スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腐っても朝日?

2013. . 17
 もうすっかり新聞など馬鹿馬鹿しくなって久しい。
 だが、騒がれているネットの世界の言論や情報など、何のあてにもならないし、もちろん信頼感もない。送り手の側に、政治や社会についての基礎知識や世界情勢の基本情報が不足しているとしか思えない。
 BSニュースだけを比較的真面目に見るが、どうしても海外に偏り、しかも断片的な情報になる。結局日本国内のニュースは普通のTVニュースに頼ることになる。

 さて、先日も書いたが、GW前後から、政権党の傲り、右派の跋扈が目に余る。「主権回復の日」の「天皇陛下万歳」三唱。高市早苗(なんと政権党の政調会長だ)の「『侵略』は腑に落ちない。」発言。そして今回の橋下の従軍慰安婦に関する一連の発言である。

 さすがにここへ来てマスコミも反応した。特に橋下の発言については、彼ら右派が「もっとも大切」としている日米関係にまで影響するということで、中国、韓国などの批判に耳を貸さなかった連中も、態度を豹変させて、まるで自分は違うと逃げるように批判し始めた。

 だが、僕に言わせれば、これはおかしい。
 橋下が今回従軍慰安婦について発言していること、その理屈の組み立ては、これまで安倍や彼のブレーンの桜井よしこらが繰り返し語ってきたことと全く同じだ。ここに来て急に安倍は「立場が違う」などと言っているが、一体どう違うのか?
 いわく、慰安婦は気の毒だった、―しかし、国による「強制」はなかった、「強制」は作られたデマだ、―日本がそれによって誤解を受けるので、日本からもっと「強制などなかった」というキャンペーンをやらなくてはいけない。―強制でなければ、そもそも売春自体当時は合法的であった。云々。

 今回橋下を批判するマスコミも、あるいは政治家たちも、何故彼らを一線上において批判できないのか。橋下をかばっている石原や片山のほうが、内容はともかく一貫していると言える。


 5月15日の朝、前回書いたいつものカフェで朝日新聞を読んだ。「天声人語」で、例の「天皇陛下万歳」への批判がなされ、社説で橋下批判、そしてもうひとつ設けて高市早苗批判があったので、だいぶ胸のつかえがおちた。

 まだまだだけれど、しっかり政権党と右翼イデオローグを批判しないと、欧米からアジア諸国まで、世界の人々から,本当に日本人全体が戦前と同じだと思われかねない。「天皇陛下万歳」だ。(中国・アジアに)「侵略なんかしていない」。「どうしてアメリカ人は当時合法的だった売春制度について、あるいはどこの軍隊にもあった慰安婦について今更ガタガタ言うのか。韓国人のキャンペーンに乗せられているだけじゃないか」。多くの日本人はまさかそうは思っていないだろう。しかし橋下は、多くの日本人がそう考えていると思って確信犯的に発言し、いわば「ウケを狙った」のである。それはそうだ。いままでの安倍の発言を聞いていればそう思うだろう。「安倍さんは総理だから言えないことを、代わりに言ってやる」と、橋下も高市早苗も言っていたことがあるのだ。

 
 朝日新聞。どうしようもないと思うことも多いが、今こそ、「腐っても朝日」の言説を展開して欲しい。
 最近巷で流行りの言葉。言論の良心をいつ見せるの、今でしょ!







 
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/166-b2352ac1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。