スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライキ!わたしたちのために、あなたのために!

2012. . 16
 野田は解散に打って出た。消費税増税、原発再稼働、そして今回のTPPに至るまで、党内多数の反対派さえ圧殺し、あるいは切って捨て、逆に自民党・公明党と談合して、国民、働く階級と敵対し、財界、財務省官僚たちの利益を守ってきた。いよいよ総仕上げのつもりなのだろうか。自民党・公明党はやったとばかり喜び勇んでいる。この政権はついに「人々の声」をまったく聞くことなく、自らの公約(「マニフェスト」)を自ら踏み潰してきた。いずれにせよ、怒りをもって報いられるだろう。
 第3極なる野合の話もしきりだ。民主党が自・公と談合して同じ内容で進んでいる以上、もはや第3でもないと思うのだが、その無節操には呆れるばかりである。「減税」を主張していながら「増税」派と野合する。「反原発」を唱えつつ、「原発推進、再稼働」派と、さらには核武装論者とまで野合せんとする。TPPに至っては参加と反対とではどうしたら折り合いがつくのか。共通項は「反官僚」で「脱霞ヶ関」だという。そんなことは現政権だって口先でははじめから言ってきた。具体的な内容が問題なのではないか。イシュ-ごとにどうするのか、実際に政治のイニシアティヴを発揮できなければ、それこそ官僚に丸投げにしかならないではないか。
 年末の選挙に、日本の国民は醒めている。なにが「選挙に行きましょう」だ!何が「政治不信が怖い」だ!こんな政治家どもに嫌気がさすのがまっとうな神経ではないか。選挙だけが「民意」の表現ではもちろんない。

 そんなところに、闘い方、方向性を示す希望の光がさした。11月14日(現地時間)、ヨーロッパで歴史上初のヨーロッパ各国一斉ゼネスト、デモが闘われたニュースが伝わったのである。9月に、スペインでの緊縮財政に対決するスト、デモについて触れたが、今回ももちろん同様である。ヨーロッパ23カ国、40労組、数百万人による大規模な反緊縮の闘いであった。デモは、各国政府、銀行にむけられた。
 ギリシャの2大労組はもとより、今回は特に、ポルトガル、スペイン、イタリアをはじめとする南欧の労働者による24時間ストを中心とし、フランス、ベルギー、英国などの北の労働者が連帯を表明して闘った。ドイツでは政治スト禁止のなか、労働者たちが権利を求めて立ち上がった。
 ポルトガルのCGT,CGTPが冒頭のスローガン「ストライキ!わたしたちのために、あなたのために!」を掲げた。スペインのCCCO,UGTのストは、全国的に貫徹され、800万人に及ぶデモが組織され、各地で警官隊と衝突した。イタリアではCCOO、UGTの労働者のみならず、学生から高校生、中学生までデモの隊列に参加して闘った。

ヴァレンシア、学生統一戦線
 
マドリッド 

これら「南」の闘いに対して、「北」では、フランス、英国の労働者、学生が大きなデモを組織し、ベルギーでは鉄道労働者が鉄道を停めた。
連帯の闘いは大西洋をこえ、ニューヨークにまで広がったといわれる。


ベルギー、鉄道 

ローマ、学生 

 「民意」はどこにあるのか。EUにあっても、日本でも、政権、官僚たち、銀行など財界はみな自分たちの利権しか頭にない。働く階級をその犠牲にして省みることはない。先進国各国にあって、反撃の火蓋がこうして切られている。日本でも消費税増税、原発再稼働を叩き潰す闘いはもう始まっている。ここで敵を見誤らないように。EUで数百万人の闘いが組織された。日本でも怒りの火は燃えている。まだ隠れているだけだ。強力なストライキ、怒りのデモを叩きつけよう。

わたしたちのために、あなたのために。

万国の労働者、団結せよ!


(写真はすべてロイター。上から、スペイン・ヴァレンシアの学生たち、「学生統一戦線」の横断幕。スペイン・マドリッドのデモ。南欧の労働者に連帯し、列車を止めたベルギー・ブリュッセルの鉄道労働者。イタリー・ローマの学生デモ。)
 















 
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/157-0399210d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。