スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「身も心も」

2008. . 14

 10年ほど前にみた映画がDVDになったので改めて観た。「団塊の、団塊による、団塊のための・・・・映画」か。「全共闘くずれ」たちの話。かたせ梨乃だけが年上の役をやっている。

 これ、ドラマとしては、散漫でちっとも面白くない。男女が三角関係でなく四角関係になってしまっているので、セックスシーンも含め、緊張感がなく、また4人個々のキャラクターの誰にも、これといった強い魅力もない。つまりドラマ造りの基本をまったく無視して成り立っているわけだ。

 ところが、大変楽しめる映画である。湯布院の美しい風景の中の、個々のシーン、女2人の会話、男女のやりとり、色々なせりふ、雰囲気だけで十分楽しめるのだ。冒頭の音楽も良い。

 ただ、僕たちにはなんと言っても最後のクレジットとともに流れる、ギター一本のインターだろうね。あれでぐっと最後が締まる感じ。

 

 良い映画である。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/5-5f5e09f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。