スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税増税でなく、金融取引課税を

2013. . 20
 このブログをつけはじめて、もうすぐ、ちょうど5年になる。スタートは2008年10月、世にいう「リーマン・ショック」の直後であった。僕は、「金融工学なるものの崩壊」として、マネー資本主義の終焉、ギャンブルに走った金融機関の救済に各国の国民の税金を、それも巨額に使って穴埋めすることの理不尽を書いたと思う。で、もうこんなことは終わりにすべきだと。
 その後、日本でも、ヨーロッパでも、やれ財政危機だの、緊縮だのと語られ、弱者に負担が押し付けられようとするたびに、各国で怒りが巻き起こり、(日本人はどうもあまりわからないようだが、) むしろ、「広く、薄く」、ほんのわずかな「金融取引課税」をすぐやるべきだと提案され、僕も何度も書いてきた。
 EUは昨年から動き出した。もちろん、過去、危機のたびに、金融機関を各国が税金を投入して救済してきたことに対する納税者の怒りが背景にある。もうこんなことは終りにしよう、という声は、当然のごとく強い。色々と抵抗もあるようだが、それはいわば利害関係であり、想定内のはずだ。それから相変わらず、「納税者」、企業が国から出て行ってしまう、という議論があるようだ。確かにある程度国家同士がまとまってやらないとそういうこともあるかもしれない。でも、それでも出ていきたい会社、個人には出て行ってもらったらいい。こちらの、金融取引課税をする国の増加のスピードが早ければいいのだ。EU27ヶ国、しっかりやればいいだけの話。そのかわり、実施した国では生活しやすい。消費者、生活者は重税で金融機関を補填したりしないでいいのだから。もちろん、実体経済の担い手、経営者も働く人間も、工業、農業、商業、あらゆるサービスに従事するもの、みなHappy なはずである。

 
 さて日本で、民主党のバカたちが財務省に「コントロール」されて、対立していたはずの自民党・公明党と「合意」して決めてしまった消費税増税。社会保障に使うなどというのはもちろん嘘八百である。全部、昔と同じギャンブルに走った金融機関の、あるいは無駄遣いした官僚たちの借金の穴埋め。また、景気対策と称して、特に補正予算などはまたまた久しぶりに公共工事のオンパレードだ。自民党の族議員たちはこぞって予算の取り合いに張り切っている。TVに出てきたこうした連中が、「財源?そんなもの大丈夫だよ。」と見えを切る。消費税増税とは、こんな連中をのさばらせるだけなのだ。

 この5年の間に、いろいろなことがあった。「危機の5年」であったのだ。リーマンショックでギャンブル金融、肥大化しすぎたマネー資本主義が見直され、行き過ぎた「規制緩和」も見直され、「コントロール」されねばならないとあれだけ言われたにもかかわらず、マネー資本主義は政権の支援を受けますます跳梁跋扈している。地震という天災があり、原発事故という人災があり、放射能汚染水はいまだに垂れ流され、避難した住民はまだ仮設住宅から出られず、福島の被災地は荒れ果てていると聞く。だが、同時に、これらに怒る働く階級、市民にとっては、こんなバカげた構造をひっくり返すチャンスもあった。わずかながら変化の兆しも見えた。だが今年、また大昔の自民党の「利益誘導」政治へ戻ってしまった。その福島でも、こたびの選挙では原発推進の自民党が圧勝したのだ。まあ、民主党への怒りの深さがいかに深刻かがわかるということでもある。

 なんだか、5年前の教訓はまったく忘れられ、ついこの間の原発事故の悲劇も、早く忘れて、またまたバブルの景気のいい時代にしたいというような錯覚が世間を支配しているのではないだろうか。そんなこと、あるはずないだろう!
 
 

 安倍政権は、「先進国クラブ」メンバーへの生き残りをかけて、「原発汚染水問題」を封じ込め、オリンピック招致に賭けに出たようだ。事故処理関係の予算が400億、オリンピック予算は6000億以上だそうだ。話が逆だろうと思う。 一方、アメリカは中国の反応のほうを気にしているかもしれないのに、「集団的自衛権」だの、「憲法改正」だのと、周回遅れのランナーのようなことをやろうとする。それも、先進資本主義国としての命運を賭けた必死の動きだろう。ずいぶんピントはずれだと僕には思えるが。
 たぶん、このままだと、原発事故処理の問題を「棘」として、日本は経済も、カルチュアも「後進国」に脱落してゆく。この5年間を振り返って、落ち着いて考えたほうがよい。

 16日、朝日新聞社説が、思い出したようにこの「金融取引税」にふれた。消費税増税を前にして、タイムリーなつもりのようであるが、僕からすると、「もっと早く、(強く)言えよ!」である。マスコミ、特に新聞はいち早く消費税増税による財政再建を支持し、自分たちは「軽減税率」で助かるというシナリオでいたようだ。結局、今更ながら、政・官・財、そしてマスコミは働くものたちに敵対するグルなのだ。

