スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポロ

2012. . 26
 前回、「富裕層」のことについて触れた。欧米の富裕層と言った時、僕がすぐイメージするのがポロだ。ラルフ・ローレンの衣料品ではない。そのブランドネームの元になったほうの競技だ。ちょうど、1月の今頃、例年サン・モリッツでは雪上のポロ、ワールド・カップが行われる。昨年の覇者はフランス。( どうも今年は天候により、氷が薄いため、26年の歴史で初めてキャンセルされるようだ。) いつも、スポンサーにはカルティエはじめ数々の名門ブランドが並び、真冬の屋外のスタンドには高価な毛皮と帽子で身を固めた女性たち、彼女達をエスコートするリッチな男達が座る。雪のグラウンドには、わかりやすく赤いボウルが飛び、ポロ・ポニーに跨ったプレーヤーがマレットでそれを追う。およそポロほど華やかなスポーツはないだろう。しかも、プレーヤーたちは7分のチャッカーごとにルール上馬を乗り換える。最低でも4頭の馬を普段から飼っていて試合に供するのだから、桁違いの金がかかる。要は、プレーヤーも、観客も、すべてが文字通りの「富裕層」で、それもかなり豊かであって、さらにビッグなスポンサーがついてはじめて成り立つ競技というわけだ。

           cartier-snow-polo 2011

 
 何といっても見栄えがするから、映画などでも富裕層のシンボルとして使われる。「グレート・ギャツビー」や「プリティ・ウーマン」を覚えている人も多いだろう。「記憶の鍵」というマニアックなのもあった。
 去年、ヨーロッパから帰ってくるとき、飛行機の中で「モンテ・カルロ」という軽い青春ドラマを観た。テキサスの田舎から憧れのパリへ来た主人公の女の子が、ヨーロッパの貴族の娘と瓜二つで間違えられて、モナコまで行って、彼女の替わりにポロをやる羽目になる。

      montecarlo.jpg

 観ていた本物の伯母さんが、彼女の乗馬スタイルがウェスタンで、姪のブリティッシュと違うので入れ替わっているのを見抜いてしまうという、なかなか凝ったオチもあった。

 まあ、とにかく、ポロは美しく、華やかで、映像で観ていても気分が良い。
 くだらない話だが、昔香港で、占い師に、僕は辰年で、馬と龍のモチーフが相性が良く縁起も良いと云われたことがある。以来、どこかにそのモチーフを置く。とはいっても、洋服や身につけるものに、馬のモチーフは嫌というほどあるが、龍はなかなかみつからない。ちなみに現在使っているこのPCのスクリーンも普段は季節ごとのポロ・シーンだ。

 一度、眼の前で本物をみてみたいと思っていたが、92年だったか93年だったか、日本でもポロのゲームがあって観に行ったことがある。。確か「第一回ドン・ペリニョンカップ」。主催者は毎年やるつもりのようなスピーチをしていたが、バブル崩壊の影響か一回だけで終わった。そのタイトルの通り、シャンパンの会社の主催だったのでさすがにシャンパンは飲めたが、売っている食べ物は海苔巻き弁当だけだったりした。船橋のあたりで開かれたのだが、会場もそれほど豊かな雰囲気にはなっていなかった。まあ、僕が行ったくらいだ。(笑) とにかくまったくインフラが整っていなかったわけだ。ただし、第2ピリオドのあと、観客がグラウンドに出て土をならしたり、尻尾を編みこんだポロ・ポニーにさわったりしつつプレーヤーたちと交流するという慣習は実行され、楽しめた。本物のポロの雰囲気の一端は味わったというわけだ。
 
 実は、スポーツとして考えたら、競技としてのポロはつまらない。走るのが馬だから、例えばボールが飛べば両チームのプレーヤーと馬が一斉にそちらへ走り、ラグビーでいう次々につながるパスとか、展開とか、ましてステップだとかはまったく不可能だからだ。ゲームの戦略・戦術も限られているのだろう。その意味では、ラグビーを観る方がずっと面白い。しかし、同じ理由で、つまり走るのが馬だから、スピードがあり、グラウンドが広い分、せいせいして気分は確かに良い。

