スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の政治

2015. . 15
 フランスで州議会選挙(地方選挙)があった。第1回目投票では、FN(国民戦線)が大変な躍進を見せて、かなりの州で第1党となった。
 あのイスラム国による無差別テロがあった後だけに、移民排斥やEU離脱を訴える極右(最近は、党首マリーヌ・ル・ペンは、暴言を吐き続ける父親を除名してソフト路線をとっているようだ。)が、人心を集めるのもやむをえないのか、と思った。が、2回目の決選投票では、FN候補者は全敗した。FNの躍進に危機意識を持った人々の投票、そしてなにより、与党・社会党のFN包囲網戦術の効果である。FNの強い、プロヴァンス・コート・ダジュール( 創設者ジャン・マリー・ル・ペンの孫、マリオンのいる選挙区)や北部の諸州 などで、社会党は自らの候補者をおろし、サルコジの共和党を中心とする右派連合への投票を呼び掛けたのだ。社会党は当然窮地に立たされる。だが、FNの躍進を抑えるにはそこまでしなければならない、という、これが「大人の政治」である。

      マリオン・マレシャル・ル・ペン

 
  翻って日本では、イデオロギー的には「保守」よりFNにむしろ近い安倍政権が大手を振っている。まさに「立憲主義の破壊」がおこなわれているのに、野党はまったく無力である。
 僕は日本共産党を支持しないが、「立憲主義を守る」の一点で、民主党他の野党に呼び掛けられた「国民連合政府」構想には賛成だ。願わくば、共産党自体が、そこまでいうのなら、従来の党派性を完全に打ち破り、リーダーを外部の有識者に依頼してほしいものだ。誰かがブログで小林節氏の名をあげていたが、それもいいと思う。ある種の「反ファッショ統一戦線」であり、幼稚で、「立憲主義など聞いたことがない」とまでいう政権に、ここまで好き放題にされていてはかなわない。日本でも「大人の政治」をみせてほしい。

 それにしても、イスラム国の無差別テロには怒りがわく。フランスだけではなく、世界のあちこちで同様のことを行い、さらに今後も予告している。「あれは本当のイスラム教ではない。」などという人やイスラム教徒は、ぜひ「本当のイスラム教」とやらを彼らに教育してやってほしいものだ。イスラム国が、そんな教育や「話し合い」などに応じるはずがないことは、実はみなわかっている。わかっていて「話し合い」を強調するのは欺瞞にほかならない。だから、オランドは「戦争」を宣言したし、アメリカもロシアもこの一点では、さまざまな思惑をはらみながらも協力せざるを得ない。戦争は「政治の継続」だから、これも「大人の政治」である。ことわっておくが、日本は違う。なんと言おうと日本国憲法がある以上、「この国は2度と戦争をしないと誓った」のだから、テロと治安の問題を戦争に持ち込むことは許されない。これは日本の世界にしめすべき「大人の政治」である。ついでに、今問題になっている韓国や中国にたいしても、お互いに「大人の政治・外交」でのぞんでほしいものだ。かつては優秀な外交官や官僚、度量の広い政治家がいて、多少なりともできたことが今はできないでいる。

 今、世の中はクリスマスの雰囲気でいっぱいである。先日朝日新聞で「アメリカでは気楽にメリー・クリスマスと言えない。」と書かれていた。キリスト教以外の信仰に対する配慮だそうだ。寛容なことだ。これなど「大人の配慮」とでもいうべきか。それに対して、イスラム教の側に、そのような「異教徒に対する寛容」あるいは配慮はあるのか、彼らにも「大人の政治」をのぞむものである。以前書いたが、キリスト教でも、イスラム教でも、あるいはまたマルクス主義でも、「原理主義」と名のつくものにろくなものはない。それが「大人の政治」とは正反対のものである。

 2015年、年末、大変な世界になった。僕自身、若いころは、「大人の政治」などと聞いたら、それは腐敗した政治を意味し、嫌っていたものだ。だが、現在の情勢をみつつ、自身も60を超え、「大人の政治」を期待するようになった。間違っていないと思う。みんなで大人になろう。


写真は、マリオン・マレシャル-ル・ペン (ロイター)









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。