スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥を知れ

2009. . 04

 前回、オバマ大統領就任演説直後に雑感を書いた。その後、しばらくのうちにTV、新聞、雑誌などで様々なコメントがなされたが、驚いたのはあの就任演説が「退屈だった」、「期待はずれだった」「道徳の授業じゃないんだから・・・」という声が一部であったこと、またオバマ大統領が今後様々な困難にあたって「失敗が眼に見えている」とするものまであったことだ。何をいおうと勝手ではある。だが余計なお世話だと僕はいいたい。

 ひるがえってわが国の国会はどうだ。相変わらずさかしらげに「日米関係・・・」などと、何のヴィジョンも語れず(無いものは語れない)、滑稽にもオバマと「対等」であるかのように勘違いして、首相に居座っている男(麻生太郎)がいる。その男に向かって、高い税金を使って開催されている国会の場で、「漢字テスト」のパネルを取り出した野党議員(石井一)がいる。また、野党代表として当然質問に立つべきなのに出てこない党首(小沢一郎)がいる。代わりに出てきたオンナは、「仕立てのいい背広を着ている・・・」のだから見苦しくないよう早く辞めろなどと皮肉にもならないことを、やはりこれも国会の場でいいつのった。このオンナ(田中真紀子)は、それこそいつも「仕立ての良いスーツ」を着て高価なアクセサリーを身につけ、父に贈られた高価な時計をしている。それを地元で演説するときなどはわざと主婦らしい「高価でない」スウェット姿に着替える。いやらしいことこの上ない。まったく、ヒラリーとオバマの論戦や、大統領選にあたっての数々の論戦をみてきた直後だけに実に情けない。

 だが、何といおうとここにしか国会は、日本の議会は存在していない。言い換えれば、こんなにひどい男や女たちを支持し、以前小沢たちが「政治改革」と称してやった馬鹿騒ぎの遺産というべき小選挙区制のもとで、国会に送り込んでくる有権者たち・選挙民が沢山いるのだ。それが日本の現実であり、それこそ日本人の「民度」なのである。

 マスコミに登場するひとたちは、少なくともそうした日本の世論をリードしているのである。この足元の現実を思えばオバマの悪口など云えたものではないはずだ。まして国家のヴィジョンを示した演説にケチなどつけられるはずがない。ようく考えてものを云って欲しい。

 

 どいつもこいつも、「恥を知れ」である。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/27-0d7243ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。