スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小人の大国

2010. . 27
 さて、何とか「小沢総理」は避けられた。その不潔感を世間はやはり許さなかったというべきだろう。もちろん菅総理が積極的に支持されたわけではない。「3ヶ月くらいで変えるべきではない」という、あるいは「いくらなんでも小沢は勘弁してくれ」という世論の消極的選択に民主党員たちは耳をかさないわけにはいかなかったのだろう。
 それにしても、やれ「剛腕」だとか「選挙に強い」とか神話を垂れ流してきたマスコミも、もうかばいようがないだろう。小沢の政治的影響力はこれでほぼなくなった、政治的に「死んだ」といえるだろう。一時も早く身を引いて欲しいものである。

 先日新聞でフランスの記事を読んで驚いた。「公共の場所でのブルカ、ニカブの禁止」とロマのキャンプの撤収、国外追放の話が同列に論じられているのだ。ともにイスラムなど、異教徒、異文化への排外主義であるとして、これを諌めるかのような口ぶりであった。
 これはとんでもない誤解である。以前、僕はこのブログに書いたが、ブルカ、ニカブの禁止は「ライシテ」(=政教分離)という共和国の知恵であり原則である。今回の「禁止」もこれを淵源としている。これも書いたが、ここでいう公共の場所、例えば公立の学校などでは十字架だっていけないのである。断じて排外主義ではない。むしろ、女性は顔を隠さなくてはならない、とか教育を受けてはいけない、とか、「音楽は人間を堕落させる」からCDを焼いてしまうとか主張するイスラム原理主義こそが、異文化を拒絶する排外主義なのである。ブルカ、ニカブの公共の場所での着用は明らかな女性差別である。だから、こちらの法案は9割以上の支持によって可決されたのである。別にサルコジの独断ではないのだ。それに対して、ロマの追放は明らかな差別であり、排外主義である。サルコジのやり過ぎに対して批判も多い。反対運動も様々な形で大衆的に組織されている。この2つを一緒くたにしてしまっては批判するべきことが見えなくなり、スタンスが混乱してしまう。差別、排外主義を批判するなら、公共の場所でのブルカ、ニカブの着用は禁止し、女性差別のイスラム原理主義に反対し、また、ロマ追放にも反対の意思表示をするというのが当然だろう。

 菅首相の夫人によれば、夫の菅は「どうしても首相の器にみえない」人間だそうである。ただし、見渡してみて他にも「首相の器」たる政治家は見当たらないとのこと。彼女によれば「首相」というイメージがしっくりしたのは吉田茂から中曽根までで、後はみんな「小粒」になってしまったというわけだ。みんなどうせ小粒なのだから菅でいいじゃないかという意味であればちょっと納得できないところもあるが、言いたいことはよくわかる。
 そしてさらに、政治や外交、世界を論評するマスコミのほうもずいぶんと「小粒」になってしまったのかもしれない。さきほどの、「一緒くた」の話も一応「社説」なのである。ほんのちょっと、バックグラウンドを調べればこんな論評にはならないはずである。

 
 まあ、政治家もジャーナリストも「小粒」のほうが、諸外国の指導者たちに安心していてもらうには良いのかもしれない。日本が経済的に豊かであるためには、本当はそれが一番という人もいて、実際に経済を支えている多くの国民は賢くそう考えているのかもしれない。



スポンサーサイト

comment

牧野弘幸
管理人様
 菅首相は「どうしても首相の器にみえない」「小粒」と称されてます。
 逆に言えば、絶対的な権力を握る可能性、独裁政治の可能性は殆ど無さそうです。
(菅首相も小沢一郎同様、小選挙区制指向&二大政党制指向が強いと言われてますが、菅グループに所属している議員の人数が少なく、国民新党・旧民社党グループ・松下政経塾グループ・公明党等の中選挙区制指向&多極化指向の強い集団の意向を聞かざるを得なくなります。
2010.09.29 21:55

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/102-3d8e6346
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。