スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生漫画総理(続き)

2008. . 29

 先週ずっと仕事漬けでいたので書けなかったが、また書かずにいられなくなった。前回の続きになってしまうが麻生総理の話。僕はまったく彼を支持しないし、嫌な奴だと思っているが、もっと嫌な連中があらわれたのだ。

 麻生が連日、「高級レストランで食事し、高級ホテルのバーで飲んでいる」から「庶民感覚とかけ離れている」などと、またまた福嶋瑞穂がマスコミとともに騒いだ。僕に付け加えさせてもらえば、いつもながら、このオンナは「」のつく馬鹿だ。いったい「庶民感覚」などで一国の総理をやっていいのか? 前にも書いたが、総理である以上、エリゼ宮やホワイトハウスで、欧米のリーダーたちに見劣りしないだけの立ち居振る舞い、威厳がほしいところだ。それらは一定の緊張感とそれなりのバックグラウンドからしか出てこない。少なくとも「庶民感覚」などではない。だいたい、レストランでなく赤坂あたりの料亭で連日会合をやってきた小沢らや、ノーパンしゃぶしゃぶなるものにうつつをぬかした大蔵官僚や金融マンたちに比べて、ホテルのバーや高級レストランに行く事がそれほど文句を言われなければならないことなのか? まるで戦中の「贅沢は敵だ」である。一字足して「贅沢は素敵だ」と落書きにされたそうだが、そのほうが健康な庶民感覚というものである。

 もしもそんなでたらめな「庶民感覚」をアピールして、マスコミを引き連れて居酒屋で何とかサワーを連日飲んでみせる総理があらわれたら、それこそ気持ちが悪くて仕方ない。

 僕はごく普通のサラリーマンだが、9年ほどインペリアルタワーのオフィスにいたり、銀座に出る事が多かったりしたので、帝国ホテルのバーなどはよく使った。ホテルのバーでスコッチを飲むのと、居酒屋で何か食べながら飲むのと、予算だってそれほど変わる訳ではない。レストランも名前の出た「アピシウス」など、ウェイティングバーからメインダイニングまで本物の趣味の良い油絵のコレクションが(あえて名は言わないが)あって大好きだ。確かに高い店だが僕は身銭を切って何回も行った。サラリーマンの身には響いたが別に後悔はしていない。要するにこれらは完全に趣味嗜好の問題であって他人がとやかくいうことではない。

 

 どんなに贅沢にみえようと個人の趣味嗜好について後ろ指を差されたり、摘発されたりする社会こそ、私たちが絶対に造ってはいけない社会である。そうした志向性を持つ集団もまた絶対に作ってはならないのだ。僕は特別コトを大げさにしているわけではない。福嶋も曲がりなりにも「社会民主主義」などというなら、反ファシズム、反スターリニズムは前提だろう。先にあげた太平洋戦争中の日本も、中国文革も、連赤もみなおなじような心性から発しているではないか。

  

 たぶん、問題はちがうところにある。麻生は連日帰宅が遅く、満足に睡眠を取っていないそうだ。朝、彼が「使いこなす」といっている官僚のレクチュアを満足に聴けないという。あるいは普段漫画しか読まないから理解できないのかもしれない。この辺が彼が意識している祖父吉田茂との大変な差だろう。

 葉巻やスコッチを真似するだけではとても祖父のレベルに追いつけないのだ。たまには早く家に帰って、漫画でなく、まっとうな書物を読みつつ、ゆっくりスコッチと葉巻を楽しんでみたらいいと思う。

  

 

スポンサーサイト

世界恐慌

2008. . 19

 またまた同じような内容を書く。書かずにいられないのだ。

 最近、評論家や経済学者が毎日のように新聞に登場して、この間の金融危機、世界同時株安などに触れたインタビューや文章が載っている。論調はほとんどが「旧ソ連崩壊以降の資本主義の『驕り』乃至は『強欲』・・・」また、「新自由主義」がこのような危機をもたらしたというものである。冗談ではない。わかっていたのなら早く言ってほしい。「新自由主義」の嘘などとっくに素人の私たちでも言っていたではないか。小泉・竹中の居丈高なまさに新自由主義による「構造改革」を煽ってきたのは誰だったか。マスコミはこうした反・新自由主義の議論を封殺してきたのか、それとも、この種の評論家が結果論で主旨を変えたのか、僕にはわからない。だが、もしそうだとしたら、(そのどちらにしてもだ、) 戦前も戦中も戦争に抵抗しないどころか、沈黙乃至は協力してきて、敗戦後になって急に実は戦争に反対だったとばかりに平和だの民主主義だの言い出した、日本の似非インテリの典型である。

 迷惑なのは煽られて生命や生活をおびやかされる大衆である。「貯蓄から投資へ」などとアジられて民営化された郵便局の貯金を投資信託に変えた人は資産を半分近く失ったことだろう。先日どこかの証券会社のアナリストがTVで今は「キャッシュ・イズ・キング」だとか云っていた。まったく!

 

 そんな中で、さすがに眼を引いたものがあった。行天豊雄氏のものである。氏はしっかり云っていた。資本主義、新自由主義の「強欲」にまかせてはいけない。つまり、「市場に任せてはいけない」のだと。

 また、かつて、ジョージ・ソロスとともに世界最強のファンドを率いたジム・ロジャースは、今回のブッシュ政権をこきおろしていた。特に、公的資金を入れて金融機関を救済するのは決定的に誤りであると指摘していた。たかだか数千人の金融村の人間を守るために3億人の人間を犠牲にするのはナンセンスであると。ゾンビーのような破綻すべき会社を生かす事で、生きなければいけない優れた会社を多数破綻に追い込んでしまうことになると。

 金融・マーケットでの本当のバックグラウンドを持っているこうした人たちの発言に謙虚に耳を傾けるべきではないのか。公的資金は、金融業界でなく、たとえばGDPの半分を支える消費に向かうべく、小売や流通、「困っている」現場へ、実態経済の中軸へ注がれるべきではないのか。

