スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャ・ゼネストへ

2010. . 19

 誕生日を過ぎた。いよいよ60に近くなってきたのでその後の人生を考えることも多くなった。「年金定期便」などというものも送られてきた。以前にくらべればたいしたものである。僕は、転職することが多かったので、それこそ昔の「未納期間」もあるし、綺麗にまとまった表にはなっていない。しかし、ずっとそれなりの外資系の会社のマネージャーだったのでそこそこの金額を納めてきたようだ。だから60から、あるいは65から、今度はもらう側になるわけだが、どうやら人並みにはもらえそうだ。

 これが例えば払ってきた金額を考えた時、もっとずっと低いものだったら、あるいは突然、寸前に減額されたら、また支払いを遅らされたら、さぞ腹の立つことだろう。公的年金は医療保険とともに近代的国家の生活の基本である。

 さて、この2月10日、この生活の基本に、年金と給与に手をつけられようとしているギリシャの公務員がストライキに起ち上がった。75万人を擁するギリシャ公務員連合、ADEDYである。スト参加者は45万人と報道されたから相当なものである。さらに、24日には一般労働者を組織するギリシャ労働総同盟、GSEEによるゼネストも予定されている。こちらは200万人を擁する大組織だ。半数の100万人は参加するだろう。それに今回のADEDYの45万人が合流するとされているから、昨年秋に誕生したばかりの新政権を揺さぶる大きな闘いである。ギリシャ全人口(1,071万)の1割近い人々によるゼネスト決起である。
 リーダーの発言は勿論共感できるものだ。前政権の責任とはいえ、今日の財政危機を招いたのは永年にわたる企業への低利融資、減税、富裕層優遇によるものであり、そのつけを労働者にまわすのは間違いだという、しごくまっとうな主張である。だからこそ、多数の労働者の闘いへの決起をもたらしているのだ。

 

                                     

                                                 ギリシャ

                                     
 
 そもそも、今回のギリシャの財政危機が表面化したのは、前政権が金融機関とタッグを組んで隠していた財政赤字を新政権が12,7%にのぼることを明らかにしたからだ。(前政権は数字を操作し、3,7%と発表していた。)
 ウォール街に本社のある「格付け機関」はみなギリシャ国債の格付けを下げた。フィッチはギリシャの赤字はGDPの130%に及ぶと予測した。
 だいたい、2007年、2008年の例のサブプライム・ローン危機やリーマンブラザースの破綻をまったく予測できなかったこれらの「格付け機関」なるものが一国の「危機」を論じているのも不愉快だが、問題なのはその「意図」だ。これらの国家の「危機」の予測によって、当然ながらギリシャ国債の金利は上がり、(その時点で6%までといわれた。)また、このギリシャ国債を含む、というか巧みにリパッケージして販売された「デリバティヴ」、CDSは高騰したのである。さらに、銀行は国債の買い手が見つからないギリシャにさらに高い金利で金を貸すために、「ギリシャの財政危機」を煽り立てるキャンペーンまで展開したのである。
 
 主に動いたのは、つい先ごろ、国家の資金投入によって、つまり国民の税金によって破綻を免れたにもかかわらず、破格の高額ボーナスを出して批判されたゴルドマン・サックスである。ギリシャ前政権と結託して裏で動いて、国家の危機をも利用して荒稼ぎしたのだ。
 「ゴルドマン・サックスがギリシャのために引き受けた10件の債権発行のうち少なくとも6件については、目論見書にスワップ契約についての言及は無かった。同社は2002年、ギリシャがスワップ契約を通じて10億ドルの資金を調達するのを手助けしたが、EU監督当局は最近までこれについて何も承知していなかったと説明している。」(bloomberg)
 つまり、ゴルドマン・サックスはギリシャ国債を引き受け、金利スワップ等でこれをリパッケージして販売し、高騰させて売り抜き、購入した投資家がリスクを負い、ギリシャは不当な高金利でだぶついた現金を借り入れたのだ。

 演出者はゴルドマン・サックスと前政権、だまされて金を奪われたのは、一部の投資家と、なんといってもギリシャの国民である。仕掛けた投資銀行は何億ドルもの報酬を得ることが出来たはずだ。

 まったく、「そこまでやるか」であるが、本当に「何でもあり」で法の網の目をかいくぐり、経済危機によって弱っている国家、地方自治体、企業などをねらう、それが彼らの正体である。まさに、「サブプライム・ローン」、弱者の住宅ローンが返済不能になるのを見越して、組み込んだ金融商品を高い金利で売りぬいていったときと同じ手口である。

