スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加納明弘と高橋公

2010. . 31
 暑い夏の日が続く。この間、かつての全共闘活動家による本が、2冊続けて出版された。
 「団塊の世代」が、酒場などでよく語っている、嘘八百の話ではない。この2人は本物の全共闘活動家であった。だいたいこの団塊の世代を「全共闘世代」などという馬鹿がいるがとんでもない話で、当時の大学進学率が15%前後、そして大学にあって何らかの形でセクト、ノンセクトを問わず活動に関わったものはずっと少なくて、運動のさかんな大学であってもその10%位、ふつうは5%以下だっただろう。この辺がいわば60年安保闘争の「全学連」とのちがいで、良くも悪くも「全共闘」の限界でもあったのである。前にも書いたが、69年、9・5の全国全共闘結成集会で全国から日比谷野音に集まった2万5千人というのを目安として団塊の世代の人数と対比して考えてみればよくわかる。間違っても全共闘の活動家は世代を代表してなどはいない。ゆえに、普通に大学を卒業し、普通に就職し、酒場で昔の「活動」の話などしている連中のほとんどはどうしようもない「嘘つき」ということになる。そんなに沢山活動家がいたはずもないし、また、いつまで活動を続けたかを別にしても、そんなに表立って云える話ばかりではなかったはずだからである。
 本当に「闘った」人間はとにかくずっと「語りたがらなかった」のだ。彼らが還暦を過ぎ、また現在の世界や日本の情況を考え、思うところがあったのだろうか、やっと「語り始めた」という意味で、この2冊の本は実に貴重である。
 
 一昨年だったか、「遠くまで行くんだ・・・」が復刊されたが、この2人はそのリーダーであった小野田襄二の影響下にあった活動家である。加納氏は三派全学連、中核派で活動し、離れ、ノンセクトで東大全共闘、駒場共闘で闘い、大学は中退する。本書は、最近の「百年に一度の危機」という時代にあい、また本人に癌が発見され、ご子息との対話というかたちで彼の活動家としての経験、思想を語ったものである。高橋氏は当初は民青だったようだが、はじめからノンセクトの活動家として早大全共闘、反戦連合の中心にいた。その後、大学は中退、後に自治労、連合で労働運動に関わってゆく。著作ではそこでの様々な出会い、思いも語られている。
 勿論僕はまったく2人を直接知らないが、高校時代から、「遠くまで行くんだ・・・」を読み、かなり感激したほうなのでこの人たちの無党派、全共闘運動へのこだわりはよくわかる気がする。 2人とも権力、当局とはもとより、セクトとも相当タフに闘ったようだ。ことに高橋氏のほうはあの革マル派の拠点・早稲田にあってノンセクトの部隊を組織したのだから大変だった。本には権力との闘いというより、革マル派との闘い、同派から受けたテロ、リンチのことが怒りを込めて何度も取り上げられる。学内の運動を、あるいは学生の思想を、テロ、リンチを駆使した暴力で統制しようとするセクトの「革命運動」などナチスと変わらない。こうした集団が小権力でも握ったらそれこそファシズム、スターリニズム同様のとんでもない恐怖政治が敷かれるわけだ。
 本の中で加納氏が語っている通り、全共闘運動は当初三派全学連のセクトが作りあげた。だがそれ以外の学生も結集するようになり、マルクス主義とも別の、広がりを持った思想を持つようになった。ここで加納氏自身は所属していた組織を離れ、ノンセクトの活動家として駒場共闘のリーダーとなったようだ。このあたりも70年代になると考えにくい展開である。組織を離れたものがノンセクトとして同じ学内で活動するのを組織が絶対に許さないだろうからである。当時はまだ党派のほうも多少おおらかだったのと、全共闘運動がセクトを圧倒するそれなりのパワーをもっていたこと、あるいは加納氏個人が相当タフだったこと、それらが重なっていたのだろう。この加納氏はその名のままで「遠くまで行くんだ・・・」に文章を寄せているので僕は名前だけは知っていた。彼は46年生まれ、新左翼運動の中では、世代的に三派世代のほうにはいるようだ。
 それに対して、高橋氏は47年生まれ、セクトも三派もなくはじめから全共闘である。本での語り口がこの1年の差、三派と全共闘の差になっているように僕には感じられ、興味深かった。