 またまたこのような文章を書く次第である。

気になる服装

2008. . 16

 前にも書いたが僕はちょっとした着道楽だ。秋がきて着るものを選ぶのが楽しい。特に、現在は、毎日スーツを着てタイを締める必要がなくなり、カジュアルを十分楽しめる。(スーツも時々着るほうが楽しいね。)

 今日は、ブルネロ・クチネリのセルヴィッジをみせたパンツにクラークスのデザートブーツ、エルボウパッチのついたバーニーズのプルオーバーでご機嫌である。

 僕たち日本人は基本的に貧相だからスーツやジャケットを着ていれば何とかサマになるが、カジュアルになるととたんにだらしなくなる事が多い。僕など、夏の盛りにヴィンテージのジーンズをはいてくつろいだのはいいが、一歩間違えたらホームレスさながらだ。

 

 さて、そのスーツだが、政治家のスーツ姿を見ていると気になる事が多い。麻生は仕立ての良いスーツを着こなしている。が、シャツの襟が上着の襟に届いていないのが気になる。シャツの襟を大きくするか、上着のVゾーンを小さくするかしてほしい。それから、どうしてパンツの裾が必ずシングルなのだろう。ヨーロッパの首脳たちは洞爺湖サミットのときも見たが全員裾には折り返しがついて綺麗に靴にかかっている。まあ、趣味の問題だけれど。

 

 でも、それより何より、あの夏の見苦しい「クールビズ」なるものが終わって、きちんとタイを締めて、やっと人間らしく見えるようになったのは好ましい事ではある。

後期高齢者医療

2008. . 15

 今日、10月15日、後期高齢者医療保険、4回目の年金からの天引きの日である。今日は新たに、今まで遅れていた被扶養者200万人の分も天引きが開始される。

 いったいこれは何なのだろう。75歳になったら、「後期高齢者」としてくくられて、別途の保険に加入させられる。本来無料であっても当然なのに保険料を年金から引かれる。ナチスばりの差別政策である。早く死ねといわんばかりだ。

 

 そもそも医療費が高くなったとしても、高齢者の医療などはそれこそ税金でカバーされて当然である。先にも触れたギャンブルに狂奔した連中にくれてやる金などこういうところにこそ「注入」されるべきではないか。若年層の負担というが、高齢化社会というならば皆いずれ歳はとるのだ。

 

 直ちに廃止、いずれ「後期高齢者」は医療費無料の社会になってしかるべきと思う。

 

 

株価反撥

2008. . 15

 先週、「金融工学なるものの崩壊」として、リーマンブラザーズの破綻から大恐慌の予感について書いた。今でもその考えは変わっていない。ただ、昨日、ヨーロッパの公金投入発表からはじまり、ブッシュが公的資金の『直接注入』を発表をするにいたり、(前回のような「不良資産買取」などという半端なものでなかったので、)各国の株価は反撥したようだ。まだまだ、闇は深いと思うが。

 

 ウォール街には財務長官の似顔絵に落書きが寄せられ、「強欲」だとか「泥棒」だとか書かれている。今回の決定に参加した政治家全員落選させろという市民の声である。なぜ、ギャンブルに狂奔した人間たちを公金で救うのかという素朴な怒りはそう簡単には解けない。

 

 日本では麻生が住専のときの公的資金投入に触れ、日本の経験をブッシュに話したと嬉しそうに語り、野次を飛ばされていたが、確かに別に立派な事でもない。あの時も、税金を投入する事については大衆的な反撥は強いものがあった。

 

 公的資金を入れるについて、米下院議長は「これが最後だ」と言った。「パーティは終わった」のだと。日本の我々は思う。「まだ、パーティやっていたのか?」

 ギャンブルで損をして困っている連中を助けなければ、困るのは彼らでなく、本当に実態経済を支えている「普通の人々」だ、というのが公的資金投入の理屈である。だが、本当にそうだろうか。それこそ「日本の経験」を思い起こすと良いと思う。あれで「助けられた」金融機関はその後納税者である『普通の人々』にどんな仕打ちをしてきたか、金利ゼロで人々の金を巻き上げてきたのではないか。助けられた金で今度はアメリカの破綻した会社のギャンブラーを雇い、今まさに新たなギャンブルに加わろうとまでしているではないか。

 

 繰り返していいたい。公的資金は注入されるべきだ。だが、ギャンブラーたちにではなく、直接、「困る」乃至は「困っている」人々に対して行われるべきなのだ。当然ではないか。

新左翼運動について

2008. . 14

 先日ちょっと触れたが、自分の記憶の範囲での新左翼運動のおさらい。

 

   抵抗運動としての日本の新左翼を概観してみよう。日本にも、「68年」は確かにあり、その評価は別としても、初歩的な武装から爆弾闘争までが繰り広げられることになった。しかも闘う主体は基本的には「マルクス主義」をもって任じていたのである。この源流から簡単におさらいしておこう。
 
