スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また村上春樹

2012. . 28
 今朝、朝日新聞に村上春樹の寄稿が載っていた。実に良いタイミング。また、わが意を得たように思えた。
「・・・騒ぎを煽るタイプの政治家や論客に対して、我々は注意深くならなくてはならない。1930年代にアドルフ・ヒトラーが政権の基礎を固めたのも、第一次大戦によって失われた領土の回復を一貫してその政策の根幹に置いたからだった。それがどのような結果をもたらしたか、我々は知っている。・・・
 ・・・政治家や論客は威勢のよい言葉を並べて人々を煽るだけですむが、実際に傷つくのは現場に立たされた人々なのだ。・・・」

 彼はとても慎重に、注意深く書いている。が、論旨は明白である。自らの著書も含めた日本人の本が中国の店頭から姿を消したことを憂え、文化交流の火が消えることを嘆き、そのことから、現在、声高にナショナリズムを煽るものたちに警告しているのだ。
 
 ここでいう「政治家や論客」たちが威勢よくナショナリズムを煽るのは「愛国心」からではない。歴史に学べば、そんなナショナリズムの煽り方は皆利権がらみで、実は彼らの金儲けや、政治的な権力闘争のためだったことはすぐわかる。そして村上氏もいうように犠牲になるのは「分け前」にあずかることなく、負担だけ押し付けられる「現場に立つ」人々である。

 安倍総裁誕生は、安倍総理誕生になるかもしれない。中国、韓国だけではない。世界は日本の「右傾化」を本気で案じている。
 注意しなければならない。
 以前、原発について、大江健三郎、坂本龍一のスピーチをあげて、彼らが、たかだか「小選挙区制」で送り出されてきた政治家達やTVなどで威勢の良い発言をしている「論客」などより、はるかに知性のレベルも世界的な認知度も高いところにあることを書いたが、今回の領土問題の騒ぎについての村上春樹も同じだ。僕はプラハのジャズクラブで、ミュージシャンたちがどれほど彼の著書を愛読しているか知ったし、あるいはパリの書店でどれだけ多くの彼の翻訳書が平積みされているか見てきている。今回わかったが、中国でも韓国でも、他のアジア諸国でも愛読されている。ハルキ・ムラカミは世界共通ブランドなのだ。

 政治家たち、TVに出てくるわかったような顔をした「論客」たち、あまりいい気にならないほうが良い。世界的文化人をなめてはいけない。君達とは知性のレベルがだいぶ違うのだ。敬意をもって今回の村上氏の寄稿を読んで欲しい。




スポンサーサイト

comment

jamstrawberry
村上ファンです。村上春樹の小説を読んでる時、自分の中にある普段隠れている自分との対話をするような感じですね。村上氏のストーリーはおっしゃるようにもう一人の自分、そして知らない世界に連れて行ってくれるようで、自己啓発本としても最高レベルだと思います。
最近の新作に登場した曲が小説を読めれば読むほど聞きたくなった、ついCDを購入しました。本で紹介されている曲、聴きながら文章を目で追うと、より五感で体感出来ています。
ちなみに、ブログにも感想を書いていた。是非、ご覧ください。
http://classiccat.seesaa.net
2013.05.14 13:20
alexis
jamstrawberry 様

コメントありがとうございます。村上春樹は小生より歳上なのですが、Jazzの好みがすごく似ていて、作品に出てくる曲はよく聴くようにしています。「ポートレイト・イン・ジャズ」で取り上げられたアルバムも皆好きです。




村上ファンです。村上春樹の小説を読んでる時、自分の中にある普段隠れている自分との対話をするような感じですね。村上氏のストーリーはおっしゃるようにもう一人の自分、そして知らない世界に連れて行ってくれるようで、自己啓発本としても最高レベルだと思います。
> 最近の新作に登場した曲が小説を読めれば読むほど聞きたくなった、ついCDを購入しました。本で紹介されている曲、聴きながら文章を目で追うと、より五感で体感出来ています。
> ちなみに、ブログにも感想を書いていた。是非、ご覧ください。
> http://classiccat.seesaa.net
2013.05.14 14:05

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/154-0d4f8081
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。