スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症の季節に

2009. . 27

 今日の時点で、小沢はまだ開き直ったままだ。「続投」を宣言し、「このくらいの事でなんだ」とばかりに検察を批判し、「選挙妨害」などと言い出す始末である。民主党内の辞任要求も抑え付けるつもりなのだろうか。この男が「選挙に強い」などという神話を民主党の連中はまだ信じているのだろうか。

 昔、この小沢が自民党・「コンチクショー」で親分の金丸らに可愛がられて、権力の絶頂にいてやりたい放題だったころ、都知事選に、現職の鈴木に年齢を理由に引退を勧告、アナウンサーだった磯村を担ぎ出した事があった。当然自民党東京都議連は猛反発、小沢を「生意気」だとして鈴木の続投で選挙戦にのぞんだ。かくして自民党から2人の候補が出たのだが、小沢は「田舎ではよくあること」などといって自信満々だった。磯村は銭湯に行ったりしてパフォーマンスをやるがもちろん結果は惨敗、まさに小沢に使われたピエロでしかなかった。

 いったい、この男はもともと政治にヴィジョンとか理念とかはもっていない。ただ権力欲、金銭欲に政治家という親から継いだ職業を利用しているにすぎない。だから一つ覚えで繰り返す「政権交代」も政策を実行する手段でなく権力の座に再度着きたいための目的になってしまっているのだ。その証拠に、政策など状況に合わせてコロコロ変わる。選挙のために、政策や理念など関係なく、色々と候補者を物色しては頭を下げに行く。先の磯村もいい面の皮だったが、国政選挙ではあの野村サッチーにまで頼みに行ったのだ。

 選挙民もなめられたものである。

 

 今回、自分が永年にわたって多額の献金を受けていながら、企業献金を全面的に禁止にすればいいなどと駄々っ子の開き直りのようなことを言い出した。それなら本当にそうすれば良いと思うが、この男はもちろん本気で云っていない。そんな事できやしないのだから、俺のことも放って置いてくれと言いたいのだ。

 検察は自民党の二階にも捜査の手を伸ばしている。この男はもともと経世会で小沢の盟友であり、最近までずっと行動をともにしてきた。金丸直系で西松からの献金も小沢と同様古くからのものだ。「知らない、わからない」では通らないだろう。

 2人の弁解を聞いていて呆れ果てるのだが、そもそも企業が見返りも無しにそんな大金を誰かに渡してしまったら、渡した者は会社に対して背信行為である。罰せられるなり、クビになるなり、返済させられるなり、とにかく処分される筈なのだ。(だからこそ、給料に上乗せして個人からの献金などという薄汚い手口も使われたのだろう)。巨額の金の出所について、西松建設の、乃至はその見返り要求の、「認識が無かった」はありえないだろう。

 これは、田中角栄から続く検察と彼らの闘いである。前にも書いたが、小沢は、角栄も、金丸も竹下も自分も、悪いなどとはまったく思っていない。「検察の方が悪い」のである。「国策捜査」であり「選挙妨害」であるとたぶん本気で思っているのだろう。

 

 今回も、「陰謀論」をさかしらげにいう人たちがいる。

 かつて立花隆が「田中角栄研究」を書いて田中金脈を暴露し、内閣が倒れたとき、「あれはアメリカから金をもらって書いた」と云った人たちがいた。

 ロッキード事件でその田中が逮捕されたときも、田中が日中国交回復をやったためアメリカの陰謀で情報をリークされて田中が追い込まれたといわれた。

 今回もこの種の連中は検察の小沢や二階の追求がどこかの陰謀だといいたいのだろう。

 くだらない奴らがいるものである。

 僕ははっきりいって「陰謀」というのはないかといえばむしろあると思う。けれどそんなことで大きく歴史が動くわけではないと思っている。それになんであれ田中も小沢も悪いものは悪いのだ。追求されて当然なのだ。どうも陰謀が裏に働いているらしいから、田中や小沢の金脈造り(それは最終的に全部税金にツケがまわされるのだ)が正しいなどという事にはならない。また、今回のことが陰謀だったとして、つまり、麻生が、どうも民主党がうるさいから党首をやっつけてくれと検察を動かした?としても、そんな「弱み」を持っている小沢の方が、またそれを承知で党首をやらせていた民主党の方が悪いに決まっている。それで「政権交代」が出来なかったとしたら、そんなものははじめからできる器では無かったという事だ。

 

 そういえば、まだざわついているが「かんぽの宿」問題で、西川ー竹中ー宮内らの露骨な利権の構造が明らかになり、鳩山(弟)が騒いでいる。だが、彼の側も、旧来からの郵政の天下りその他の利権の維持に必死なようにみえる。税金2400億をつかったものを100億で売って、下手すると転売して儲けさせていいのかというのも理屈だが、そんなものを2400億かけてなぜ造ってしまったのかという問いも忘れてはならないのだ。

 

 

 現在、花粉症による鼻炎でどうも僕は気分が荒くなっている。

 まったくどいつもこいつも利権がらみのとんでもない連中である。まとめて歴史から消えて欲しいものだ。

 選挙民はこんなになめられっぱなしでいいのか。どちらの利権に自分たちの税金が「盗まれる」のかという選択肢しかないとしたら、本当に不幸なことである。

 

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/33-42cdeffe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。