 1956年、ハンガリーにおける労働者・学生の決起とそれに対するソ連の戦車による弾圧、他ならぬ労働者の国家・社会主義国家を自認していたソ連が労働者の決起に対して銃撃し、武力でこれを制圧したこの事件は、世界に衝撃を与えた。特に、真剣に社会主義革命を考えていた人間にとっては許しがたい暴挙と認識された。このとき、ソ連共産党の発表のままに、ハンガリー労働者の決起を「反革命」であると決め付け、ソ連の武力弾圧を支持するに至った日本共産党に対して、既に疑問を持ち始めていた部分は公然とこれを批判した。
この評価をめぐっては新左翼といえども実はこの段階ですでにいくつかの潮流に分かれていた。つまり、ハンガリー労働者は労働者評議会を組織し『革命』を闘ったのであり、ソ連のほうがスターリン主義『反革命』であるとする潮流。これが本来の新左翼の典型的なスタンスで、トロツキーらの著作により、ソ連型社会主義がスターリン主義によって変質してしまっているという認識を前提としていた。日本共産党などから「トロツキスト」と呼ばれた所以である。また、変質してしまったとはいえソ連は一応、社会主義革命を成し遂げた労働者国家であり、ハンガリー労働者を弾圧したのは誤りだが、ソ連は「反革命」ではなくあくまで社会主義建設上のいわばトラブル、事件であったとする潮流。こちらは純粋トロツキスト、トロツキー教条主義ともいうべき人々の見解が多くそうであった。彼らはその後も「労働者国家無条件擁護」と主張する。あるいは自称「新左翼」にも、日本共産党と同じくハンガリーの『改革』の方が資本主義を志向して社会主義に逆行する「反革命」であるとしてソ連の弾圧を支持するとしたものもあった。これは新左翼を名乗ってみてもスターリン主義の典型である。この論争とスタンスの違いはずっと尾を引いていくことになる。すでにある『社会主義』国家の評価の違いだからだ。毛沢東主義者を含むスターリン主義者は基本的には現にある労働者国家は『変質』しても、つまり『改善』の必要はあっても「社会主義」を実現しつつある擁護すべき国家群であると考えている。実は「新左翼」の看板を掲げながら、この辺がクリアになっていなくて北朝鮮へ『根拠地』を造りに行ってミイラ取りがミイラになったり、『労働者国家無条件擁護』などと言っていたり、はたまた平気で中国文化大革命を絶賛してみたりした、実質的な旧左翼、暴力革命をとなえるだけで新左翼のように錯覚した部分もかなりいた事が今となっては明らかで、のちのち『新左翼』全体が世の中から相手にされなくなる大きな原因でもあったわけだ。もちろん「反スターリン主義」者は、この変質は、世界革命に敵対するものであって、スターリン主義国家内にあってもさらなる革命が必要であると考え、『反帝国主義・反スターリン主義』を唱える。初期革共同はこの中心となる。だいたい、今になって言えば、ソ連邦の『社会主義』なるものは、マルクスの理想とは程遠く、まったく関係のないものに変質し、労働者を解放するのでなく抑圧する体制であったことが明らかになってしまった。もともと、世界史認識からいって、このような「社会主義国家」も、先進資本主義も、後進国、植民地の収奪なしには不可能なのであって、社会主義革命もマルクスの理想も、国家を廃絶し、世界的にしか構想されるはずもない。「社会主義国家」なるものも資本主義の発達、帝国主義のひとつの現象形態にすぎなかったわけだ。いずれにせよ、この時期、ソ連邦におけるスターリン批判、続くハンガリー革命の衝撃によって、日本国内のマルクス主義潮流の中にはっきりと「反スターリン主義」というスタンスが確立し、新左翼の思想的根拠となったのである。

        1956_Oct_23_Budapest_Bem_demonstration.jpg

   また、このころから、日本共産党に対する公然とした批判が行われ、脱退(中央からすると除名であるそうだが)した東大の学生を中心として共産主義者同盟(ブント)が結成され、60年安保闘争時の全学連主流派を形成することになる。新左翼の政治の表舞台への登場である。此の時の指導者たちが、島成郎、姫岡玲司(青木昌彦)、山口一理(佐伯秀光)、西部邁、清水丈夫、らである。その中で、山口一理による「10月革命と我々の道」(1958.1)、姫岡玲司による「民主主義的言辞による資本主義への忠勤―国家独占資本主義段階における改良主義批判」は、その後ブントの理論的支柱となって影響力を持つ。特に後者は、姫岡「国独資」論とよばれ、日本の帝国主義がその高度に発達した資本主義のバックグラウンドのもとに「自立」しアメリカ帝国主義とともに戦争協力するという分析をしていたわけで、日米安保改定阻止闘争にあって、ブントの日本帝国主義打倒の方針を理論的に支えたのである。ちなみに姫岡(青木昌彦)は後に理論経済学研究の道に入り、現在はノーベル経済学賞候補と云われている。

