スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人って・・・

2009. . 27

 海外での日本人の評価というか「受賞」が続いた。

 多くの人が興奮した。アカデミー賞受賞である。僕もニュースをみてすごいと思った。「外国語映画賞」ということは、映画好きにしてみると、すぐ思いつくだけでもあのフェリーニの「道」や、ルルーシュの「男と女」に連なってくるわけで、たいしたものである。そして、ニュース映像をみていて思ったのは、主演俳優の本木雅弘はいうまでもなく、滝田洋二郎監督も、広末涼子も、アニメーションの受賞者は僕の知らない人だったが、その31歳の加藤久仁生監督も、皆が皆、とにかくたたずまいが立派だったことだ。タキシード姿で、居並ぶ外国人たちにひけをとらず、とにかく「カッコ良かった」のである。

 

 話が前後するが、イェルサレム文学賞というのを受賞して、イスラエルに出かけた村上春樹も、僕は立派だったと思う。受賞を拒否すべきだとか、「行くな」という声がある中で、出かけていって、ペレス大統領やオルメルト首相らと肩を並べて、例の “Always on the side of the egg” のスピーチをやりきったのは、勇気の要ることだったと思う。ネットで全文をを読んだが、比喩的ではあるが、はっきりと直接自分のスタンスを示し、イスラエルの現在の軍事行動・ガザ攻撃を非難していたからだ。イスラエル国内では、イスラエルまで来て受賞しておきながらあれは何だという批判もあったという。当然だろう。そんな事はすでに、彼は考えに考えた上で行動したのだ。

 

 ちょうど、財務大臣・中川が醜態をさらし、各国のマスコミや要人のジョークのネタにされていた。だいたい、僕はずっと外資系の会社に勤めてきたのでかねがね思ってきたのだが、海外と、日本では「酒のうえでのこと」というものに対する考え方がまったくちがう。日本人はこれが甘いのだ。フィジカルな理由もあるだろうが、海外では気をつけねばならないのは常識以前だ。

 わが総理大臣麻生も内容のない短い訪米を終えてきた。「得意」な英語も、ニュースで聞いた部分は中学生のスピーチみたいな一般的な内容と語彙であった。なにより、たたずまいが情けなかった。オバマと並ぶと品性卑しく見える。何度もいうが恥ずかしいことこの上ない。

 2人の政治家はアカデミー賞を受賞した人たちや、村上春樹の、ほんのちょっとした部分だけでも見習って欲しい。

 

 僕は、ビジネスでもプライヴェートでも、海外に行ったり、そちらの人と話す機会が多い。だから、こうした、人によっては全然気にならないかもしれない事、TVに映るような日本人の海外での様子や評価にはちょっと神経質だ。たぶん、海外で生活している日本人はもっと気にしていると思う。

 

 気をつけるべき人は気をつけて欲しい。

 そして受賞した人たちには、心からお祝い!乾杯!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/30-7fe52a87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。