スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金は役人しかもらえない!?

2011. . 18
 今年も何とか無事に誕生日をむかえた。このブログのalexisは、2月17日の守護聖人・聖アレクシスからとっている。僕は別にカトリック信者でもないが、メールとかなんだとか、片仮名の名前が符牒として必要になってきて、誕生日の守護聖人の名を使うようにした。なかなか便利だ。
 
 さて、昨年の誕生日直後に、ブログで「年金定期便」にふれ、「何とかもらえそうだ」と書いたが、どうもとんでもないことがわかった。僕たちの世代に特有のことらしいのだが、60になったら「このくらいもらえますよ」と「年金定期便」に書かれている金額、(これは「報酬比例部分」にあたる。基礎年金も含めた全額は65からだ。)というのは、当然皆あてにしていたわけだが、実はもらえないそうだ。正確に言うと、「働くのを辞めて」はじめてもらえる金額だということだ。仕事を続け、収入がある場合、年金との和の上限が毎月28万円というのだから、そのくらいの給与、あるいはそれ以上の給与があれば年金は一切受け取れない。もちろん、こんなことは「年金定期便」には一行たりとも書いてはいない。60の誕生日の3ヶ月前、「裁定通知」が来て、年金事務所へ行って初めて、このとんでもない「ルール」を聞かされるのだ。同年代の知人は皆頭に来ているようだ。僕は地方でも同年代の知人たちから同じ話を聴いた。さらにおまけがある。この「28万円上限ルール」は厚生年金加入者だけに適用され、共済年金、つまり同じ条件で60になった役人たちには適用されない。彼らは厚生年金加入者の65歳時の上限47万円が60歳時から適用される、つまり、報酬比例部分はもともとそれ程多くないから、よほどの高給でない限り年金は満額支給され、減額されてもわずかだということだ。
 まあでたらめというか滅茶苦茶というか、同じに収めてきて60を迎えたとしても、ただ役人には支払い、民間には「やらないぞ」という年金になっているわけだ。
 これを、この話を先日TVでやったら、「ご存知でしたか?」と訊かれたコメンテーターたちは、薄ら笑いを浮かべながら「いやあ、知りませんでした。」と一様に答えていた。笑いごとではないだろうと思うのだが、所詮こんな連中には「他人事」なのだろう。日頃さんざん「役人叩き」をやっていながら、こうした具体的な問題を突きつけられると「言葉」を失い、権力に追従してゆくだけなのである。出ていた民主党の渡辺某も、司会者の「何とかしてください!」という突きつけに、ただ、「はあ、何とかします、一元化の問題ですね」などと、話を一般化して逃げていた。厚生年金と共済年金の「一元化」はいいが、そんなものは短く見積もっても20年以上かかる、長期的な仕事である。今の、現にある不正、不公平を正すのはやろうと思えばすぐ出来るはずだ。共済年金に適用される60歳からの上限47万というルールを厚生年金加入者にも適用すればいいだけだからだ。「一元化」一般の問題にすり替えていたら、この不公平に会っている世代はそのまま歳をとって不公平のまま通り過ぎてしまう。まったく民主党というのもいつのまにか役人たちに都合のいいだけの集団になってしまった。

 というわけで、まったくふざけた話なのだが、60を迎えたら受け取れると思っていた、またそういう「通知」を受けていた年金が、仕事を続けていたら実は受け取れないことが明らかになった。当然だが年金だけでは、それも60歳からの部分の年金だけでは生活などそもそも出来るはずはない。僕だけの問題ではない。同じ年代のものは、役人でない限り、皆同じ問題を抱えることになる。年金だけでは生活できないから、仕事を続ける。そうすると、あてにしていた、「定期便」で知らされていた年金はそもそも出ないのだ。

 こんなふざけた「ルール」を誰が勝手に決めたのか、僕に電話で「説明」した役所のオンナも言っていた、「働いて欲しいのか、引退して欲しいのか、まったくもってわけのわからない制度ですよね」と。クリアーにわかっていることがある。役人たちは「仕事を続け」てなおかつ年金がプラスとして支給され、民間人、つまり我々は、仕事を辞めて、「生活できない」年金だけを受け取るか、「仕事を続けて」年金のほうをあきらめるか2つに1つの選択を迫られるということである。
 
 まったく、記念すべき誕生日を過ぎて、こんな愚にもつかない話題をブログにしたくなかったが、どうにも腹の虫が収まらない。同世代の多くの「民間人」も同じはずである。




スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/116-61a8678e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。