                                       7fd7b507.jpg

     60年安保改定阻止闘争は、周知のように史上空前の盛り上がりをみせた。中心は全学連主流派、それを指導するブント、取り囲む社共革新勢力に「指導」された市民・労働者労働者という構図である。このとき、この日米安保条約改定をどう捉えるかも日本共産党の反米民族主義からする「民主・独立」というスタンスと、ブントの、姫岡「国独資」論に示された日本資本主義の発達に基づく日本帝国主義の自立、その対等な日米軍事同盟に対決するというスタンスとは大きな隔たりがあった。だが、闘争自体はその「位置づけ」とは別に、日本がまた戦争をする国家へと変わっていくことへの反撥、日中戦争・太平洋戦争のA級戦犯・岸が権力の座にあって、戦後の「平和と民主主義」を破壊しようとしている事への反撥などにより(なにしろまだ戦後15年しかたっていないのだ。安保改定により、アメリカと運命をともにする軍事国家に再編されてゆく事に対する危機意識は現在とは比べ物にならないだろう。)市民・労働者の膨大な決起がもたらされたというべきだろう。安保ブントはいわばそのエネルギーを『左から』支え、かつ学生の尻を叩いて国会突入を含む戦術面での過激化を担ったのだ。もちろん主観的には社会主義革命、自衛隊との対峙、米軍との対峙まで視野に入っていただろう。だが、安保闘争はあくまで、特定の政治課題として、安保条約を廃棄せよとする闘争であり、だからこそ現実味をもって多くの市民・労働者に受け入れられた。また、このとき東大生、樺美智子さんを虐殺され、国会構内集会を闘った全学連は多くの人々に支持された。逆に、国会突入を「跳ね上がり」と非難した日本共産党のほうが非難され、あるいはこの闘いを全体指導しきれず、闘いきれず、スケジュール消化と国会でのなれあい、裏取引で過ごそうとした自称「革新」勢力ももはや労働者市民の憎しみを買うばかりであった。安保ブントは時の政権を文字通り瓦解させ、労働者・市民・学生を10万人規模で街頭に動員したのである。ただし、安保闘争は6月の条約自然承認をもって終結し、ブントはあっけなく解体してしまう。先にあげた指導者たちも精神科医として地域医療に入った島や後に中核派トップになる清水を別にすればほとんど召還して右転向してしまう。良くも悪くも彼らは皆、大学進学率が10%程度の頃の東大生エリートであった。このとき安保闘争を支えた中堅の活動家たちが、「革命の理想」とマルクス主義を捨てずに、安保闘争の総括を巡って様々なスタンスを取りつつも、60年代半ばに新左翼各派の指導層を形成してゆくことになる。日本の新左翼はこうして誕生した。ハンガリー革命の衝撃、60年安保闘争を契機とし、その後の一定の衰退期を経て、60年代後半の昂揚が準備されるのである。
 ブント解体のあと、指導部の一部は革共同に合流することになる。安保闘争が敗北したのは指導したブントが党として駄目だったからであり、反帝国主義・反スターリン主義で日本共産党などに変わる新しい前衛党を作らなければならないとされた。その後、この革共同が第三次分裂で政治局多数派の中核派と学生多数派、革マル派とに分裂し、70年代に血で血を洗う内ゲバ(当事者同士は反革命との戦争であって内ゲバではないという事になった)になっていく。また、この頃、純粋トロツキストの第4インター、社会党が共産党の民青同盟に対抗して創った社青同の中で反レーニン主義(ローザ主義)を任じる解放派、共産党を除名された知識人を中心とした構造改革派、なども現れてくる。ブントも、指導部が解体しても、各大学に残った主力の活動家は運動を継続していて、関西では、関西ブントとして集合し、関東は特に明治、中央の独立ブント系、毛沢東主義を掲げるML系、独自の経済学理論を持ち、経済危機論で世界資本主義の危機をアジったマル戦派など、第2次ブント諸派がこのころ形をなしてきて、いわゆる5流14派といわれる新左翼諸派が出揃うことになる。こうして、慶応、早稲田の学費闘争、日韓闘争、原潜寄港阻止闘争などを経て、ブントとともに解体してしまった全学連の再建が果たされる。中核派、ブント統一派、社青同解放派による3派全学連である。そして、再建されたばかりで迎えた明大学費闘争の責任問題で、全学連委員長がブントの斉藤克彦から中核の秋山勝行に代わる。新左翼の2度目の昂揚のきっかけとなる67年10.8羽田闘争はこの3派全学連によって準備され闘われるのである。この辺までの歴史的事実は評価も含めてだいたい常識のなかであろう。
 
 さて、いよいよ10.8である。すべてはここからはじまった。この日、三派全学連は合計約2,000名の部隊で、ヘルメットとゲバ棒(角材)で武装して羽田へ向かった。ときの佐藤首相は、この南ベトナム訪問と続く訪米によって、ベトナム戦争の支持からさらなる戦争協力へ、「参戦国化」へ大きく踏み出そうとしていたのだから、ベトナム反戦闘争を闘おうとする学生の佐藤南ベトナム訪問阻止・実力闘争の意義は計り知れないものがあった。当日、社学同・解放派の部隊は高速道路で機動隊を追い、穴守橋で警官隊と激突、中核派は弁天橋で警備車両を奪い、阻止線を突破した。60年安保闘争以降はじめて、警備側の阻止線を突破したのである。佐藤は飛び立ってしまったが、なお闘いは続けられ、負傷者200名以上、逮捕者60名、そして、京大生山崎博昭君の虐殺(権力側は学生側が奪って運転した警備車による事故死と発表した)という大きな犠牲を払った。この闘いは世界中で報道され、アメリカの新聞ではトップニュースで扱われ、英BBCでもくりかえし放送された。一方日本のマスコミは、暴徒学生キャンペーンを張り、徹底的に叩く事になった。のちに、一部マスコミがとってつけたように、反戦運動にあるいは全共闘系学生に同情的なようなことをいっても、信用されなかったのはこのときの一方的な決め付けがあったからである。

      10-8-01.jpg    



    この闘いのインパクトは大きく、マスコミの暴力学生非難のキャンペーンにもかかわらず、討論の輪は確実に拡がっていった。このあと新左翼の反戦運動に参加してゆく学生・市民・労働者の数は多く、70年安保闘争にむけて、新左翼の街頭闘争への動員力が増していくことになる。また、10.8には反戦青年委員会の労働者が200名あまり参加したこともあり、その後、とくに69年以後、新左翼各派は実は労働者が主力の組織になってゆく。これも全共闘運動のインパクトのため、よく誤解されているが、新左翼とは学生運動プロパーの話ではない。ともあれ、この10.8からあけて68年1月の佐世保、エンタープライズ入港阻止闘争、3,4月王子野戦病院開設阻止闘争、三里塚空港反対闘争、といわゆる「激動の7ヶ月」の実力闘争が闘われ、デモの先頭にいる部隊のヘルメットにゲバ棒という「スタイル」も定着する。そして68年には新左翼運動のもうひとつのインパクトというべき全国学園闘争が、東大・日大を中心に繰り広げられる。「全共闘運動」である。学生に限っていえば、新左翼はこの3世代、60年安保を闘った世代、67~68の街頭政治闘争を準備し闘った三派世代、そして、基本的には10.8のインパクト、乃至はその後の街頭闘争の影響を受けて決起し、学園闘争を通じて運動に参加したノンセクト(無党派)を含めた全共闘世代である。その次の、70年代に入ってからの運動を支える学生は、基本的に、激動の7ヶ月にはまだ高校生であり、また69年の東大闘争敗北後の各学園キャンパスは、1党派支配のもとで運動が沈静化しているか、「内ゲバ」真っ盛りで、権力とのゲバルトよりも、そちらの方が忙しかった筈である。特に、連合赤軍事件、中核・革マルの凄惨な戦争のなかで、運動の動員力、野次馬、シンパなど取り巻きもすべて激減していて、新左翼は急速に衰退するのである。だから、世代として語れるのはこの3世代であろう。
 それではまず、この10.8の総括、受け止め方は各党派、市民・労働者・学生にとってどのようであったのだろうか。ひとりの死者を出して闘った中核派はその後の激動の7ヶ月をリードしてゆくことになる。日本帝国主義のベトナム戦争加担に対する実力闘争、これを日本帝国主義のアジア侵略の第1歩と考え、「日帝のアジア侵略を内乱へ」といういわばボルシェビキの「戦争を内乱へ」をなぞったスローガンに結び付けてゆく。反戦闘争を反帝国主義闘争に意識化し、革命運動に高めようというわけだ。ブントは後に赤軍派を形成して分派する塩見孝也により「国際主義と組織された暴力」という文書でこの実力闘争を位置付け、この闘い自体もはや単なる反戦闘争でなく反帝闘争であり革命闘争の萌芽であるとした。こうして68年秋、10.21国際反戦デーの方針が決められてゆくのである。中核派はべ平連など他の反戦運動勢力も巻き込みつつ、同年10.8同様の米軍タンクローリー車阻止新宿闘争を主張、ブントは防衛庁攻撃=中央権力闘争を主張し、それぞれ実行する。解放派は戦闘的国会デモから新宿へ合流する。 


