スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情けないなあ!

2014. . 12
 またまた、なさけない先輩の姿をみるはめになった。昨日の「党首討論」である。
 「集団的自衛権行使容認=解釈改憲」という安倍の暴挙に対して、海江田はまったく斬り込めなかった。メディアは「かみ合わなかった」と評していた。が、僕に言わせれば、見当外れだ。まず、海江田は民主党代表として、立場が定まっていない。そもそも、「集団的自衛権行使容認=解釈改憲」に反対しているわけではないのだ。贔屓目に見て、本人が反対だとしても、党内の議論を反対でまとめていない。だから、腰の据わらぬ質問しかできない。「かみ合わない」のではない。「かみ合ったらまずい」から、反対の論陣を張るのでなく、手続き論や、「自衛隊員が血を流す覚悟」といった情緒の話に終始せざるをえなかった。そして、安倍のほうは、その足元をとうに見透かしているから、とにかく、時間をやり過ごせばいいだけなのだ。ひたすら、「議論しているところだ」、「覚悟を持っている」と、従来の言い分を繰り返すだけで、「維新、みんなの党などには理解されている」などと、余裕すら見えた語り口だったではないか。菅官房長官に至っては、笑みをたやすことがなかった。とにかく閣議決定に至ればよいという、与党の余裕である。そして、終わった後に、海江田と安倍の固い握手。こんな芝居を見せつけられ、国是を揺るがす時代をむかえようとしているのだから、まったく嫌になってしまう。
 民主党はこうして、反対しきれず、結局、維新、みんなに次ぐ自民党の補完勢力に回るだろう。現に、党内では、松本たちがこの「集団的自衛権=解釈改憲」賛成、政府協力の声明を提出し、「海江田おろし」を図っているそうだ。

 一方、たよりの公明党だが、こちらはなかなか粘り強い。与党協議で自民党側はだれも公明党議員を論破できないそうである。当たり前だ。そもそも理屈がむちゃくちゃなのだ。先日は、磯崎なる男が、「(憲法改正には)時間がない」から「解釈改憲」で、などと暴言を吐いた。およそ、こんなひどい暴言はない。これがまかり通るなら、「非常事態宣言」で「戒厳令」をだし、クーデターをやってもいいと言っているのと同じだ。 「時間がないから、(憲法改正の手続きを抜きに)解釈改憲で国是を変える」とは、そういうことだ。とんでもない連中を我々は抱えてしまっているのである。そして、それに追随する民主党も本当に情けない。


 先日、このブログで、「排外主義の台頭」を書いたばかりだが、昨日、この情けない我が国の国会ニュースとともに、アメリカからのニュースが飛び込んできた。
 ヴァージニアの下院議員予備選挙で、番狂わせが起こった。盤石といわれていた共和党ナンバー2のカンターが落選、ティーパーティ推薦のブラットが当選したのだ。カンターは巨額の選挙資金を使い、TVメディアも利用し、確かに盤石にみえていた。が、資金もなく、弱かったブラットの、たったひとつの集中的ネガティブキャンペーンにやられた。いわく、「カンターはオバマの移民政策に協力した」というものだ。共和党支持者、大衆の排外主義はここまで強力になっているのだ。カンターはそこが読めなかったのだろう。米共和党内、保守派の中での、排外主義の、より一層の台頭である。

 世界中で、極右、排外主義が跋扈している。安倍だって、僕は以前このブログに書いたが、自民党保守というより、昔の赤尾敏・愛国党とかの方にイデオロギー的には親和性がある。「私を右翼の軍国主義者と呼びたければどうぞ。」などと言う開き直りは、少し前なら社会が許さなかった。
 
 

 どんどん嫌な世の中になってゆく。





スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/184-64813873
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。