スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更に闘いは続く

2010. . 26
 ずっとフランスの年金改革反対の闘いをフォローしているのだが、驚くほどTVにも新聞にも報道がない。さすがに22日、改革法案が上院を通過したという小さな記事が翌日載ったが、2006年、CPEをつぶしたとき以来の多数の厚い支持を得た今回のストやデモについて、ほとんど報道されないのは何故だろう。中国のあちこちで散発的に起こる「半官製」反日デモよりも、よほど重要だと僕は思っているのだが。

 重要だと思う理由は簡単だ。この闘いが、「緊縮財政」という、金融危機のツケを一気に弱者や働く階級に押し付け、これまで何とか支えてきた社会福祉システムを根本的に破壊しようとする、政治権力と大資本の結束した動きに対して、言い換えればネオ・リベラル、新自由主義的「改革」に対して、はっきりとノーを突きつけて闘われているからである。
 従って、まったく同じ性格の闘いがつい先般スペインでも、最近では公務員45万人削減を宣言した連合政権に対して英国でも闘われているのである。

 フランスでの、サルコジ「年金改革」は、この間のデモやストを含む闘いの爆発によってその内実が国民全体に知られるようになり、現在の調査では国民の70%がストライキ支持(=年金改革反対)、55%がゼネストの必要性を認識しているといわれている。
 特に、年金支払いに要する就業年数の延長(37,5年から40年)を「定年延長」などとして、「平均寿命が伸びたのだからもっと働け」というキャンペーンに対しては怒りが湧き上がったようだ。だいたいヨーロッパではブルーカラーの平均寿命はホワイトカラーのそれより短いのが良く知られているし、失業を余儀なくされたものや、パート労働者(特に女性)にとっては、この就業年数の件はみずからの生存を直接脅かす「不公正」ととらえられている。今回、交通労働者や石油精製所の労働者の闘いが注目されているがけだし当然であろう。就職機会を奪われ、また将来の年金もあてにできなくなる高校生たちも闘いに起ちあがるのが当然だろう。日本ではなぜか、この年金支払い年齢の引き上げ、(年金需給に)必要な就業年数の長期化を「定年の延長」という側面からだけ単純にとらえ、「どうして反対するのか」となどと労働者を批判する人間がいるがとんでもないことである。年金支払いを遅くするのも、必要な就業年数を長くするのも、働く人間の当然の権利の実質的な収奪である。


                                   パリ、高校生10.21 
                                                           

 
 サルコジも、どこかの国の政府と同じで二言目には「国庫の赤字」を言う。だが、銀行には高額の援助金を惜しみなく注ぎ込み、高所得者は彼らに有利な税制改革で徹底的に優遇するという「ネオ・リベラル」政策、それもその強権的な進め方に対して、大きな怒りが噴き出しているのだ。
 この7月にも、今回の直接の担当相、ヴルト労働大臣のスキャンダルが暴露されたばかりであった。大蔵大臣と与党UMPの財政担当を兼務していた彼は、なんと自分の夫人をロレアルの大株主ベタンクール夫人に雇ってもらっていたのである。そのベタンクール夫人に対し、サルコジ政権は2007年の減税法によって3年間で1億ユーロの金を返済していたという。それでなくても収入の1%以下しか納税する必要の無い、富裕階級に手厚い優遇税制があってのうえのことである。このスキャンダルはサルコジ政権のあからさまな「カネと権力」の結びつきを暴露し、ネオ・リベラル、「新自由主義」改革なるものが、結局、富裕層を優遇し、弱者にツケをまわすだけのものであることを白日のもとにさらしたのである。
 今回の年金改革反対の闘いでも、このヴルトは散々叩かれている。だが、さらに激しく叩かれているのは、やはりサルコジ大統領本人、その強権的な政治手法である。
 まだまだこの大統領は強気で、冬季の休暇に入る前に闘いを終息させ、この問題にかたをつけたいようだ。

 CGTはじめ6大労組に「労働者の力」、「連帯」など全国の労働組合、そして学生、高校生たちは10月28日、11月6日の、第7波、第8波の全国のデモ、ストライキを宣言した。更に闘いは続く。

    ( 写真は10月21日、パリの高校生、ロイター。ロイターは今回、フランスの闘いの写真を沢山発表しているがみな大変できがよくて素晴らしい。またブログに使わせて頂く次第。)








スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/106-733d1e51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。