     iwadare96jpg1.jpg



    10.21はたぶん新左翼街頭闘争の頂点といってよい盛り上がりをみせ、野次馬をも巻き込んで、夜中まで各所で機動隊との武闘が繰り広げられ、ついに騒乱罪が適用されるに至った。現在から考えれば、世界的にも、反戦運動の盛り上がりの中で可能だった初歩的な「武装闘争」が革命闘争の始まりでない事など明白で、このまま、首相官邸占拠だの、国会議事堂占拠だのと、勢いをつけて叫んでみたところで、革命になどはなるはずがなかった。この時でも、各派の指導者はそのくらいのことはわかっていたと思う。だが関西ブントの一部だけは超主観主義ともいうべき妄想で後の赤軍派にいたるフラクションを形成する。新左翼運動の頂点で、その負の側面、「自然成長する暴力と主観主義」もこのころから運動の前提になってしまう。このタイプの主観主義は実はこれがはじめてではない。60年安保闘争敗北後も、闘争のもっとも厳しい局面では前進を妨げ、後になって急進的なことを言って指導部を批判する勢力はあらわれた。いわく、安保改定を階級決戦として闘わなかったのが敗北の原因だ、(もっと過激に闘えば革命が出来た筈だ!)とする東大本郷のグループ(革通派)がそれである。彼らは姫岡国独資論を経済主義・日和見主義と批判した。こうした口先の「過激派」は闘争の後で必ず現れてくる。革命のプランなど何も無いのに革命情勢であると錯覚し、ただただより過激な戦術を主張するのだ。ただし60年安保後の革通派などと違って、赤軍派は、主観主義をそのまま行動に移した。東京戦争・大阪戦争などの方針のもとに軍事路線をとり、うまくいかず、権力においつめられた果てに、とても新左翼といえないような、反米愛国路線の毛沢東主義者「革命左派」と野合し、連合赤軍の結成にいたる。誰でも知っている悲劇の始まりであり、新左翼運動の決定的な衰退を招いた。さらに言えば、この種の人々はまだまだこれに懲りず、これらの一連の『事件』のあとで、「あさま山荘の銃撃戦は正しかったが、その前のリンチ殺人は間違っていた」などと、同じ部隊、同じ指導者の、同じ思想と路線から出てきたことを別々に分けて批判するといういい加減な総括までやってのけ、無内容・無反省極まりない事をいいつのり、いわば恥の上塗りをやり、ますます世の中から相手にされなくなった。

 b0084701_1343356.jpg


  各党派部隊を先頭にした街頭政治闘争、全共闘運動として全学バリケード封鎖をもって闘われた各大学の学園闘争も、72~3年には衰退してくる。取り囲む野次馬も、真面目なシンパ層も極端に減ってしまうのだ。これにはこの連合赤軍事件などの他にもうひとつ大きな理由がある。いうまでもなく、革マル派を軸にした各派の内ゲバである。70年夏、法大における中核派による革マル派学生のリンチ殺人とそれに対する革マル派による報復。翌71年、関西で革マル派によって中核派の2名の学生が殺されるに至る。以後、殺人を含む、両者の「戦争」はエスカレートし、それに解放派を含む他党派・無党派の活動家もからみ、『内ゲバ』は重傷者、逮捕者、死者まで、権力との闘いのそれよりはるかに増えていくのである。それだけではない。他党派を排除してある党派が大学の自治会などを一元支配すると、憲兵隊宜しくその大学の左翼的活動をパトロールし、芽をつぶしてしまうことまでやるようになっていく。これでは運動が衰退するのは当たり前である。もっともその種の党派にとっては自分の党派以外の運動は左翼的とも革命的ともいえず、下手すると『反革命』だからつぶしても当然だし場合によっては殺人も許されるという理屈になっていたのだろう。従ってこの頃それでも大きな人数の組織をかかえていた3党派(中核派、解放派、革マル派)は組織を軍団化したし、他の党派はせいぜい2桁の部隊を街頭にそれぞれ動員できたにすぎない。もはや社会的影響力など持ちようも無く、各派は団結どころか更なる分裂、解体においこまれていった。さらに最も過激でアナーキーな部分はばらばらに組織された企業爆破闘争にまで走っていった。
 