 

 もう遅いのか、まだ遅くないのか、わからない。が、当たり前だが税金は消費税だけじゃない。何度でも言う。「金融取引課税」を。これはほんのわずかな率だ。例えばEUの提案は、株、債券取引に0,1%、デリバティブには0,01%の課税である。それだけでも、来年一年で300億ユーロ~350億ユーロ、つまり、3兆9,000億円~4兆5,000億円以上の税収を見込んでいるのだ。広く、薄く、大変な効果がある。みんな本当はわかっているのだ。それでもなかなか出来ないのは、当の金融機関がたったそれだけの率でも儲けが減るのを嫌がって、様々な理屈をつけて圧力をかけているからだ。

 5年前を教訓に、こんな時代は終わらせよう。















スポンサーサイト

O型、あるいは水瓶座の男子

2013. . 13

 

 書店で愉快な本を見つけた。気恥ずかしかったが、ほかの本と一緒につい買ってしまった。 玉木朗「ボク達の超B級アーカイブ」。
いやあ楽しい。著者はアメ横「るーふ」に勤めて販売をしていたそうだから、会っているかもしれない。というより、何回かは必ず顔を合わせているはずである。
 彼が居たという70年代半ば~80年代初め、僕は20代後半になる。大学を終え、雑誌のアルバイト、家庭教師のアルバイトを終え、まともな就職先など僕にはなかったが、なんとかサラリーマン生活を始めたころである。バブル前ではあるが、自分自身としては、それまでにない安定した収入を得るようになったわけだ。見かけによらず、ちょっとした着道楽であった僕は、この著者のいた「るーふ」、隣の「ミウラ」には、ちょこちょこ出かけた。好きだったアメリカンカジュアルの「本物」がそこにはあったからだ。で、この本にも書いてあるが、特に「ミウラ」は店の前に男の子が2人立っていて、「冷やかし」は許さない。商品を指定して、サイズを確認、試着したら必ず買うのが決まりというプレッシャーの中での買い物であった。それでも、この2つの店には、この本に出てくる服、靴は言うまでもなく、魅力的な商品が嫌というほどあった。
 
 
 もちろん、自分の好みというのがあるから、著者のこだわりと愛情はわかるが、本にあって僕が手を出さなかったものも多い。だが、出ているもので自分で買ったものは本当に愛用した懐かしい品ばかりだ。
 
 リバイス(リーバイスじゃないよ、僕たちの呼び方は。)の646.僕は紺のコーデュロイ、白ラベルのこれをずいぶん愛用した。ミウラの店員さんが、「うちのスタッフはみんな必ず持っています」と言ったのが殺し文句だった。当時、痩せていてウェストが細かったせいか、アメリカ直輸入のこのフレアしたパンツを裾あげしないで穿いたものだ。同じ紺色のスエードのKedsのスニーカーに合わせて穿いた写真がたくさん残っている。例えば78年夏の写真を見ると、上に英国製アレン・ソーリーの洗いざらしのポロシャツを着ている。これはその数年前、銀座のテイジンメンズショップで購入したものだった。(当時ジョン・スメドレーはまだ存在していなかった。というより、後にこのアレン・ソーリーがつぶれて、ジョン・スメドレーが、フルファッションという、身頃と袖のボーダーが綺麗につながるミシンを引き継いで、今に至るのだ。) 秋・冬にはチェックのネルのシャツにシェトランドのグレーのセーター、その上にFoxknappのチェックのCPO、本に出ている写真のと色違いのものだった。(少し前に姪にあげた。) 頭に紺のワッチキャップ。全部ミウラで買ったものだ。そのまんまアメ横ルックだったわけだ。 (ちなみに、その後、30代には、映画のウディ・アレンを見てから、スーツを着ないときは、ツイード・ジャケットとチノパンというスタイルになる。これはこれで懐かしい。今につながってくるようだ。初めて買ったラルフ・ローレンのシェトランドツイードのジャケットはとても軽く、対照的に、打ち込みの強いオックスフォードのシャツはしっとりと重かった。)
 
 だいたいが下町の子だから、買い物は主にアメ横と銀座が昔から身近だったのだ。(で、そのうちにミウラが銀座にお店を出す。これが現在のShipsというわけ。 ) 高校生、大学生のころ、アルバイト収入だけだったので、大した小遣いも無かった頃から、将来、どんな仕事であれ、スーツを着て働くサラリーマンになったとき、問題はスーツを脱いでカジュアルになった時の服だ と思っていた。当時はまだまだ、今のようではなかった。おじさんたちは、休日はひどい恰好をしていた。スーツを着ているとそれなりなのに、ひとたび脱ぐと、それはもう「カジュアル」などという概念はなかったのだろう。ほんとうにひどかった。だから、出かけるときはまじめな人は休日でも仕事用のスーツに着替えた。ゴルフウェアを得意げに来ているおじさんたちもいた。けっこう豊かな人たちでこんなものだった。ああはなりたくない と思っていたのだ。

