スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマ大統領就任

2009. . 21

 眠かったが、何とかTVで午前2時からの就任式の模様を観ることが出来た。ゆったりしたチェスターフィールド・コートを着て登場した47歳のオバマは充分落ち着いていてすでに大統領としての風格を充分漂わせていた。

 はたしてその就任演説は、味わい深く感動的なものであったが、今までの選挙戦キャンペーンのときのような熱っぽいものではなかった。"Change" も "Yes,we can" の絶叫もなかった。当然のことである。彼はもはや一民主党員ではない。共和党・マケインと大統領の座を争った候補でも、ましてヒラリーと民主党の指名争いをやった候補でもない。アメリカ合衆国大統領なのである。その影響力は全世界に及び、あらゆる人種のるつぼともいわれる合衆国の全市民に、政敵まで含めて彼は責任を持っているのだ。もう「はじめての・・・」どうこうなどといっている場合ではないと彼はしっかりと認識していたのだ。前夜には大統領選を闘ったマケインと抱き合って聴衆に挨拶し、民主党でのライバルだったヒラリーを国務長官に据え、まさにアメリカ合衆国を代表する大統領として就任演説をやったのである。200万といわれる聴衆のなかには涙を流している人が何人もいてカメラに映し出されていた。また演説のポイント、ポイントでは立ち上がって拍手する高官たちもみられた。まぎれもない大統領としての名演説であった。

 一国のリーダーになりながら、いつまでも自民党という1政党、その中の1派閥、そして特定の財界しか代表しない日本の総理はこういうところを見習うべきだろう。軽薄で奇妙な国際貢献とか、派兵とかを考える前にである。間違っても、麻生だの小沢だのがこのオバマ大統領と並ぶのを見たくないものである。日本人として恥ずかしい限りだ。そう思うのは僕ばかりではないだろう。

 

 それにしてもオバマはアメリカの現代史の中でもきわめて危機的な状況の中で大統領に就任したものだ。もちろん彼はスピーチでこの内外の大きな2つの危機に触れた。内にはもちろん金融にはじまり、ビッグ3の倒産まで視野に入った未曾有の経済危機である。この危機の原因の一端は、「一部のものの強欲と無責任による」と彼ははっきり言い切った。また「監視しなければ市場はコントロールを失い、富めるものばかりを国家が優遇すればそのような国家の繁栄は決して長続きしない」とも言った。ブッシュ時代の市場原理主義・新自由主義へのはっきりした批判である。かわりに「グリーン・ニューディール」を掲げ、新しい経済政策を打ち出しているが、それが簡単でないことをしっかりわかりやすく述べていた。外には、イスラム世界との軋轢であるが、「理想と安全とを同時に追求するのは不可能だ」という「思い込み」を捨て、そのイスラム世界とも根気よく対話することを打ち出した。核兵器廃絶の方向も示した。ともに勇気の要る発言であり、こちらも前政権との際立った違いを示したものだ。今回の就任演説の全体が、実は、交代のために笑顔で並んだブッシュ前政権の政策の否定、それとの決別を断固として打ち出していたのである。

 この就任演説の方向性を、内外政策のどちらをも、ブッシュ政権の路線に追随してきた日本の政治・経済のオピニオンリーダーを自称する人々によく覚えておいて欲しい。経済では「改革と規制緩和」の名のもとに荒々しい市場原理主義で「富めるもの」優遇を言い、政治・外交では、「憲法第9条」は理想論だから現状と合わない、他国と戦えない、もう古いから変えるべきだという、オバマと反対の言説ばかりがまだまだ日本では勢いが強い。アメリカで過去が反省され、こうして新しい時代がはじまっているというのに彼らは開き直るばかりだ。

 

 もちろんオバマ大統領は今後かなりの困難にぶつからざるを得ないだろう。課題はあまりにも大きい。内外の危機ともに前政権や「一部の強欲なものたち」によって作り出され、残されていったものだが、もうそれも言っていられなくなった。そして国民の支持と協力なしに何も進まない。だからこそ彼は「新たな責任」を、そしてアメリカ国民の連帯を強調したのだろう。

 ただ今後オバマがどんなに困難に苦しんでも、あるいはいくつかの局面で失敗を余儀なくされたとしても、彼が大統領に就任したことそれ自体が、歴史に残る偉大な出来事であったことに変わりはない。全世界がこれからの彼を希望を持ってみつめている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/26-97545e2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。