 以上、56年ハンガリー革命の衝撃から、誕生し、60年代後半の最盛期を経て、72年・連赤事件とそれに続く数知れない内ゲバ事件による壊滅にいたるまで、日本の新左翼運動とは結局わずか20年である。一方で限りなく虚しくみえる。だがそれでも日本の戦後に確固として果した思想的な意味は大きなものがある。それは、つまりここから学ぶべきは、現在も果断なく進んでいるグローバリズム、乃至はアナーキーに剥き出しになった資本主義の暴力に対する抵抗の精神であろう。「ベルリンの壁」崩壊以降、福祉のイデオロギー、見せ掛けの労働者保護の必要のなくなった巨大資本は、あらゆる「規制」を取り外して原始的で暴力的な姿で現出している。まさに国家独占資本主義の時代であり、それへの抵抗は徹底的に個人に依拠し、暴力も含めた「決起」としての対権力の闘いである。「連帯を求めて孤立を恐れない」闘いの思想。これこそが今日に生きるべき新左翼の思想的宝であったろう。逆に思想的退廃は、情勢分析の、3ブロック論とか危機論にみられる超客観主義と主観主義的暴力の無媒介な結びつきからきている。己の側はいつも正義であるとする思い込み、思想を問うのに思想の持ち主を抹殺すれば思想が無くせる、乃至は抹殺されればその思想が間違いであったというような機能主義、官僚主義をそれは生み出してしまった。抵抗運動が「前衛党」などによって組織されえず、労働者・市民・学生諸個人の反戦闘争を軸とした決起であったことを思い起こせば、そのような退廃は防げたのだ。20年の短い歴史をもう一度振り返ってここで原点に戻って考え直したほうが良いと思う次第である。
 何より新左翼諸党派は現存する国家、国家権力、大資本に対する批判と抵抗は理論化できたが、みずからの組織論から、ひいては一般的な権力論、国家論を提起出来なかった。従って、来るべき過渡期社会、プロレタリア独裁、乃至は批判してきた戦後的民主主義、近代主義にかわる民主主義としての社会主義―共産主義の像をも提示できなかった。スターリン主義による国家管理のどこが間違っているかは云えても、どこまで国家所有するのか、しないのか、社会所有とは何か、私的所有はどこまでならOKなのか、現存する政治権力に対置して具体的に示す事も出来なかった。党派ごとにばらばらだっただけではない。当時の文書や各党派の綱領をみても、そこまで議論されていなかったとしか思えない。そのカリカチュアが赤軍派の3週間国会占拠という「臨時革命政府」方針だ。4週目以降どうするつもりだったのか?「建設より破壊」というのは掛け声としてだけなら良いが、政治党派としてそれでは困るのである。無いものをあるように云っていたところが余計始末に負えなかったわけだ。安保ブント以来、何も変わらずむしろ自ら大衆であって「無いものは無い」ことをおおらかに明らかにし、公開論争を提起して闘う度量のほうが大切だった。
 いずれにせよ、新左翼誕生から消滅の約20年より、その後のほうが長く、30年以上経ってしまった。刻み込まれた遺産は大切だが、かつての活動家もいつまでも思い出と自慢話に酔っている場合ではないだろう。世界はますます格差拡大、貧困の増大、戦争の過酷化の時代にむかっているのだ。この間、WTOやサミットのたびに反グローバリズムの運動など、一定の戦闘的運動が世界的に成長してきている。背景の組織もそれほど硬直化しているようには見えないから、期待していいのかもしれない。だが、同時に難を言えば「思想」がみえない。抵抗運動としてだけならそれでよいのかもしれないが、それではかつての新左翼運動の縮小再生産だ。ニヒリズムに陥ることなく、議論の輪が拡がることを願ってやまない。

「身も心も」

2008. . 14

 10年ほど前にみた映画がDVDになったので改めて観た。「団塊の、団塊による、団塊のための・・・・映画」か。「全共闘くずれ」たちの話。かたせ梨乃だけが年上の役をやっている。

 これ、ドラマとしては、散漫でちっとも面白くない。男女が三角関係でなく四角関係になってしまっているので、セックスシーンも含め、緊張感がなく、また4人個々のキャラクターの誰にも、これといった強い魅力もない。つまりドラマ造りの基本をまったく無視して成り立っているわけだ。

 ところが、大変楽しめる映画である。湯布院の美しい風景の中の、個々のシーン、女2人の会話、男女のやりとり、色々なせりふ、雰囲気だけで十分楽しめるのだ。冒頭の音楽も良い。

 ただ、僕たちにはなんと言っても最後のクレジットとともに流れる、ギター一本のインターだろうね。あれでぐっと最後が締まる感じ。

 

 良い映画である。

1968年から40年

2008. . 08

 今日は10月8日、1967年の今日、当時の首相佐藤は、ベトナム戦争への全面協力を期し、南ベトナム訪問に出発した。ベトナム反戦を叫ぶ新左翼各派は当然これに反撥し、三派全学連は佐藤訪べト実力阻止・羽田闘争を組織し、現地に向かった。10.8羽田闘争である。当時高校1年生であった僕たちにとっては「ジュッパチ」ショックとして以後語り継がれる。日本の新左翼が60年安保以後再び登場し注目を集めるそれは契機であったからだ。翌68年はもちろん、1月のエンタープライズ寄港阻止佐世保闘争、王子野戦病院、三里塚空港、そして、東大・日大を頂点とする学園闘争が闘われ、海外でもベトナム反戦を軸に、フランス・パリの5月闘争、アメリカ、メキシコ、西ドイツ、英国など世界中で反戦闘争・学園闘争が闘われる。また、8月にはチェコ・プラハに、ソ連の戦車が入り、高まっていた民主化・自由化の波、市民運動が押しつぶされてしまった。

 

  zek201.jpg

 

 僕は、その後の人生観・世界観にこのとき決定的な影響を受けた。40年たっていまだに68年は忘れられない「時のとき」だ。もっとも当然ながらそういう人は多いようで、2008年の今年、夏にパリにいたら本屋に68年の関係書、写真集の類は前面に平積みだった。

 

 30france-inline1-650.jpg

 

