スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸の履き倒れ

2009. . 30

 先日、ファッションネタで書いたら気分が軽くなり、何人か友人からも反応があった。ちょっと続けてみる。だいたいずっと外資系の会社に勤めてきたが、その間、それなりのブランド、エルメスとかカルティエとか、あるいは和光とかのお姉さまたちから、「Alexさんはずっと付属校からでしょう・・・」などとよく言われた。何かとんでもない誤解であって、「いえいえ下町の都立高から・・・」だし、私立大学に入ったときそれなりのカルチュアショックも受けたというと、「でも、ファッションが・・・」と来る。どうやらかなり分不相応なものを着ているようだ。特に靴にはお金をかけてきた。もっとも海外で買うので日本の売価の半額くらいで入手しているのだが。そんなわけで靴オタクの靴紹介。

 

 さて、デニムにはローファーだが、春・夏、ちょっとお洒落しようかというとき、何を履くか、実はとっておきのジョン・ロブと、なんとベルルッティがある。

 

       IMG_0287.jpg

 

 右のカジュアルなジョン・ロブも10年選手。ヌバックでレザーソウルの珍しいものだがなかなか贅沢なものだ。アルニスの夏ジャケットなど羽織ったときはこれで。

 で、左のベルルッティは、まだベルルッティが日本に出店される前、パリ、マルブッフの店で入手したもの。当時店にいらしたマダム・オルガ・ベルルッティ本人のパティーヌによる、これも想い出の一品である。パティーヌが出来上がるまで通常2週間といわれたが、フライトの関係で10日ほどでやってもらった。さすがにこれは僕でもたまにしか履かない。もう2度と、マダム自身のパティーヌは無いだろうと思うからだ。この次はやはりアレッサンドロ・ノルウェジアンを、今度は秋冬用に濃い色のパティーヌで。

 

 主にスーツを着るときに履く愛用のJ.M.ウェストンも今回写真をとってみた。

 

               IMG_0294_edited-2.jpg

 

  ファンならみんな知っている#598、スプリット・トゥ、ダブルソール、クラシックなウェストンの定番だ。左がボルドー、右がブラウンのスコッチグレイン。写真より実物は明るい。このスコッチグレインはものすごく気に入っている。細かい話だが、パリ、リュ・ド・レンヌの店頭に飾ってあったスコッチグレインの靴は、アンティークのように、山側が明るく光り、谷側が暗く仕上げてあった。ああいう風に磨くにはどうしたらいいか訊いたのだが、10年磨けばそうなるという答えだった。10年たつがそのようにはならない。ただ、なんといってもウェストンは皮が良い。独自のタンナーを有しているという事だが、磨けば磨くほど艶と味が出てくるこの皮は、高いはずのウェストンの靴の価格をリーズナブルに思わせる。

 

             IMG_0296_edited-3.jpg

  これも左は定番のゴルフ、ウェストン・オリジナルのタイヤのようなラバーソールがついている。雨の日も含め、かなり乱暴に履いてもう10年以上になる。ゴルフはもともと磨きこんでもあまり光らないように加工されているようだ。マットな仕上げのダークブラウン。右は通称「7分仕立て」といわれるセミブローグ・ダービー。もともとオーダー用のモデルだったようで履いてみるとおさまりがすごく良い。つま先に釘がWの字の形に打ってある。こちらは素晴らしい光沢。グレーのパンツによく映える。

 これらのウェストンは本当に愛用していてしょっちゅう履いて10年以上たつ。が、まだまだ健在である。むしろますます味が出てきたところ。あとは還暦を過ぎたら、ウェストンの名作、クロコダイルか、リザードのローファーを入手して履こうと思う。

 

 さて、秋・冬用のダークブラウンのジョン・ロブ、チャーチ、クロケット・ジョーンズ等をしまいこんで、今一番活躍するのがこちら。

 

      IMG_0297_edited-2.jpg

 

 左のクロケット・ジョーンズのカントリーシューズはダイナイト・ソールがついていて雨の日用。どうも僕はこういうスコッチグレインの皮に眼がない。右は靴好きなら誰でも持っているだろうエドワード・グリーンのフルブローグ "Malvern" である。ラスト202の名作だ。チェスナット・アンティークの素晴らしい表情。これを磨き上げる時は本当に快感だ。これを僕はロンドン、バーリントン・アーケードの本店で選んだ。あの店のたたずまいも良かった。僕は男の靴の世界ベスト3は、ジョン・ロブ、JMウェストン、そしてこのエドワード・グリーンだと思う。3つに優劣はつけられない。好みの問題だろう。

 

 今回、コレクションの一部を写真に撮った。靴の好きな人には楽しんで見てもらえると思う。僕も、見ず知らずの他人のブログで、同じような靴のコレクションの写真を見て楽しんでいるから。また機会があれば、オールデンやチャーチも含めた別の愛用の靴の写真も撮ってみたい。革靴にはやはり何ともいえない魅力がある。江戸っ子の履き倒れ、靴オタクたる所以である。

      

 

     

 

       

 

     

