スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万国の労働者、団結せよ!

2011. . 20
 昨日、ギリシャでは予告どおり、48時間ストが打ち抜かれた。アテネでは12万人とも13万人ともいわれる過去最大規模のデモ隊が国会前に押し寄せ、一部は警官隊と衝突、投石と火炎瓶による闘いが繰り広げられた。
 財務省などの建物はこれらの部隊に占拠され、黒旗、赤旗が翻っている。

       20111020k0000m030133000p_size5.jpg

           ( アテネ・ロイター)

 何度も書いてきているが、これまでの日本のマスコミのキャンペーンは見当はずれであって、ギリシャ国民の怒りは当然である。彼らは主張している。「増税の前に、まず富裕層、金融機関にカネを返させろ」と。(さすがに今回は、ここまでは日本のマスコミも報道せざるを得なくなったようだ。) 彼らはもう騙されてはいない。何故、一部の金融機関が自国の国債の「格付け」を操作してぼろ儲けしたカネや、損してアナを開けたカネを、働いている自分たちが増税に耐えて負担しなければいけないのか。何故、弱いものに負担を転嫁するのか。
 この闘いは世界に波及した。また、今回は、ニューヨークをはじめとする各国の闘いに逆にインパクトを受けているだろう。

 日本でも、「震災復興」や「財政再建」の名の下に、さらなる増税が目論まれている。大企業・金融機関の優遇税制はそのままだ。増税をいうなら、まずこのカネを返してもらおうではないか。年金の支払い年齢を68歳に、さらに70歳にという動きまである。どんなところでその歳まで働けるというのか。年金の原資が足りないという。ありあまるほどあったカネを、無駄に、あるいは自分たちのためにつかってしまった官僚や政治家たちに、これも返してもらおう。何故、営々と働いてきた人々に負担を押し付けるのか。
 日本にも、不公正な負担に対しては、ギリシャのような、あるいはニューヨークのような闘いがあって当然なのだ。



        アテネ

        (アテネ、女性たちの抗議・ロイター)
 
 We are 99% !
  働く階級の闘いが全世界を揺るがす。我々は、もう騙されない!何が「痛みに耐えろ」だ!何故1%の奴らの金儲けのために99%のみんなが痛みに耐えねばならないのだ!


        1019greecess05_slideshow.jpg
        
        (国会前デモ・ロイター)

 世界の働く階級は団結しよう。 
 ギリシャの闘う労働者たちを孤立させてはならない。








スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/132-d8d91d85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。