 日本では、この67年の10.8から約10年くらいは新左翼運動は前面にでていた。「多数の」とは最盛期でも云えないが。歴史にしっかり足跡だけは残している。いわゆる凄惨な党派間・内の「内ゲバ」によって、大衆的運動から乖離し、壊滅するまでの、この歴史的おさらいは今度ゆっくり書いてみたい。こちらのほうは整理して書くとしても1956年・ハンガリー革命(この『革命』に各論あるが)から、60年安保、そして三派全学連再建からこの10.8へ、68年・69年の反戦闘争・学園闘争の最盛期を経て、71,2年三里塚、72年連赤、74年連続企業爆破、78年三里塚、最後は80年代後半くらいまでだろうか。30年たらずの歴史だ。一方で限りなく虚しく、だが思想的には確かな足跡を残した。

 

  1144051386977JNK.jpg

  

   たとえば先般、フランスでは、CPE法案に対し、パリを中心に全土で、高校生、大学生、労働者が決起し、デモ(マニフ)とスト(グレーヴ)を含む創意あふれる闘いを展開し勝利した。政敵サルコジと大衆運動の挟み撃ちにあったド・ヴィルパンは法案を撤回せざるを得なかったのである。街頭には「5月の若者たちが帰ってきた」と云われた。「社会正義は秩序に優先する」フランス市民社会の、これは民度というものだろう。

 

 権力の暴力には、「街頭に出て」、乃至はあらゆる創意工夫をもって闘う抵抗の精神は日本にあっても新左翼が突き出した思想的宝である。







マイブーム

2008. . 07

 プロフィールに書いたが、こうみえて僕は着道楽だ。外資系でずっと働いてきてヨーロッパ人のボスによく着ているものをほめられた。中身は典型的な日本人の顔・体型だが、とにかく"very western influenced"であるとの事だった。それはそうだろう。たいした収入でないのは向こうはよく知っている。そのうえで僕の着ているスーツや履いている靴をみるわけだから、もし価格を知っていれば、ちょっとお世辞の一言も、乃至は皮肉の一言もいいたかっただろう。 僕は子供の頃から海外文学、映画などが好きだったから、登場人物の背景、住んでいる家、着ているものなどに強い印象を受けた。だからファッションは結構年季が入っている。トレンドの入り方も、クラシックも両方だ。もっとも男の場合、基本は変わらない。フラノのスーツ、カシミアのニット、ツイードのジャケット、フラノやコーデュロイのパンツ、秋冬の着こなしは特に楽しい。映画に出てくる俳優たちの着こなしも冬場のそれは楽しめる。

 forestiere3.png

 

 

  そんなこんなで、フランスのARNYSは大好きだった。ピカソやコクトーやサルトルが着たという「フォレスティエール」というバンドカラーでドロップショルダーのすごく着心地の良いジャケットを僕も得意になって着た。カシミアの表、裏にキルティングと色違いのカシミアという贅沢なものと、表にコーデュロイを使ったものと2着を今も愛用している。すごく軽い。そして贅沢な気分にさせてくれる。他にも、ARNYSの上着はコート類も、ベルトや襟のついたジャケットなども、みんなどこか、19世紀か戦前のようなクラシックな香りのするデザインで、フランスの近現代史の本が好きな僕は楽しくて仕方ない。

 

 001.jpg

 

 最近、これはコンセプトが素晴らしいと感じて、いくつか着ているのが、イタリアのBrunello Cucinelli のもの。パンツのすそを外側に折り返してはくのだが、そうはけるように、すそに向かう縫い目はセルヴィッジがついて、アクセントになる。ステッチの色も変えてあったりする。なかなか粋だ。カシミアのニット類、ベスト、ジャケット、カジュアルで、上品で、最高の品質である。アウトドアがコンセプトなのだが、ワイルドにならず、色も自然で、とにかく素晴らしい。(ここの服のつくりをみると、つくずく、ヨーロッパの上質な男の服にトレンドは関係ないのがわかる。このブランドはその名をとったBrunello Cucinelli氏によってデザインされ、発表されてまだ10年もたっていない。)

 

 気恥ずかしいが、この秋のマイブームである。

 

麻生漫画総理

2008. . 07

 国会が開かれている。いつも思うのだが、この麻生という人、顔が下品だね。僕たちは小学校の頃、リンカーンが言った名言として教わった。「人間は40歳を過ぎたら自分の顔に責任がある。」と。かなり豊かに育って,お坊ちゃん顔だったと思うのだけれど。現在は、国際舞台に出したら、日本人として恥ずかしいくらいだ。この人を出しているのが日本の市民社会の水準なのだろう。漫画しかよまないのが顔に出てしまっている。僕は日本の漫画は立派なものだと思っているが、それしか読まない人が日本の代表では困る。先般、アメリカ大統領候補・オバマの著書が翻訳されたが、あれだけの、目配り、深さ、内容がこの男にあるか。あの半分の内容でも書けるか。書ける筈がない。

 

 この人は数々の「失言」をしていて、そこに品性が表れている。かつては、野中弘務氏に「あんな部落出身者を総歳にはできないわなあ・・・」といったそうな。また数々の朝鮮人差別言辞は、現在の総理就任にいたって、韓国の人々に警戒心を抱かせているという。小泉元首相には、「横須賀のテキヤのせがれに皇室の事はわからんわなあ・・・」といったとか。どうやらご自分は、ものすごく育ちがいいと思い込んでいるようだ。金があったのは確かだろうが、もともと、かなりの部分は、よその国から無理やり連れてきた人たちを、タダ働きさせて蓄財した金だろうが。他人の「育ち」をとやかくいえたものではない。

 

 対立している小沢もひどい。マニフェストで「政権をとったら」色々いいことをやるといっている。この男は、かつて自民党の中枢にいて、それこそ「政権」にいたのだ。コンチクショーと呼ばれ、金丸・竹下とともに経世会で権力を牛耳り、まさにやりたい放題やった男である。そんなにいいことをしたいのなら、やれるときは沢山あった筈だ。そのときやらなかったことをどうして今頃やるというのか。だいたい消費税は10%がいいだの、参院は世襲がいいだの云っていた男だ。問題はこの男には経世会時代に対して何の反省もないどころか、その党派性をそのままひきずって政治をやっていることだ。だから、この間、自民党政権に嫌気が差し、特に後期高齢者保険や年金問題やで怒りが蓄積し、政権交代を望む声があっても、「小沢の顔を見ただけで嫌になってしまう」人が多いのはそのためだ。

 

 (福嶋瑞穂というオンナもひどいね。このオンナは「男女は平等だから女帝!」とのたもうた。男女平等だったらそもそも人間は平等である。血統で差別するよりひどい差別があるものか。それとも天皇家はくじ引きで決めてたのか?)