 これら、アナーキーな「新自由主義」の跋扈は、結局「市場が永遠に拡大する」ことを前提にしたただひたすらの利潤追求である。それは、なんら利潤をえていないものまでをも巻き込んだ自己破壊にまで突き進むだろう。「規制緩和」ではなく、まさに政治の力による「規制」が必要な所以である。

 
 僕は、財政赤字に苦しみ、EUと国民の板ばさみにあっているパパンドレウに同情する。だが、その新政権による財政引き締め、給与の凍結、人員削減などに抗して闘うギリシャの労働者たちを、無力ながら心から支持している。
 財政赤字を隠したのは前政権であり、危機以前にあまっていた現金を投入したのは金融機関である。パパンドレウ現政権にも、まして今回生活防衛に起ち上がった公務員・労働者にも、何の責任も無い。

 金儲けのためのギャンブルで、リスクを負うようで、実際には負っていない、儲かったら巨額のボーナス、損失が出そうになったら、税金、あるいは働く人間の減給、首切りで埋めようという、こんなことをいつまでも許すほうが間違っているのだ。
 先般のオバマの発言ではないが、この数年以上にわたる減税分、優遇分を返済させればよいのだ。

 2008年のストライキ闘争のときにも、ギリシャ労働者のスローガンには、明確に「資本主義の打倒」がかかげられた。
 今回のゼネストも、ヨーロッパ全体に、特に、EUの弱い環、「地中海クラブ」乃至はPIGSと呼ばれる、スペイン、ポルトガル、イタリーなどに影響を与えずにはおかないだろう。これらの国々も財政赤字で苦しんでいる。今回のギリシャのゼネストが成功すれば、各国政府は安易な「財政引き締め」とか労働者への増税、減給などの措置が出来なくなるはずだ。

 同時に、「経済危機」自体は、例えばギリシャが債務不履行・デフォルトともなれば、貸し込んでいるEU各国はもとより、アメリカ、日本にも影響が出るのは必須だろう。だからこそ今、EUはギリシャ救済に原則を曲げて乗り出し、世界は注目している。

 この「危機」はどうしたら乗り越えられるのか。これまでのような労働者につけをまわすだけの「引き締め」などによっては解決しない。

 「働く階級」の団結とその闘いによって、金融機関の暴走に国際的に歯止めをかけ、課税し、「金を返して」もらおう。私利私欲で金融機関と結託して税金を掠め取って荒稼ぎした政治家などは、その悪行を暴き、追及し、逮捕しよう。

 強欲な「資本主義」も決して永遠のものではない。その限界を露呈し始めた今、資本主義を救済するのでなく、資本主義を打倒するのだけが、働く階級が未来を獲得する唯一の道である。



 寒い日の続く、誕生日を迎えたこの2月、世の中の動きから眼が離せない。











 


 











 
 
 

スポンサーサイト

だいぶおくれて、新年はじめに

2010. . 02
 いやはや、やっとPCに向かうことが出来た。本来は暇である筈の年末年始、今年はなかなか忙しく、特にこの1月にアーティストが来日し、昨日、成田に送った次第。ずっとブログも書かずにいた。
 そこで通常なら何らかの新年の思いとか、僕は2月が誕生日だから、2月になればなったで、そうした歳を重ねた思いとかを改めて書きたいのだが、どうもそれどころではないようだ。

 結局、昨年から引きずったままの小沢の問題で年始~2月を迎えてしまった。
 僕は、何回も何回もこのブログに書いてきたから、「言わないことじゃない」という気分だが、どうして民主党は早く小沢を切れないのだろう。「豪腕」だとか「選挙に強い」とか、これも何度も書いたがすべて神話であり錯覚である。今回も現れているように、田中派から経世会にいたる金権体質を無反省に引き継いでいることがこの男のすべてなのだ。
 先般、天皇の海外高官との会見を「国事行為」と言い、強引に進めたときの会見でも、今回、検察の動きに対して、「民主主義の危機」と言ったりしているのをみても、この男の「憲法」や「民主主義」に対する考えが根本的におかしいのだ。前者では、そもそもこの程度のことで「日本国憲法」を持ち出すことのほうがおかしいのである。後者でも、この男はいつも、多数を握って政権に就いたらそれが絶対でそれにすべて従うべきであるという。どうしようもなく浅薄な憲法理解、民主主義理解である。
 これも何度も書いてきたが、つまりこの男に一定の政治理念、思想など無いのだ。ただただおのれの利権の追及あるのみである。だから、自分に都合の良い選挙制度にすることを「政治改革」などと称して推し進め、とにかく選挙区で多数をとって、さらに政権党の中の多数派閥を握って、何でも思いのままに出来る権力を行使する、それがこの男の「民主主義」であり、利権獲得の方法なのだ。これもいうまでもないが、ゼネコンと結託して掠め取ってゆくその「利権」とは、もともと国民の税金である。金をそうして荒稼ぎして、さらにその金で権力を握ってゆく、これが金権政治である。この男はそのために、その場その場で適当な「政治的」言葉を使い分けているだけなのだ。だから自民党時代に培ったこの政治体質をそのままに出来る政党を求めて、作ったり壊したり、今回は民主党に入ったりしているのだ。