 前回書いた通り、富裕層には、もっともっと贅沢にお金を使ってほしいものである。でも、日本でポロが普及する日が来る、というのは夢のまた夢か。 



                        cartier_polo.jpg          


 (写真 ; 上は昨年のカルティエ・スノウ・ポロ、ワールド・カップ、 中央は映画「モンテ・カルロ」のセレナ・ゴメス、下は以前のスノウ・ポロ)




 
スポンサーサイト

ラグジュアリー・タックスを

2012. . 26
 昨日、オバマ米大統領が、富裕層に増税、中間層を優遇とスピーチをしたそうだ。大統領選を控えて、共和党の候補者たちへしっかり対立軸を打ち出したというところだ。またコミュニストよばわりされるかもしれないが、そのリスクをもっても中間層の支持を得たいというストレートな表現であり、大統領になる前から、彼が積極的に訴えてきたことだ。
 
 去年、TVでみたが、英国でベントレーやアストンマーチンの注文が多くて出荷が追いつかない。工場は増員したそうだ。そういえば日本の街中でもよく見かけるようになった。逆に生産をやめたというマイバッハもしかりだ。言うまでもないが、どれもメルセデス何台分もに相当する高級車である。円高もあるだろうが、もちろんそれだけではない。日本の「富裕層」も増えているそうだ。これは先週読んだ週刊誌の受け売りだが、日本の富裕層が約174万世帯、アメリカの310万に次いで世界第2位とのこと。3位のドイツが92万というのだから,、日本のこの層の多さは当然大きなマーケットだろう。高級車だけでなく、機械式高級時計、宝飾品なども売れているようだ。
 (ちなみにここでいう「富裕層」がどの位のものなのか、気になっていたのだが、色々とみたところでは、大雑把に言って、自宅を除いた資産が一億以上あるというのが基準だそうだ。ここではフローの「年収」とかは別である。どうだろう。ストックから見て、ストック1億以上、年収5,000万以上としたらわかりやすいかも知れない。オバマ大統領が「増税する」と言っているほうのアメリカの富裕層は資産と関係なく年間所得100万ドル以上、今の計算で年収約7,700万円以上だ。)
 
 僕は昔から、例えば地方都市で生活必需品ともいえる小型自動車や、あるいは食料品、日用衣料などが、こうした高級外車や毛皮、宝飾などの高級衣料と同じ「消費税」率というのは根本的におかしいと思っている。「付加価値税」として、高付加価値のものには高い税率を適用するべきではないか。これはほんの少し前、英国などでは当たり前に行われていたラグジュアリー・タックスである。
 富裕な人々には多いに贅沢な消費をエンジョイして欲しい。そうしてもらわないと、経済は廻らないからだ。そしてしっかり税金も払って欲しい。豊かな人々にとって、この「付加価値税」などなんでもない、むしろステイタス・シンボルでもある。
 先日ブログに書いたが、ヨーロッパで富裕層の人々、名門企業のオーナーたちがこぞって「富裕層に増税」を訴えた。自分達への増税を訴えたのである。彼らは自分達が高い税の負担をしなければ財政規律も経済発展もないということをよく知っているのだ。弱者に重い税負担を強いようとする日本の政治家や官僚たちによく聞かせてやりたい。

 ところが、日本ではどうも「富裕層に増税」などというと、「貧しいものの僻み」などと言われる様である。それも当の「貧しい」者達からそう言われるのだ。「新自由主義」のイデオロギーはむしろ弱者のほうにいきわたっている。小泉政権時代、職安で「今は痛みに耐えなければいけない」とリストラされた失業者が語っていたというのが象徴的だ。
 
 今、消費税の話も、例えばこうした税率を品目で変えていく事や、食品などを非課税にすることなども、まったく検討されることもなく、強引にすすめられ、話はもっぱら、「公務員の給料を下げろ」とか、「老人が優遇されすぎている」とか、働くもの同士、乃至は世代間の対立にすり替えられていく。