  

 (公明党というのと共産党というのは、幹部がみんな同じような顔、同じようなしゃべり方になっていくのが不気味だ。どちらも、徹底的な権威主義と排外主義。)

 

 みんな顔に出ているね。いずれも、ホワイトハウスやエリゼ宮に行ってもらうのは恥ずかしい。困った事である。

 

  

金融工学なるものの崩壊

2008. . 04

 リーマンブラザーズが倒産した。アメリカ政府は一度は公的資金を投入する決定をしつつも、いったんは下院で否決された。内容を変えてそれでも上限7,000億ドルの不良債権買取を含む救済法案を通した。まだ、株価は下がり続けている。こんなものではどうしようもないのだろう。僕は経済学など素人だがそれでもわかる。だいたいその不良債権の価格、それこそ「時価」などを誰がどうやって決めるのか。また、高くても、安くてもいいことはないではないか。

  

 ウォール街では、公的資金導入反対のデモが起こった。当然だろう。どうしてバブリーなマネーゲームに狂奔し私腹を肥やしていた連中を税金で助けるのか。彼らが金儲けしているとき、儲けは還元されるどころか、税金は優遇措置まで受けていたのだ。困ったら税金で助けてくれではみな納得しないだろう。公的資金で助けるべきなのは「彼ら」ではなく、無理なローンを騙されて組まされ、ホームレスになったひとや、不況で失業しているひとや、学費が払えず、教育を受けられなくなった子供たちである。

  

 「サブプライムローン」という言葉を、僕は昨年話題になってからはじめて知った。だが、問題を知って、これは大変な事になると思った。どこの国でも、中産階級にとって住宅は人生の根本的な問題だ。それをおびやかされたらどうなるか。だから本来、住宅ローンだけは無理をしても、何とか返済する。(だからこそ金融業者は優良な債権として証券化して売ってきたと聞いた。)どうしても払えないとなったら売って住み替える。ところが価格が、もともと騙されていたから、下がり過ぎて、売っても二束三文だ。かくして、追い詰められ、借金を背負ってホームレスにまでなり、キャンピングカーに暮らす人々まで続出した。学齢期の若者には軍隊からドラフトの手がのびているそうだ。ひどいことになったものだ。だから、昨年から僕はさかしらげにサブプライムローンの問題を軽く解説する人にも、日本への影響の少なさについて語る人にも違和感を感じてきた。もっと大変な事になる。世界史的な、1929年以来の大恐慌になると思っていたのだ。

  

  200px-Crowd_outside_nyse.jpg

 

 

   この秋、ついに大恐慌がやってきた。その名やマークになじんできたメリル・リンチやリーマンブラザーズがつぶれたのだから大きな事だ。(どちらにも知人が昔転職した。)アメリカの5つの大きな証券会社がなくなるまでになったわけだ。

  

 僕は金融系は縁がなかったが、外資系の会社で20年以上働いてきた。こちら側から考えてみれば今起こっていることに難しい経済学者の解説なんかいらない。つまり、会社に勤めて、マネーゲームというギャンブルをやることを考えてみればいいわけだ。会社の金でだ。しかも、「レバレッジ」を使って膨らませて、巨額の資金でギャンブルをやる。勝てば、巨額の成功報酬。固定給(サラリー)もいいほうだ。負けたら、あるいは負け続けて、会社に巨大な損失を与えたら、返済する必要はない。せいぜいクビになるだけだ。うまくいけば、他の会社でまた同じように遊べる。失業しても、はしっこければ、稼いでいるうちに個人資金を貯めて運用だけでやっていけるかもしれないのだ。つまり個人はこれでいいのだ。ところが、会社のほうは損失は積み重なっていく。個人は社長だって払ってくれるはずがない。ある日、投げ出してしまう。A社が投げ出せば、その支払いを当てにしていたB社、C社が次々に倒れる。純然たる、そして原始的なパニックである。疑心暗鬼になって金のある会社も出さなくなる。恐慌は心理的要因によるといわれる所以だ。

  

 こんな大不況に陥ったのも、もちろんマネーゲームに狂奔したからだ。そして日本にも、「貯蓄から投資へ」などといってこれを煽り、さらに、こんなアメリカにジャブジャブと金をつぎ込む事を薦め続けた人々がいる。竹中平蔵とその一党である。このアメリカのパニックを前にして今現在、彼らはちょっとおとなしくならざるを得ないようだ。しかし、この夏、竹中はBSでお笑い芸人相手に、郵貯・簡保の300兆の金をSWFに見立てて、アメリカに投資するべきだといっていた。ひどい奴だ。昔はやった言葉で言うと「人間じゃねええ・・・」といったところか。

  

 

 もう眼を覚まそうぜ。「金融工学」なんて子供だましだ。金で金をもうけた奴にはしっかり課税しようぜ。優遇するのは逆だ。

  

 日本の大銀行は、公的資金を入れて、その後金利0で優遇してもらい、不良債権処理を終えたなどと偉そうにして、今度はかつてそうやって国民から巻き上げた資金を、今度はこのアメリカの金融業界に出資しようとしている。とんでもない。「盗人猛々しい」という言葉はこういうことに対して使うのだ。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。