤次郎である。これからまた、この2人の悪事を見せ付けられるのではたまったものではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/76-82a93853
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。