スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新大統領誕生

2008. . 05

 なんとも大差をつけて民主党オバマ新大統領が誕生することになった。100万人を集めた勝利宣言は感動的であったようだ。人種、経験、資金、知名度などいくつものハンディをはねとばしての圧勝である。当然であろう。

 とりあえず 8年間続いたブッシュ共和党政権へのNOが突きつけられたのだ。特に、今回のサブプライム危機に発した金融恐慌とその解決方針の提示は大きかったと思われる。彼は約束したのだ。95%の勤労所帯への減税と、そして高額所得者への増税を。特に、この間のブッシュ政権が露骨に高額所得者を優遇し、金融界などに対して、手厚く、徹底的に減税してきた事に対する、「普通の」働く階層、貧しい階層の怒りが深まっていた。彼はこうも言ったのだ。「彼らに(8年間の減税分を)返してもらおう!」よく考えてみれば彼の勝利は、金融恐慌があきらかになったときから、そしてそれに対する現政権の対応が見えたときから約束されていたのかもしれない。

 

 まったく、前にも書いたが、どこかの国の政治指導者達にも、こういうところこそ見習ってほしいものである。オバマはスピーチが物凄く上手いが、上滑りでなく、内容があるので心に響くのだ。そして、よく現実を分析した上でなおまっすぐに理想を語る姿には確かに感動させられる。一方、日本では、共和党政権のときにやたらと忠誠を示してきて、戦争協力までも惜しまず、金融政策などはほとんどアメリカ金融資本への売り渡しか、投機お勧め減税しかなかった人々が、今度は「ジャパン・パッシング」や「保護主義」が心配だなどと言い出した。理想どころか、思想・哲学もプライドのひとかけらもない。困ったものだ。

 

 いずれにせよ、来年1月20日の就任演説から、しばらくまた合衆国から眼が離せない日が続く。前回ではないが、これについてもまた全体の情勢とともに考えながらゆっくりきちんと書いてみたい。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。