スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たけしとジャズ

2011. . 29
 お彼岸を過ぎた。さして信心深いわけではないが、余程のことが無い限り、墓参りは欠かさない。そして、毎年、このお彼岸の週に、僕は「衣替え」をする。秋の彼岸には、夏物から冬物に着替えていくわけだ。毎日スーツを着て働いていたころは、日々、秋・冬のスーツを出して袖を通していくのが楽しいものだった。靴も濃い色のものに変えていく。現在、毎日スーツを着る必要はなくなったが、秋のジャケットを出したり、フラノのパンツをおろしたりするのはやはり楽しい。着道楽にはこの時期が一番楽しいのだと思う。

 休日、面白いCDを発見して聴いていた。「たけしとジャズ」。60年代にジャズ喫茶で働いたことがあるというビートたけしによる色々な名盤からのピックアップが収められている。ポピュラーなものばかりで、確かに、聴いていると60年代のジャズ喫茶にいるようで懐かしい気分になる。
 CD2枚が短く感じられる良い選曲。コルトレーンの「マイ・フェイヴァリット・シングス」(これは2テイク入っている)から始まり、マイルス、パウエル、エヴァンス、リー・モーガン、本当にヒットしたアルバムばかりからのピックアップである。ヴォーカルも、ビリー・ホリデイ、エラ、サラ、そしてメリル/クリブラ、ロレツ・アレキサンドリアまで入っている。
 これらの曲の元のアルバムを、ぼくはほとんどLPで持っている。が、こういう形で聴いてみると、ヒットしたアルバムはやはり良いものだと思う。
 実際、僕は今でも国内出張時などその地元のジャズ喫茶でかなり長い時間過ごすことがある。そんなとき、色々なLPをかけてくれて、ずいぶんとマイナーなアルバムにも新しい「発見」があったりするのだが、やはり、それはそれ、今になって、沢山聴いていると、「名盤」と呼ばれるアルバムが何故「名盤」なのか、ようくわかってくる。また、今回のたけしが選んだ、ジョン・コルトレーン、マイルス・デイヴィス、ビル・エヴァンス、あるいはバド・パウエルといった人たちが、どれほど傑出した存在であったか、いやおう無く思い知らされる。
 ヴォーカルは、本来は、エラ、サラときたらもう1人はアニタだと思うのだが、この2枚組みにはアニタ・オデイは入っていない。日本ではここは、白人女性ヴォーカルといえばヘレン・メリルが人気だからだ。アニタびいきの僕でもこれは仕方ないと思う。何故かというと、ここに入っている「メリル/クリブラ」が圧倒的な名盤だと思うから。ヘレン・メリルのソフトでハスキーな声と、間に入るシャープなクリフォード・ブラウンのソロ、久しぶりに聴いたのだがやはり素晴らしい。これはジャズ喫茶でかかるヴォーカルの定番だったと思う。

 このCDの解説でも触れられている新宿の多くのジャズ喫茶、またたけしが働いたという「ヴィレッジ・ヴァンガード」も、僕は実は「行ったことがある」という程度しか知らない。僕が入り浸っていたのはもっぱら神保町の「響」であり、ときどき上野の「イトウ・コーヒー」、有楽町の「ママ」に出かけたが、新宿はほとんど行っていなかった。
 前に書いたかもしれないが、「響」ではコーヒーのあと、昼に弁当を出したら奥さんがお茶を持ってきてくれた。ずいぶん長い時間をしょっちゅう過ごしていた。
 有楽町「ママ」は、有楽町駅の丸の内側、今電気ビルのあるあたりだったと思う、小さなバーなどが密集している「スバル街」という古い一角があってその中にあった。店内は昔のこだわりのジャス喫茶がみなそうであったように、椅子が全部スピーカーに向かって教室のように並べられていた。2つ、忘れられないこと。ひとつは、夜も更けてきた頃、マスターが僕たちの前に出てきてしゃべり始めたことがある。「リクエストがどこにでもあるようなレコードばっかりだ」というのである。「せっかく銀座まで出てきて、ここへ来たのだから、そしてここには貴重な輸入盤が沢山そろっているのだから・・・」、そういうアルバムをリクエストしろ、と、つまり客に文句を言ったわけである。「昔のジャズファンというのは・・・」と、彼は言ったものだ。「両手を一杯に広げて、頭から足元まで、それでLPが1,000枚、1,000枚のコレクションを持って、はじめて一人前のジャズ・ファンといったものだ。」
へえ~、そんなものか、と高校生だった僕は素直に感心した。もう一つ、夕方、席をたって帰ろうとした僕をそのマスターが引きとめたことがあった。「お兄さん、ちょっと待って」と声をかけられて、はてなにか気に障ることでもしたかと心配したものだ。何しろ気難しいので有名な「ジャズ喫茶のオヤジ」である。だが、次の言葉は優しいものだった。「今度かかるレコードはいいよ、なかなか聴けない名盤だ。聴いてから帰ったほうがいい。」なるほど、と僕は座り直した。そのアルバムとは「ミンガス・プレゼンツ・ミンガス」。確かに良かった。「直立猿人」など、他のポピュラーなミンガスのLPは当時簡単に手に入ったが、それは入手困難なアルバムだった。

 秋の夜、そんな60年代を思い出しつつ、CDを聴く。冬物の衣類を出す。靴を磨き上げる。つまらない政治家たちや、どうしようもない社会のことを忘れる一瞬。平凡だが幸せなひとときである。





 
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/129-91e38f48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。