スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党代表選

2010. . 06
 9月になっても暑い日が続く。
 どうもいよいよ僕たちは小沢総理が誕生するのを見なければならないのだろうか。
 民主党代表選は佳境に入ってきた。世論調査では数倍の差をつけて「菅のほうが総理にふさわしい」と出ているようだが、どうもただ「総理を3ヶ月で変えないほうがよい」というだけの、いわば「消極的支持」のようだ。もともと党の代表選であるから、世論は無関係ではないにせよ直接は影響しない。党員、特に国会議員の票を組織したほうが勝ち、代表になり、与党代表として総理になるわけだ。記者会見などでも「政治とカネ」の質問だけを集中し、ダーティな小沢を批判していたかのようだったマスコミも、ここへきて論調が少しずつ小沢支持に傾いてきているように僕にはみえる。世論も変わってくるのではないだろうか。要は、クリーンなイメージをもってはいるが、この3ヶ月間何にも出来ず、これからもたいしたことは出来そうに無い馬鹿で無能な菅よりも、ダーティであっても長い間政権与党の中枢にいて、それなりに「何かしてくれそうな」小沢のほうがましなのではないか、というわけだ。
 
 それにしてもひどいことになったものだ。ゾンビーのように復活してくる小沢についてはこのブログでも何度も書いてきた。今更いうまでもないが明確な政治信条などないただの「カネと権力の亡者」である。これまでの日本の政治を悪くしてきた金権政治の元凶、経世会を体現している男である。今回も菅を批判するに際して「さしあたって消費税は上げない」と言っているが、注意深く聴けば、「所得税減税・住民税減税」を主張し、逆に消費税は上げるつもりであることがわかる。小沢は自民党時代からこれだけは一貫して「消費税10%」論者なのである。「消費税なら、国民は買うか買わないか選べる」とずっと言ってきたのだ。普天間基地移設の問題についても鳩山、菅を表面的に批判しているが本人にもっともらしく言えるほどのアイデアや「腹案」などがあるわけではない。鳩山の悲喜劇を繰り返すだけであるのが目に見えている。
 だいたい彼が総理になったうえで、既に秘書3人が逮捕されている政治資金規正法違反で強制起訴されれば、僕たちは刑事被告人の総理を抱えることになるわけだ。その男が外交をやるのだから、僕たちはずいぶんと寛容なあるいは馬鹿な国民と諸外国から見られることになるだろう。本人にしても総理の激務をこなしながら法廷闘争を闘うことになる。ほんとうにそんなことで良いのだろうか。
 こんなゾンビー小沢を復活させてしまったのは勿論菅があまりにも情けないからだ。
 自らの権力維持の為財務省官僚の言いなりになり、法人税減税の穴埋めのための消費税増税を言い出し、参院選で負けて懲りたはずなのにまだ口を滑らせる。中学生のようなブレーンに何を吹き込まれたのか「1に雇用、2に雇用、3に雇用!」ときた。友人の長谷川氏がどこかで書いていたが彼の言う通りで雇用はとにかく「雇う」側の企業に体力がつかなければ生れない。逆はありえないのだ。「借金してまで人を雇い、結果として業績が伸びる」ことをこの不況下に誰が信じてやろうとするのか。だいたい自分が首相であったこの3ヶ月、何の経済対策も出せないでいて来月になると何故それが急に出来るようになってしまうといえるのか。この円高を背景に企業が生産拠点を海外にどんどん移しているのが連日報道されている。雇用の機会は減っているのだ。二言目には「介護だ、福祉だ」というのだが、そちらの情況にしてもここ数年ずっと変わっていないのだ。もちろんこの3ヶ月も変わらなかった。何故来月から急に変えられるなどといえるのか。急に雇用が生れるのか。
 結局、世論調査という漠然とした話の中では菅に「消極的支持」があっても、具体的な論戦になったら小沢のほうに分があり、党内の組織戦でも、早くから戦闘モードに入っていた小沢のほうが強いということなのだろう。

 と、いうわけでいよいよ小沢総理誕生を見せつけられることになるようだ。麻生とどっこいどっこいだろうか、海外へ行った時話題になると恥ずかしい。やはり、日本の元首は天皇と確定しなければおさまりがつかないということだろうか。






スポンサーサイト

comment

牧野弘幸
>今回も菅を批判するに際して「さしあたって消費税は上げない」と言っているが、注意深く聴けば、「所得税減税・住民税減税」を主張し、逆に消費税は上げるつもりであることがわかる。
>小沢は自民党時代からこれだけは一貫して「消費税10%」論者なのである。
>「消費税なら、国民は買うか買わないか選べる」とずっと言ってきたのだ。
 最大の問題点は「小沢一郎の政策は、新自由主義(新保守主義)政策では無い。」と勘違いしてる奴が多すぎること。
 「所得税減税・住民税減税」「消費税10%」の他にも、「農業自由化」「損保自由化」「ガソリン税暫定税率撤廃」「高速道路無料化」など、多数の新自由主義政策を主張しています。
 その上、政府紙幣発行に消極的だし、財政出動の多くも富裕層へのバラマキです。
 子ども手当は小宮山洋子(前原G)の提案だし、戸別所得保障制度は全く役に立っていません。
>価格保障と所得補償の充実、輸入自由化のストップで、農業の再生を(2010年4月27日(火)「しんぶん赤旗」 )
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-04-27/2010042708_01_0.html

>と、いうわけでいよいよ小沢総理誕生を見せつけられることになるようだ。
 国会議員票の行方は、小沢一郎の方が20人ほど上回っているものの、地方議員票、党員・サポーター票は、菅首相の方が大幅に上回っているようです。
 地方議員票、党員・サポーター票は、国会議員200人に相当するため、菅首相の方が再選される可能性が高いものの、万が一の事態も考えられます。
 投票権のある民主党支持者(党員・サポーター)は、菅首相の方に投票をお願いします。
(9月11日党本部必着のため、遅れないようにして下さい。)
2010.09.06 21:19
alexis
> コメントありがとうございます。
> 小沢評価、「新自由主義ではない」という勘違いの横行、おかしな話です。小生牧野さんに共感しています。
2010.09.07 10:09
牧野弘幸
管理人様
 大変遅くなりましたが、菅首相の方が再選されました。
 地方議員票、党員・サポーター票だけで無く、国会議員票でも菅首相がぴったし過半数の得票数を確保し、小沢一郎の得票数を多少上回りました。
 尖閣諸島の中国人船長の漁船衝突事件を初め様々な困難が待ち受けてますが、取り敢えず「小沢政権」と言う有事は回避されました。
2010.09.29 21:56

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alexisy1789.blog44.fc2.com/tb.php/100-b06ee659
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。