スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サヨナラダケガ人生ダ

2009. . 27

 コノ杯ヲ受ケテクレ

 ドウゾナミナミ注ガセテオクレ

 花ニ嵐ノタトエモアルゾ

 サヨナラダケガ人生ダ

  ―後唐の詩「勧酒」(千武陵)、五言絶句、井伏鱒二の名訳である。

 去年、また友が不意に去った。歳・世代のせいではない。不慮の死であった。

 先週、一周忌で偲ぶ会があり行く予定だったが、急な出張で行けず残念なことをしてしまった。

 

 その友とは、大学のとき、他ならぬ学園闘争(学費闘争)でともに闘った仲間であった。最終局面では意見の違いもあり対立することもあったが、最後までよき友であった。

 今となっては不思議な気さえするが、70年代はじめというのは奇妙な時期であった。連赤事件やテルアビブ空港乱射(アラブ赤軍)の衝撃も冷めていない頃で、新左翼運動など誰も相手にしなくなってきた頃であったが、僕たちの学園闘争は久々にもりあがったものだ。学生大会は2万人以上を集め、きっちりとスト権を確立したうえでの闘いであった。ストライキはたぶん正規の議決を経たものとしては戦後最長だっただろう。

 彼については高校時代の友人から聞いて知っていたので、すぐに自治会再建とストライキ実行委の結成に一緒に動いた。誰もが認める優秀で誠実な活動家であった。

 そんな中、皆でよく話をした。当時「過渡期世界」という言葉がよく飛び出したが、いつからがその過渡期世界かという議論になったことがある。ほとんどの活動家は当然のように1917年、ロシア革命をその転機にあてるのだが、彼と僕とは違った。1871年、パリ・コミューンからだというわけだ。これは、レーニン主義やロシア革命の評価、スターリニズムへのスタンスなどを含んでいるので、そのときの会話は幼稚なようだったが、今考えてもとても大切な議論だったと思う。

 彼は当時既にレーニンを批判したローザ・ルクセンブルク主義、・コミューン運動を軸にする党派の指導的メンバーだった筈だから、考えてみれば自然な議論だっただろう。

 その党派のさらなる分裂のころ、全学連委員長までやった彼はその後学園からも運動からもはなれ、大きな進学塾の代表となった。

 

 僕たちは、80年代半ばから時々会うようになった。会って酒を飲んだり、仕事上の情報交換をしたりした。僕の扱っている輸入ブランドを彼は親戚のギフトに度々使ってくれ、塾をやっていたから得意分野だったのだろう、僕の子供の進学の相談にのってくれたりした。

 僕がニューヨークへ出かけるときは、色々アドヴァイスしてくれ、逆に今度、彼がパリにでも行くことがあればよく知っている僕に任せて欲しいなどと云ったものだ。

 バブル真っ盛りの頃、11月の深夜、「世界で一番初めにボージョレ・ヌーボーを飲む会」などというくだらない会をやり、六本木でまずシャンパンで乾杯し、その空輸されて成田から直接届いて木箱から取り出したヌーボーを二人で痛飲した。TVカメラがスーツの肩を組んだ僕たち2人を映していたものだ。

 

 彼が途中まで読んで、引越しを繰り返さざるを得なかったとき失くしてしまったという、大仏次郎の「パリ燃ゆ」を全巻貸す約束をしていたのだが、もう果たせなくなってしまった。

 昨年12月、僕は自分の相談事で電話し、なかなかつかまらなくて、何回目かでやっとつかまえ、電話で話し、会う約束までしていたのだが、それきりになってしまった。

 

 当時のストライキ実行委の仲間のうちすでに5人が亡くなった。F,MK,SY,KY そして今度のY君である。それぞれ想い出は尽きない。

 ひとの人生は固有名詞のつくそれぞれの「生」だ。個人の人生であり、かけがえのないものだ。人間一般、人生一般などそれこそ幻想でしかない。けれども「死」は通底している。彼が好きだった言葉で言えば、まさに「類として死ぬ」のだ。 

 冒頭の詩は、井伏鱒二の訳が上手すぎて、最後の一節だけが有名になった。妙に突き放した文句のように語られることがあるが誤解である。オリジナルの詩は、人生に死や別れが避けられないものだからこそ、ひとときの過ごし方、出会いや語らいを大切にしようと唄っている。

 そうありたいものだ。

 合掌。

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

comment

seeko
ブログのご紹介ありがとうございました。
井伏鱒二の名訳に目が付いて、こちらの記事から読ませていただいています。
こんなのが、教科書に載っていたら(載っていましたっけ??)私なんかでも唐詩に親しめたのに。。。とか思います。

本当に、読み応えのあるブログですねぇ。
時々、勉強しに越させてください。

2009.04.26 18:39

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/34-b900f16f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。