 「公務員」や「老人」などひとくくりに出来るはずがない。公務員といえば普通の人が嫌がる仕事を引き受けている労働者も多いのだ。かつて旧大蔵省で「ノーパンしゃぶしゃぶ」に群がった連中、卑しい高級官僚たちと一緒くたに語られたらたまったものではないだろう。(勿論彼らの給料はしっかり下げるべきだ。)
 また、国会議員の歳費ももちろん下げるべきだ、数%などでなく2~3割は当然だと思う。彼らはここでいう「富裕層」ではないが不当な高額所得者だ。例えば、今はTVでお笑い芸人をやっている杉村太蔵という男がいるが、彼が小泉チルドレンとして北海道から国会に送り込まれてきたとき、その歳費はサルコジ大統領と変わらなかったという。フランスの議員よりも、乃至はアメリカの上院議員よりもそれは高い歳費なのだ。我々はずいぶんと高い税金でTVのお笑いタレントを育てたのだ。
 こんな連中に払ってやる税金は勿論下げるべきだが、「公務員」全体の収入はここのところずっと下がってきているというデータもある。当たり前だが一般的にしてはいけない。

 日本の政治家は対立軸をすり替えるキャンペーンだけは上手い。気をつけたほうが良い。敵は誰か、何が「不当」で誰が「不正」なのか。また、何処に、誰に課税、増税すべきなのか。

 日本でも富裕層に増税、消費税一律増税でなく、高級品にラグジュアリータックスを。「複雑で面倒」だなどというのは、富裕層を優遇し、弱者に税を押し付けておいて、やらないための姑息な言い訳に過ぎない。本当はシンプルなことなのだ。


 
 さて僕自身は、富裕層では勿論無いのだが、困ったことに贅沢な消費は大好きだ。そんなときにはちゃんと乗せられた税金を払えばいいと思う。どちらにしろ、ほんのたまのことだからだ。






 

2012年年始に

2012. . 13
 2012年、ちょっと遅れたが、年始のブログ。
 訪れて頂く人には、今年こそ良い年でありますように。
 今年は特に年始のごあいさつをおくりたいと思う。

 僕は年末年始というのもワンパターンで過ごすのだが、とにかく、振り返るにつけ、昨年は大変な年であった。それに対して、最も「政治」や「国家」の力が必要な時に、それらに携わる人間達が、まるで自分達とその周辺の利害しか頭になく、対応力を欠き、というよりも、社会の「弱いもの」を助けるのでなく、ますます痛めつけ、収奪し、自分達だけがカネ儲けしようという魂胆をさらけだしてしまった。嫌な年であった。

 そして、年始、ワンパターンで、TVでウィーンフィル・ニューイヤーコンサートを楽しみ、ラグビー大学選手権を観戦する。去年、圧勝して大阪市長になった橋下徹はどうもクラシックや能などの伝統芸能には敵意を持っているらしく、大阪のオーケストラやこれらの伝統芸能に対する補助金をほぼ全額カットしたそうだ。曰く「文化は行政が育てるものではない。」カットされたほうはたまらないだろう。だが、橋下は「圧勝」した。今の言葉は、この「圧勝」の後の発言ではない。つまり、大阪の多くの市民はカネに困っているのにオーケストラだの伝統芸能だのに税金を使ってくれるなと判断したのだ。大変だがここは何とかスポンサーを探し何よりファンを育てる努力をしなければならないだろう。今まで真摯にやってきたかどうか。よく考えて欲しい。僕は高校生の時からクラシックもジャズもレコードを聴いてきた。その時から気が着いたことがある。クラシックの世界では、日本の演奏家のライブを聴きに会場へ足を運ぶ層と、音楽が好きでレコードを聴き、集める層とがまったく別だという事だ。今はどうか知らない。結局、昔は、レコードでカラヤン―ベルリンフィルやポリーニ、アルゲリッチを聴いて楽しんでいる人は彼らが来日すればともかく、地方のオーケストラや日本のピアニストの演奏会には出かけようとしなかった。「別の世界」だったのである。どうも彼ら日本のクラシックの世界には独特のスノビズムとエリート意識があって、それはしっかり音楽を楽しんでいる人にはつまらないものに思えた。僕は橋下をまったく支持しないが、彼の「ポピュリズム」というのはここを突いたのだと思う。
 大学選手権準決勝、例年いっぱいの国立ががらがらだった。1万6千人の入場は少ないほうの「記録」だったそうだ。早・慶・明という人気校がそろって出られなかったからだという。外人選手を押し立てて、力技で点をとっていくプレイは豪快だが「卒業のある」学生ラグビーの華が無い。昨年、ワールドカップでフランスやニュージーランドの水準の高いラグビーを嫌と言うほど見せ付けられたからなおさらだ。花園の高校生のほうが面白かった。

