スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衣替えの季節

2014. . 19
  
                         
             001_20140520094510f90.jpg

 毎年、お彼岸の週に、冬物をクリーニングに出して仕舞い込み、春・夏物に着替えてゆく習慣である。が、今年は寒かった。早々とウールのセーターを仕舞ってしまい、綿のサマーセーターを出したら、ずっとそれを着ている始末だった。新調したREDAの春用ジャケットも予定以上に活躍した。 羽織る機会が多いのだ。

              006.jpg
 
 昔読んだ伊丹十三のエッセイに、お洒落の肝は、「男はズボン、女はスカートと足元です。」とあった。女のほうはわからないが、男は確かにそうだと僕も思う。この春、ジャケットには、チャコールグレーのIncotexのパンツを合わせている。もっと暑くなったら、ベージュの綿パンを合わせる。テイラーには、このジャケットにはマルーンの靴を、と言われていたのだが、茶色のクロケットのUチップかウェストンのゴルフを合わせる。去年買ったPersolのサングラスも出してちょっとご機嫌だ。

               007.jpg
 
 やっと陽気が良くなってきたので、半袖ポロを出す。デニムはヤコブコーエン、ホワイトジーンズもヤコブ。両サイドにポケットのついた細いカーゴパンツはやはりIncotexとブルネロ・クチネリ。それでなくてもパンツの目立つシーズンである。ヤコブコーエンのデニムもIncotexのパンツも、もちろんクチネリも、履き心地とシルエットが素晴らしく、気に入っている。ここ数年そればっかり。

             008.jpg
 半袖を着た時、去年から、シンプルなものだが、革のブレスをつけている。
人間、歳を取ったら、若いとき以上に身なりに気を使っていないと、すごく情けなく見えるように思う。体型が崩れ、顔も老け込むからだ。まさか女子のようにメイクするわけではないのだ。 身ぎれいにしておきたいものだ。

 とは言っても、実は今年は家の事情で、仕事以外のほとんどの時間は病院に通っている。自分の病気ではない。身内の見舞いである。服に気を使っても、銀座や青山といったお洒落な街を歩く時間はほんのわずかだ。まあ、人生そんなものか。それでいい。入院してパジャマで生活しないで、衣替えを楽しめるだけ、自分は幸福なのだと思う。

 もう60代も、もうじき半ばになる。せいぜい健康に気を付けて、気持ちを明るく保つために、気に入ったものだけを身に着けて歩くようにしよう。



スポンサーサイト

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.06.20 00:50
alexis
> はじめまして。
> 私はまだまだ30歳になったばかりの若輩者ですが、数年前からチャーチ、クロケットなどのイギリス靴にはまっています(ロブやグリーンはまだ自分には不相応かと思います)。
> 管理者様は私の親父と同年代かと思いますが、お洒落に対する心意気といいますか、気構えに敬服いたします。
> 私も靴をピカピカにし、素敵に歳を重ねて行けたらなあ、と思っております。
> まだアップされていない靴の写真がありましたら、是非アップのほどよろしくお願いいたします!

Kei 様

コメントありがとうございます。
と、いうことは、もしかしたら、Kei様は小生の息子と同年かもしれません。彼は、まったく、靴にも、着るものにも関心がなく、父親としてはがっかりで、Kei様のような若い世代の方からのこうしたコメントを拝見するとうれしいです。
クロケット、チャーチ、ピカピカに磨いてください。愛情をもって磨かれている靴は、外から見てすぐわかります。そうした靴を他人様がはいているのを拝見するのも気持ちのいいものです。
実は、今のチャーチ、僕には価格が高すぎるように思えてなりません。クロケットは、昔、ジョン・ロブの既成靴をやっていて、Hermes で売っていました。その品質を考えると、リーズナブルだと思います。
また、アップやってみます。今後ともよろしくお願いします。
2014.07.22 09:47

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/182-8d95b589
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。