 前にブログに書いたスコッチグレインのBass Weejunsの大きな写真が本に出てきたのもうれしかった。僕はこれをずっと履いた。履いた人は知ってると思うけど、Bassのローファーは履きこむと、袋縫いのつま先とソールがぱっくりと割れてくる。これをくっつけながら履いたりして長く履き、さらにやられてきたら、オールソール交換する。そういえばこの上に穿いていたLeeウェスタナーはこれもアメ横・守屋商店で買った。ここも「冷やかしお断り」のおじさんが(今も)いる。「なあに、ホワイトジーン?Leeのいいのがはいってるよ、ダブルステッチで。穿いてみな・・・。」という調子。これも愛用したが当時のLeeのサテンと呼ばれたホワイトジーンの生地は洗えばどんどん詰まっていった。4年位穿いて友人の奥さんにあげてしまった。
 

 
 この本を読んでいると著者が本当にこういうものに愛情を持っているのがわかって実に楽しい。
僕は当時、本に出てくるアロハシャツとか、ミッキーマウスのキャラクターのセーターなどにはさすがに興味はなかったが、ほとんどの商品は記憶にあるし、中の一部は今でも欲しいくらいだ。
 (今でも売っているものも多いが、著者も言うように、もうその頃と微妙にテイストが違ってしまった。Made in USA でなくなってしまったからだ。つまり、あの時代はもう帰ってこないし、もうあのアメ横ファッションはどれも手に入らないのだ。)

 もっとも、当時、欲しくても、それなりの価格だったのと、どうしても自分に似合わなかったので手を出さなかったものもある。Baracuta,G-9、これはなで肩の僕が着るといかにも貧相だったし、レイバンシューターに至っては借り物みたいでまるで漫画だった。とても欲しかった、ミウラの店頭でつやつや光っていたRed Wingのワークブーツは今と変わらない値段だった。ということは当時、国産の結構高級なスーツが一着買える値段だったのだ。

 思い出しているときりがないが、本を見てすぐ、昔の写真を眺めた。思いがけず、愉快な読書だった。

 
 まあ、衣食住、好きなものに囲まれて暮らせれば、人生はかなり幸福である。

 昔、女子たちと、「生まれ変わったら何になりたいか?」 というような、くだらない話をしたのを思いだした。僕は、実際、様々なコンプレックスを抱えながら生きているが、生まれ変わってもやっぱり自分が一番いいと、こういう時には思う。
 僕の家はサラリーマン家庭ではなかったので、高度成長期にあっても、自分で働くまではけっこうお金には苦労したものだ。 だから、というわけではないが、もうちょっとお金があって、欲しいものがすぐ手に入ったら、とか、ちょっとばかり背が高くてハンサムであれば、とか、軽く東大に入れる位、頭がよかったら、とか、何だかんだとつっつけば人間、欲はきりがない。 だが、そうだったらそうだったで、何か手ひどいしっぺ返しを食っていたかもしれない。妙な女に騙されていたかもしれない。人生はわからない。頭が良ければ良かったで、自分の性格で頭が良かったら、さぞ「嫌な奴」だっただろうと思う。あるいは、身体が大きく強かったら、妙な自信で、大けがをしたり、させたり、まかり間違えれば、人を殺していたかもしれないのだ。身体も頭も、まあまあそこそこ、お世辞にもハンサムとは言い難くても、結局今の自分でありえたことが一番Happyであったのだと思う。身の丈に合ったアメ横ファッションから何十年か、その後、スーツはオーダーするようになり、カジュアルもバブルを経て、数々の輸入ブランドに手をだし、もちろん手の届く範囲でではあるが、贅沢なお洒落にも、食事にも、それも海外での体験もプラスして、結構親しんできた。つまり自分なりに十分enjoyできたのだ。
 
 
 楽しいことだけ考えていたかったが、世の中はそうはいかず、自分なりに思いつめ、闘い、あるいは期待し、また、失望し、色々とあった。何とかやってきた仕事も、(もっとも僕は日本の普通の会社というのを知らないので比較のしようがないのだが)人並みの苦労も喜びもあった。でも、どんな時でも、私生活を大切にし、他人の人生を羨んだことは結局一度もない。
 

 女子に言わせると、これは、O型、あるいは水瓶座の特徴だそうだ。自分大好き。それでいい。この著者のように、好きなものに囲まれていれば、いつも満足できるはずである。
 今更、言うまでもないが、幸福の要諦は「足るを知る」にある。

 本当に、思いがけず、愉快で楽しい読書だった。 今度、思い出しついでに僕もいくつかこのブログに書いてみよう。















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。