スポンサーサイト

comment

桐原
いつも興味深く拝見しております。さて、時事問題でないコメントで恐縮なのですが、写真のウェストン#598、ブラウンのスコッチグレインはとてもいいですね、私もスコッチグレインが大好きでいろいろなブランドのものを集めています。もし、この靴を購入された時の箱をお持ちでしたら、箱のラベルに書かれている文字を教えていただけないしょうか。ラベルのサイズ表示の上に『M 000 598』と書かれていると思うのですが、この『000』の3文字がウェストンの革番号を示しており、ぜひ教えていただきたいのです。できれば今度ウェストンで同じものをオーダーしたいと考えています。よろしくお願い申し上げます。
2011.03.10 20:32
alexis
桐原様
コメントありがとうございます。
小生、ただいま九州出張中ですので、すぐ確認できません、が、帰京したらみてみます。
箱がなくなっていたら、おっしゃっているナンバーは靴本体の裏側にも書いてあるものなのでしょうか?
確かにウェストンのスコッチグレインには独特の深い味があります。ローファーのスコッチグレインもよかったと記憶しております。

ではまた。
2011.03.12 09:19
桐原
お忙しいところ、早速のお返事ありがとうございます。箱がなかったら、靴の内側のサイズ表記と一緒に書かれている英数字を教えていただけないでしょうか。手がかりになると思います。それでは、気をつけてお帰り下さい。
2011.03.13 23:46
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.03.15 03:46
alexis
桐原様
帰京しました。
いやはや、小生、実家のほうは大丈夫でしたが、マンションのほうは中央区にあり、8階であるため、地震の揺れをかなり受け、本棚、カップボードなど、大変な状態になっていました。
桐原様は被害はありませんでしたか?

さて、靴のコレクションは無事でした。
やはり、問題のウェストンは箱がなく(フランスで買って、黄袋だけで持ち帰ったのだと思い出しました。)本体の裏を見ました。
左右両方とも、サイズ標記の上に、
598-22
下に、
03333810
と書かれています。
お役に立ちますでしょうか?

取り急ぎ。
2011.03.18 12:27
桐原
alexis様、
当方には幸い被害はありませんでしたが、
当日は4時間かけて徒歩で帰宅しました。
また、毎日電車は大変な混雑ですが、
被災した方々の苦労を思うと、贅沢な悩みです。
さて、箱はなかったとのことですが、
お教えいただいた数字と写真を頼りに
オーダーしてみたいと思っています。
落ち着かれましたら、またいつか
靴の話題を取り上げていただきたく存じます。

お忙しいところ、また大変な状況の中、
お返事をいただきありがとうございました。
2011.03.23 00:25
yukaco
はじめまして。美しい靴の数々、興味深く拝見致しました。

実は、質問をさせて頂きたいのですが、
もしご存知でしたらご回答宜しくお願い致します。

マダム・オルガ・ベルルッティご自身は普段
どのような靴を履いているのか気になって
色々調べておりました。

もしご記憶にございましたら教えて下さいませ。

宜しくお願い致します。
2011.06.02 15:05
alexis
Yukaco 様
コメントありがとうございます。
残念ながら正確な記憶が無いのですが、当時、白衣のような、真っ白な長い上着を着ていらしたのはよく憶えています。足元は平らなレペットのような柔らかい靴だったように記憶していますがこちらは正確に憶えていません。小生の足をマッサージするようにさわって確認しつつサイズを確認して、サイズのサンプルを履かせてくれましたのですっかり緊張していました。

きちんとお応えできなくて申し訳ありません。

2011.06.07 18:41
alexis
桐原様
先日は失礼。
探し物で整理をしていたら、WESTONの伝票が出てきました。
伝票上のREFERENCES,商品管理コードは、
11 22 652 598 30 05 E
となっています。最後の5Eは小生のサイズとウィズです。
改めて、ご参考までに。
この652が、桐原様のおっしゃる皮番号に当たるとよいのですが。
取り急ぎお知らせまで。
ALEXIS
2011.06.21 18:54
桐原
alexis様、
おっしゃる通り、652は皮番号であり、
CHESNUT GRAIN という色です。

写真は大分濃い色になっているようです。
大事に手入れされて履かれている様子が
わかります。

私も是非オーダーしてみようと思っています。
ご丁寧にお知らせいただき、
ありがとうございました。
大変参考になりました。

2011.07.01 00:23
hata
alexisさんこんばんは!

靴を購入しようと思ってるのですが、
aldenの靴に書いてある数字の

82/1 7819 027 1
D/B 02161

と表示されているんですけど、それぞれどんな意味で表示されてるのか知りたいです。
また購入する時はどこに注目すればいいんでしょうか?
よろしくお願いします!
2012.06.04 18:20
alexis
hata様
コメントありがとうございます。
出張していたもので、気がつくのがおそくなって申し訳ありません。
ご質問の件ですが、
81/2はサイズです。8ハーフですね。BDはウィズ、オールデンの場合BDはDです。日本ではDウィズを売っています。後の数字は色や素材の番号で、5桁の数字は靴の品番です。

オールデンは何と言ってもコードバンがお薦めです。街で、オールデンをはいている人を見かけると、それだけでお洒落に見えますね。

小生から特に「注目」点はないのですが、とにかくジャストフィットで履いたほうが良いと思います。ローファーの場合、ショップによってはきつめを勧められる場合があるようです。が自分で納得するまで確認したほうが良いと思います。

では、良いお買い物と、お洒落を楽しんでください。
Be Happy!
2012.06.20 09:55
-
このコメントは管理者の承認待ちです
2016.04.16 11:42

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/38-bb778e0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。