スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラブ世界の「ベルリンの壁崩壊」

2011. . 31
 周知の通り、エジプトで闘いが続いている。きっかけとなったチュニジア・ジャスミン革命ももちろん継続中であり、北アフリカ各国、イェメン、シリアなどの中近東にも闘いの波は波及している。

 何十年と続く非常事態宣言に加えて戒厳令がしかれたエジプトで、街頭に出て抗議デモに繰り出すのは、特に当初は相当勇気が要ったはずである。何しろ逮捕されれば即座に刑務所と拷問が待っているのだ。しかしながら、チュニジアの革命に触発された人々は、もう独裁政権を恐れてはいない。ムバラク大統領のほうが、自らが権力を失うのを恐れ、蜂起の鎮圧に必死になり、ネットや携帯を切断し、アルジャジーラまで禁止し、一方で「副大統領」を決めたりして懐柔策をとり、何とか「秩序を維持し」欧米の支持をキープしようとしている。

                    129358455072216125964_tunis12.jpg

 だが、チュニジアにあって、ベン・アリが彼の一族によって冨を独占し、一族とのコネがなければ仕事もみつからなかったように、また、言論を弾圧し、その強固な独裁を維持してきたように、エジプトにあっては、軍と関係が無ければ仕事も見つからず、軍出身の大統領による独裁と言論弾圧が続き、両国とも、この長年の独裁政治による腐敗と汚職の一般化、収入の格差は、もはや人々の耐え難いところまで、怒りを抑えられないところまで進んでしまったようだ。


                   1.27カイロ
 
 ただ、ここで、ベン・アリと同じく、ムバラクが「逃亡」したり、退陣したりすると、この「エジプト革命」のインパクトは大きい。チュニジアの人口1,000万に対して、エジプトは8,300万人、これは国の経済規模、アラブ世界全体への波及力、あるいは欧米への影響も大きく違ってくるだろう。
 もともと、欧米「自由主義」諸国が、これらの国々の独裁政権を支持してきたのは、イスラムへの恐怖が半分、あとはとにかく「安価な労働力」の供給基地として、あるいはマーケットとしての「平穏な秩序」を求めてきたからだろう。
 チュニジアでも、エジプトでも、ベン・アリを見放し、ムバラクを見放したあと、欧米の大資本に都合の良い新たな「独裁者」が秩序をもたらすのを彼らは望むだろうが、現在の闘いはその水準をもう超えてしまっていると思う。
 同時に、今回の蜂起は、いずれも、フェイスブックやツィッターが有力なツールになったという。言論弾圧のさなかにあって、人々はネットで情報を共有していたのだ。(もちろんネットは情報ツールであってそれだけでは蜂起は無い。皆が画面をみているだけでは何もおきないのは自明だ。人々が街頭に出て抗議デモが組織されてはじめて革命が開始されたのだ。)チュニジアでも、ベン・アリ政権の「どうしようもない腐敗」をまず暴露したのはウィキリークスだったそうだ。これら情報革命によってもたらされた人々の怒りの蜂起のなかにあって、「イスラム原理主義」がイニシアティヴをとることがあるのだろうか?あるいは今までと大差ない「新独裁者」が権力を握ることがあるのだろうか?

 かつて「衛星放送」の情報が東欧民主化「革命」のツールであったように、今回もインターネットがツールとなって、アラブ世界の「ベルリンの壁崩壊」にまで、各国の人々の蜂起が突き進んでいくことを願う。

 
 今回、このような事態になっても、「陰謀説」の好きな人はいるもので、やれCIAの陰謀だとか何とか言い出している。まあ、どうでもいいといえばそれまでだが、それは、CIAは昔っからいる。今度も暗躍するだろう。軍部はもともと米軍ともしっかり結びついているし、軍指導部はそれこそCIAと昵懇だ。CIAは今も世界中で「活躍」しているのだ。でも、何でもかんでもかれらが「操る」通りに動くわけではない。今回も彼らの思惑や「想定」を超える事態が現出したのだ。別に「陰謀」でデモが組織されたわけではない。当たり前である。

 エジプトで「貧しい」といわれる大多数の人々の収入は1日2ドル以下だという。パン、小麦の値上げは死活問題である。チュニジアでも、これは当初抗議デモの直接の契機になった。こうした人々の怒りに火がついたらもうおさまらない。これは正当な「怒り」である。フランス革命だって、投機目的で小麦が備蓄され、パンの値上げがあって、「パンをよこせ」デモから始まったという。


                                               (写真はロイター)






スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/115-885fe9e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。