スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オックスフォードで

2009. . 31

          IMG_0327_edited-1.jpg  

 

 オックスフォードを訪れた。34だかのカレッジの集合、各カレッジごとの校舎やグラウンドがあるから、その街も含めて広大なキャンパスだ。写真はクライストチャーチのグラウンドのそのほんの一角である。子供たちがクリケットに興じていた。

 僕は以前仕事でニュージャージーへ行ったとき、プリンストンのキャンパスも訪れたが、やはり同じように、その広さ、美しさに打たれたものだ。

 英・米の一流大学、オックスブリッジ、アイヴィーリーグなどと呼ばれて大切にされ、日本を含め各国から留学生を集めているのも伊達ではないなと思った。

 

 こういう恵まれた環境で、スポーツと勉学に大学生活をいそしめば、良くも悪くも「エリート意識」は生れるだろう。政治の世界にいく場合は、国家を支える気持ちも多少は出てくるのかもしれない。

 

 オックスフォードはもう創立800年になるし、1000年ともいわれている。僕は日本最古の私立大学というのを卒業したが、それが創立150年だから可愛いものだ。それに僕自身は不真面目な大学生で、勉強もスポーツもなく、ほかの事に熱中していたから、エリートとは縁などもともとない。

 

 いやはや、何が言いたいかというと、どうも日本の政治家は「国家」に奉仕する、乃至は「国家理性」、といったものに対する意識が低すぎるのではないかと思うのだ。自分の政党による政府の「私物化」以上のことを考えていないのではないかと思える。これもまたエリートと無縁の小人物、政治屋なのだ。

 

 オバマの大統領就任演説の後のこのブログで、僕は書いた。オバマはもう、ただの民主党トップではなく、アメリカ合衆国大統領なのだと。従って、スピーチもおのずと違った角度になった。

 国家は、まず何より他の国家に対して「国家」である。オバマと民主党はブッシュ政権によるイラク戦争をはっきり「間違いである」としてこれを非難し、撤兵を宣言した。だが、大統領になってすぐ、突然部隊を撤収することなど勿論出来ない。段階を追って実現してゆくのである。ブッシュ政権によるイラク戦争はなにも「共和党がやった」派兵ではないのだ。アメリカ合衆国として行ったものだからである。民主党になったらすぐ転換というわけには行かないのだ。国家というのはそういうものである。

 

 こうしたことはヨーロッパの政治家にも当然認識されている。英国でも、労働党、保守党が交代し、フランスでも、ジスカールデスタン、ミッテラン、シラク、サルコジと代わってきたが、互いの政策批判、自党の思想や原則と政権に就いたときの「国家」の外交とはいったん分けて考えるのが当たり前である。政党トップの仕事と大統領や首相の仕事とはおのずと違うのだ。

 

 こんな当たり前のことを言わねばならないのは、もちろん日本で、選挙を前にして、自民党の面々が野党を非難するのに、例えば「インド洋での米軍に対する給油支援」に対して、「野党は反対してきたのに政権に就いたら続けるというのはおかしい、」とか、「ぶれている」とか言うからである。また野党のなかにもこれが「現実路線」だなどとレベルの低いことを言う輩もいる。

 そうではないのだ。他のこともそうだが、すでに行われている外交上の政策というものは「国家」としていわばやってしまっていることなのだ。自民党・公明党政権下のこととはいえ、別にその政党が党としてやったことではない。政権が変わったとしても、今度与党になった党が国家の方針を突然転換するわけにはいかない。当然段階をふまねばならない。国家としての外交路線の転換が1政党の短い射程で適当に決まっていいはずはないのだ。

 だから、今。野党を非難している自民党・公明党のものたちは実は自らを語ってしまっている。国家百年の利益でなく、たかだか自分たちの政党の利益だけで政策、とくに外交まですすめてきてしまったのだ、と。

 本来、政権に就いたら、1政党の利害をいったん離れ、一貫した国家理性に奉仕するべきである。特に、外交、教育などは、本当に長い射程で進めてゆくべき政策ではないか。政権が変わるごとに、乃至は自民党のように、派閥が変わるごとに、ころころ変わるようなことは本来あってはならないのである。

 

 政治家はもっと強い国家に対する奉仕の意識と誇り、その意味でのエリート意識を持って欲しい。

 麻生のような「オレは今の80以上の老人と違って『遊び』を知っている」なんてどうでもいいのだ。あちこち海外留学までさせてもらってこれだから、本当に馬鹿につける薬はないとはよく言ったものだ。

 

 「留学」というのはだいたい後進国特有のものだ。日本はまだまだその意味では後進国だと思う。優秀で、使命感と誇りを持った人材には、それこそオックスフォードへでも、税金を使ってでも留学してきて欲しいと思う。本物の政治家に登場してもらいたいものだ。まあもっとも、本物なら留学しなくたって本物だし、麻生のように馬鹿なら留学したって馬鹿のままだろうか。

 

 

 

 

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/63-78e5acb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。