 今回、開き直って検察との対決姿勢をとっている。もともと「みんなやっているのに、何故田中のおやじだけ狙い撃ちにされるのか」などといって、田中派~経世会で何世代かにわたって検察とは宿敵である。さすがに今度は少し弱気になっているように見えるが、年齢、体力の衰えからくるもので、反省しているわけではない。
 昨日、会見があったが、「想定してはいないが、自分自身の刑事訴追があったら重大な責任問題だ」などといっていた。まったくもっともらしくこんなことを言っているこの男もひどいが、これをただ聞いているマスコミもひどいものである。重大なのは当たり前ではないか。さらに「そうならば責任をとって幹事長を辞める」と言っている。責任を取るならば、常識的には国会議員を辞めてもらわなければ困る。
 政治家は法のラインぎりぎりのところで、つかまりさえしなければ利権のために何をしても良いわけではない。その法の淵源、立法の精神を考え、何をして良いか、何をしてならないかを判断するべきなのである。それを自ら律することの出来ないものに対しては、党組織はそれを監視し、今回のような場合は、党総裁である鳩山は断固として小沢を切ることによって、政党の「自浄能力」を示すべきなのである。どうやら無理のようだが。

 今回もまた、小沢をかばい、「検察のリーク」だとか、「国策捜査」などと言い立てる人もいる。もちろん検察が絶対なのではない。だが、自民党幹事長の頃、「コンチクショー」(金丸・竹下・小沢)といわれた時代からずっとこの男をみてきたはずなのが、今回にいたって、まだこの小沢という政治家をかばう神経が僕にはわからない。

 
 新年早々から、まったくつまらない男のことで、いやになってしまうが、とりあえずこのあと、2月4日にどういう動きになるか、眼が離せない。

 
 そして、まだこの小沢をかばっている一人が総理の鳩山である。この男もまた、まったく羞恥心というものの無い、どうしようもない男だ。
 先日、演説でなんとガンジーを引いた。大罪としての「労働なき冨」のくだりでは、さすがに「お前のことだろう」と野次が飛んだ。確かに、これも何度もこのブログに書いてきたが、「金で金を儲ける」だけのことに対しては、僕は「悪」だなどとは言わないが、ただもっと課税すればよいと思う。
 それにしても鳩山がガンジーとは、
 昔、あべ静江というつまらないひょいと出の歌手がいた。「どんな歌手になりたいですか?」と聴かれて答えたものだ、「あのう、エディット・ピアフ?」インタビューアーを含め、その場にいたもの皆が凍りついた。ある男性タレントは、「はあ、ピラフは美味しいですね、」などと茶化して笑わせ、何とか場を保っていた。
 まあこれに近い。鳩山には羞恥心、恥ずかしいと感じる神経が決定的に不足しているのだろう。だから平気で「愛」だ、「いのち」だと軽々しく口にする。


 小沢も鳩山も、この連中は皆根本的に勘違いしている。政権交代できたのは、民主党が積極的に支持されたからではない。まして小沢が支持されたわけでは断じてない。
 国民はただただ、麻生と自民党に嫌気がさしていたのだ。いわば消極的選択である。ゆめゆめのぼせないで欲しい。

 それらをよく考え、謙虚であれ、そして、金権政治の元凶、旧経世会勢力を解体、排除せよ、そうすれば少しは見直されるだろう。
 僕も、昨年の政権交代自体は歓迎しているものである。「民主党など、どうせだめだ」というのは簡単だが、「でも」「どうせ」「だって」などと、それこそ駄目OLの繰り言みたいなことを言っていても始まらないではないか。
 ただし、何はともあれ、小沢と経世会だけは論外である。

















 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。