スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかみた構図

2009. . 17

 必要以上に急いで代表選が行われ、民主党代表は鳩山(兄)に決まった。多くの民主党員の意図、世論とはちがう。内部事情、というより小沢の策略だったのだろう。

 鳩山は、前にも書いたが、あの小泉に対して「こちらに来ませんか・・・」、「一緒にやりましょう・・・」と懲りずに媚びを売り、党内をあきれさせていた男である。これが嫌で辞めていった人間もいる。

 何でも昔から「愛」が売り物で、二言めには「愛」と言うそうだ。かつて田中角栄が「1億の国民が美味しい食事が出来るのが良い政治だと思う、自分はそのために政治をやっている」と云い、鳩山に政治の要諦を尋ねたら、そのときも「愛です」と答えたそうである。田中派の中にあって極めつけの薄っぺらな男であった。

 だいたいこの「愛」などという一般論は、安倍の「美しい国」と同じで、人やその立場によって如何様にも受け取れる言葉だ。「正義の味方」といっているのと同じで、大の大人が政治を語るのに言っているのはむしろ危険極まりない。そもそも恥ずかしくないのか?恥ずかしくないとしたらその神経がおかしいのだ。昔から一般的にそれ自体として正しいことを声高に叫ぶ人間は絶対に信用できないものだ。

 

 小沢は代表を辞めるときから、こんな鳩山の資質を良く知っていて操るつもりだったのだろう。「御輿は軽いほうが良い」というのが彼の政治だ。かつて、海部総理の時代に、「海部は本当に馬鹿だな」とかげで言いながら操り、後ろで脅し続けていたのが想いだされてならない。誰か操りやすい軽い人間をトップに据えて、自分が影で操るというのが、小沢が最も得意とし、彼の権力志向を満足させるあり方なのだ。(本人は「口下手」だし、党首討論など真っ平ごめんという輩だからだ。)まして今回は「政権交代」のかかった代表選である。民主党代表が総理になる可能性が高いのだ。そうなったら小沢が権力を取ることになる。いつかみた構図である。

 

 僕は危機意識を持っている。麻生もひどい政治家だが、小沢に権力を取らせたらもっとひどいことになりかねないからだ。かつて権力の絶頂にいた頃、外には、「普通の国」になるなどと言って、参戦国化もものともせず、内には、消費税は10%に、参議院は世襲にしよう、などと好き勝手なことを主張していた男である。

 

 

 結局、政権交代を望んでいる多くの人々の意志と無関係に、鳩山を代表にしてしまった民主党。小沢はまだまだ色々仕掛けてくるだろう。一度あきらめかけた「自民党との連立」などという大政翼賛会のような事だってまた言い出しかねない。今度は鳩山に言わせるわけだ。いずれにせよ、こんな「小沢私党」であることが変わらなければ、前にも書いたように、僕は民主党というのは戦後最悪の政党であり続けると思う。

 

 

 

 

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/45-0c55e141
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。