 先般、小熊英二「1968」で語られたとおり、彼らの叛乱、闘いの思想は、これらの本を読んでも既製の「システム」への異議申し立て、「現代的不幸」への叛乱であった。思想としては、身びいきのようだが最高のものだった。だが、これも「1968」にあった通り、最後まで、50年代に形成されたセクトの、古いマルクス主義のパラダイムにとらわれた言葉でしか自らを語ることが出来なかった。「遠くまで行くんだ・・・」はそこからのいわば「脱出」の試みだったのだろう。

 それにしても、加納明弘、高橋公、ともに読んでなんとさわやかなことだろう。例えば同じ世代の政治家が団塊といわれるだけあって自民党にも民主党にもそれこそごろごろといるわけだが、人生経験、政治経験の重みはもちろんのこと、思想の水準、知性、教養、この2人とはまったく「レベルが違う」ように思う。加納氏は歴史認識、世界認識を本の中で語っているが、賛否はあるだろうが考え抜かれた結果であり、高い水準である。
 今、僕たちはやはり同世代の菅とゾンビーのような小沢との不毛な対立を見せ付けられ、これも同じ世代の鳩山が軽井沢の別荘から都内から、2人の間をちょろちょろと動き、「調整」しているのまで見せ付けられている。高橋氏のほうは菅も鳩山も知っているようだが、さぞ情けない思いだろう。それにつけても、連日メディアに登場するこの「団塊の世代」の政治家たちの無内容、破廉恥ぶりはどうか。
 同世代の人間であって、この圧倒的な人間的力の差はどこから来るのか。それは、これら薄汚い政治家たちと違い、加納氏も高橋氏も人生にあって金や権力にずっと恬淡としているからである。だから本を読んでさわやかに感じるのである。 


 僕はこういう「本当に闘った」人たちにそろそろ重い口を開いてもっと体験を語って欲しいと思う。(高橋氏は85年に「プロジェクト猪」で「全共闘白書」をまとめた。)とにかく団塊の世代は人数が多くて、このままではくだらない政治家や企業人に語られるままである。団塊の世代など所詮そんなものかと後の世代は思うだろう。少数ではあっても本物の思想に触れた人々の話しが聴けなければ寂しいではないか。

 







  
スポンサーサイト

元「市民運動家」の権力欲

2010. . 02
 辻元清美が社民党を離党したそうだ。色々と云われている。それでなくても少数政党で今回の参院選で保坂展人の1議席も失った現在の社民党には打撃だろう。かつて秘書給与問題で国会でも追及され議員辞職した際に、「議員は辞めても党は辞めない」と云った辻元である。辞めるには大きな理由がある。本人も云っている「選挙区の事情」ということだ。つまり民主党と協力しなければ議員でいられない、(民主党候補を立てられたら自分は負ける)という事情である。もうひとつはこれも本人が言っている「政権の側にいなければ何も出来ない」、つまり普天間移設問題で連立を離脱した社民党との方針の違い、言い換えれば政権への未練が捨てきれないというわけだ。副大臣を辞める時は涙を見せて、改憲論者の前原大臣と抱き合っていたのだから相当な未練だったのだろう。 つまり、こういう人にとっては例えば「護憲」とか「米軍基地辺野古移転反対」という自分が掲げてきた政治理念よりも「大臣の椅子」のほうが頭の中で優先しているのである。
 まったくひどいものだ。だいたい、「護憲」をいい、少数政党にいたからこそ、国会で発言の場も与えられ、それなりに「目立つ」こともできたのではないか。ただの「権力志向」で民主党などのほかの政治家と同じ土俵に立ったら、もっと優秀で本気で国家や社会のことを考えている政治家は沢山いるのだ。何を思い上がって勘違いしているのだろう。

