スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働く階級に「領土」も「国境」もない!

2012. . 24
 いつかも書いたが、世の中が右傾化しているとかなり幼稚な議論でも「右」の議論は通りが良い。ファナティックなナショナリズムを煽るのが流行りのようだ。日本だけではない。中国でも、韓国でも、「愛国心」やナショナリズムというのは、自分のほうにあれば、敵視している相手の国のほうにも当然ある。それ自体は自然な感情だ。だが、煽る連中には当然欲と実利がある。今回はもちろん「領土」をめぐる資源の争奪である。
 各国とも「固有の領土」だとか、「主権」だとか、「領土問題は存在しない」とか同じようなことを言う。水掛け論だが、水掛け論にしたくないわけだ。公平な第3者が判断するしか、また、資源の争奪戦ならば、最終的には共同開発しか、実は解決の道はない。

 中国国内の「愛国」デモの画像をTVで見た。若者が多い。江沢民の「愛国主義」教育の成果なのか。「反日」をやらせておけば政府は安泰ということなのか。現状の中国の「格差社会」、一党独裁の腐敗への不満が、そのエネルギーが反政府運動でなく「反日」に向かうのであれば残念なことである。
 嫌なものも見てしまった。デモ隊が毛沢東像のプラカードをいくつも掲げている。文革のときのようだ。「個人崇拝」、生き残った「スターリニズム」の亡霊である。こんなものを甦らせてはならない。 
 (1972年、僕は大学にいたが、当時、「尖閣列島は中国の領土だ」という立て看を出したマオイストたちがいてあきれたものだ。当時、そんな連中が左翼面をしていたのだ。どうしてプロレタリアだのマルクス主義だの語るものが「領土」を主張するのだ。「プロレタリアは祖国を持たない」のではなかったのか?「土地」というのは住んでいる人のものだろう、領土に還元されて良いのか?)

 日本は日本で、70年前、その中国を含めたアジア諸国を征服しようとした戦争の責任を忘れ、あるいは米・中を含む連合国に敗戦したのを忘れ、ちょうどかつて戦争を煽った時のように、政府を「弱腰」だと非難する連中が幅を利かせ始めた。
 中国や韓国で、「反日」や「愛国」の通りが良いのは、少なくとも彼らの眼からは、日本が戦時中の自らの行為を悔い改めていない、と見えるからである。増して、今、幅を利かせ始めた連中は「南京大虐殺は無かった」とか、「従軍慰安婦は娼婦だ」とか言って来た連中である。

 野田政権は消費税増税を強行し、多くの反対の声を踏み潰して原発を再稼動した。すべて大企業、財界の意向、財務省と官僚達の意向であり、99%の働く階級の利害と真っ向から対立するものである。ナショナリズム、排外主義の怒号にあおられてはならない。繰り返して言うが、「領土」問題など、彼らだけの欲に過ぎない。
 
 働く階級に領土も国境も無い。
 万国のプロレタリア団結せよ!

 昨日の「フィナンシャル・タイムス」(David Pilling)の記事の一部を引用する。公平な第3国のジャーナリストはこう見ているのだろうと思うから。

 日本が戦時中に何をしたのか十分理解している日本人は大勢いる。多くの日本軍兵士が勇敢にも、戦時中の残虐行為について口を開いた。日本政府は戦時中の行為について、数えきれないほどの場面で謝罪してきた。しかし、日本はいくつかの理由から、ドイツほど完全に「歴史問題」に取り組むことができなかった。

 1つは、その名の下に戦争が戦われた天皇が、その座にとどまったことだ。そして、もう1つは、戦後にアジアが冷戦の凍結状態に陥ったことだった。イデオロギーによる分断について和解できる見込みはほとんどなかった。冷戦が後退していくと、歴史に関する不快な問題が、ぬかるみから再び頭をもたげた。

 尖閣諸島を巡る論争は、日本の植民地主義の始まりまでさかのぼる。日本は1885年に尖閣諸島の調査を行った。福沢諭吉の「脱亜論」の社説が掲載されたのとほぼ同時期のことだ。

 島が誰かの影響下にあることを示す証拠はないとして、日本は1895年に尖閣諸島を日本領土に組み込んだ。

 中国政府は、問題の諸島は16世紀から中国の地図に記されていると主張する。中国の観点からすると、日本は西側に感化された植民地支配に乗り出した時に島を占領した。戦後、島は米国の管理下に置かれたが、1972年に沖縄返還の一環として日本に戻された。

 中国政府は、そもそも米国のものではないのだから、米国には島を日本に返還する権利がなかったと主張している。












スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/151-7bbcd7a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。