 あいかわらず「不退転の決意」とやらで増税一直線の野田、財政を再建する、そのためには税収を増やす、経済を立て直す、大きな戦略目標が見えなくなり、財務省の利益とその傀儡、藤井や与謝野にすっかり洗脳されてしまった野田は、まるで「坂の上の雲」に登場した乃木のようだ。バルチック艦隊が来る前に旅順港のロシア艦隊を撃ち、来るべき日本海海戦の勝利を期す、そのために旅順港を見下ろせる203高地を占拠するという方針に背を向け、ただただ旅順要塞に正面攻撃を仕掛け続け、多大な犠牲者を出す。本来の目的を見失い、犠牲を考慮せず眼の前の攻撃目標に闇雲に突進する。そもそも「何のために」やるのだったかを忘れ、とにかく「増税」ありきで突っ走る。ものすごい「犠牲者」が出るだろう。税収を増やすためにやるつもりの「増税」のはずだろうが、この不況下では税収は減るに決まっているではないか。大きな目的が見えず、財務省とそのOBの利害のみ考え、彼らに洗脳され、とにかく「増税一直線」では昨年も書いたが、国民はさらに不況に苦しみ、収奪され、役人達ばかり越え太るだけだ。TPP,辺野古、原発再開とともにこの男が「不退転の決意」でやろうとしていることはすべて日本社会を根底から滅ぼしかねず、「働く階級」に敵対するおぞましいことばかりだ。

 小沢公判があった。「秘書にすべて任せていた」、「自分はまったく見ていなかった」 の繰りかえし。裁判戦術としてはそれでいいのだろう。だが、政治資金規正法の網の目をいかに潜り抜けたとしても、そして無罪になったとしても、億単位のカネの動きを見ていなかった、知らなかったでは政治家として失格だろう。まして献金したほうはしたと証言しているのだ。これは通常「賄賂」と呼ばれるカネである。だいたい「天下国家のことしか関心がない」とうそぶきつつどうしてそんなに不動産を買い漁るのか。「自分の蓄財が第一」小沢一郎と揶揄される所以である。
 この段階に来て、さすがに小沢擁護論や陰謀論もあまり聞かれなくなった。それはそうだろう。「陰謀論」者の話などきりがない。レーニンを封印列車でロシアに送り返したのはドイツである。だからロシア革命はロシアに混乱を起こそうとしたドイツの陰謀だ というのが彼らの「理屈」だからだ。 「陰謀」など大小あるに決まっている。だがそれで世の中が説明できるわけではないし、まして小沢の蓄財が正当化されるわけでもない。
 最近小沢は、増税反対を言ってみたり、先般大阪では民主党と対立した橋下に媚を売ったりして、影響力の凋落に歯止めををかけようと必死のようだ。だがなんとしてももう経世会のゾンビーともいうべきこの男には政治の世界から身を引いてもらわねばならない。

 民主党にはかなりの国民ががっかりさせられた。が、自公政権に戻ったらもっとひどいことになる、と多くの人が思っている。結果、橋下のような「既得権益に切り込む」姿勢を見せる政治家に人気が出る。僕が嫌なのは、反貧困、反原発、あるいは格差の解消を訴える人々までが、金融資本やグローバリズム、新自由主義という本当の敵を見失い、世代間対立や役人叩きに血道をあげ、「働く階級」内部での争いに誘導されつつあることだ。

 今年は、アメリカ大統領選、フランス大統領選、ロシア、中国、台湾、各国の指導者交替の年でもある。暴走する資本主義に未来は無い。
 僕はのんびりTVを観たり音楽を聴いたりしていたいのだが、どうもなかなか世の中がそうさせてくれない。



 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。