 消費税増税発言で参院選敗北の道を開き、いやにおとなしくなった菅が議員定数削減を声高に叫び始めた。どうやら「みんなの党」などに悪乗りし「公務員叩き」で「身を切る」アリバイを作りたいらしい。だが、これはとんでもないことである。「身を切る」のなら現在言われている歳費「日割り」支給、あるいは歳費そのものの削減が先である。だいたい議員の定数が先進国の中で日本がそれほど「多すぎる」のか?
(ちなみに人口100万人当たりの下院議員の数は、日本3,98、英国11,21、イタリー10,98、フランス9,9、ドイツ8,01、アメリカ1,62だそうである。アメリカだけが確かに日本より少ない。だが他の先進諸国と比較したら日本はむしろ少ない。)
 周知のようにアメリカ合衆国は民主・共和の2大政党制である。この「アメリカ並み」定数削減は、2大政党制をよしとする小沢・鳩山が昨年衆院選前から主張していたことだ。それも小沢ははっきりと一貫して「比例区の」定数削減を主張し続けてきた。いうまでもないが、小政党の議席を奪い、叩き潰したいのである。
 僕は何度か書いたが、90年代、この小沢たちは小選挙区制導入を「政治改革」と称して、反対するものに「守旧派」のレッテルを貼り、旧田中派の仲間割れにオール自民党、いや他党まで巻き込み、立花隆に「ちゃんちゃらおかしい」とまでいわれた「羽田新党」まで作って自民党を割った。その頃、60年代からずっと「小選挙区制」に反対してきたはずのマスコミも、このときは「政治改革」という言葉の故か、彼らの動きを支持し、宮沢内閣は倒れた。この「小選挙区制」も「議員定数削減」も、もちろんすべて小沢たちの「自分たちが権力を握るのに」だけ都合の良い制度である。地方を小選挙区に分け、地元の影響力で議席を競う、「1票の格差」は大きくなり、大きな政党とその党員候補ばかり有利になる。「政党助成金」というおまけまでつけた。このとき、「小選挙区・比例代表併用」を主張した社会党も比例のほうの定数を少なくしてしまい後の命取りになった。
 菅は消費税増税で財務省に媚びを売り、定数削減で小沢・鳩山に媚を売り、何としても権力の座を維持したいようだ。
 彼の頭には「国民」はないのだろうか。
 普天間基地移設問題でも「(鳩山の)日米合意にそって」と平然と言ってのけた。沖縄県民のこともはじめから頭に無いようだ。

 辻元はNPO(ピースボート代表)をやっていたそうだ。菅は市民運動をやっていたそうだ。僕はこの2人に共通する強い権力欲、上昇志向を感じる。本当はただ「偉く」なりたいだけなのではないか。 こういう人たちは表面的にはそれなりの「政治理念」を掲げていてもそれが権力志向の「手段」にすぎないのではないか、と思えてしまう。だから、「手段」にすぎないから、「現実主義」などとうそぶきつつ、いとも簡単に掲げていた理想や理念を平然とふり棄てる。
 僕は70年代初期、いくつか「市民運動」の人々ともあった事がある。「善意の」活動家や知識人もいたが、だいたいはあまり思想的バックグラウンドを感じられず、ただ小権力をもって「事務局」などでのさばっている官僚的な幹部がいた。こうした人々は運動が本格的になると関係なくなってしまう。自分の「小権力」など吹っ飛んでしまうからだ。三里塚闘争などまさに大きな「住民運動」であったが、そんな「市民運動官僚」の入る余地はすでに無かったと思う。相模原では本当に「戦車を止める」運動が始まった時、そんな官僚たちはどこかへ消えてしまった。 彼らがのさばるのは彼らの「小権力」を許し、適度にゆるい「運動」のかたちだけある集団だけである。
 もっともらしく「リベラル」や「左翼」の仮面をかぶり、その実は権力志向だけでまったくの無思想・無定見。こういう人々は本当に危険である。

 本当の「働く階級の団結」には、この種の「市民運動官僚」の権力欲が決定的に敵対してくる。
 大げさなようだが、パリ・コミューンを「血の週間」で圧殺したのは帝政でもプロシャ軍でもなく3色旗を掲げた共和国軍隊であった。ドイツでスパルタクス・ブントの蜂起を圧殺し、ローザ・ルクセンブルクを虐殺して運河に捨てたのは帝国軍隊ではなく第1次大戦後権力の座にあった社民党政権である。スペイン革命を圧殺したのは一方ではフランコ独裁政権であるがもう一方はスターリニストに組織された共産党とその軍団である。

 まあ、菅や辻元に対してそこまでどうこう言う気はなかった。
 ただし、僕たちは警戒していなければいけないというのも確かであろう。ようく監視し、見極めようではないか。

 それにしても、暑い夏である。





 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。